本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

独立したばかりの士業の現実 【独立を考えている士業が、「今」行っておくべきこと(2)】

退職した瞬間から、通帳残高は減っていきます。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
「独立を考えている士業が今、行っておくべきこと」の2回目です。

独立したての士業の方は、最初は売上がほとんどありません
しばらくは、貯金や借入で食いつなげなければならないようになっています。
通帳の残高がどんどん減っていくという現実があります。

私も経験ありますが、毎月、通帳残高が減っていくのをみるのは、かなりのストレスになります。
その結果、できるだけ経費をかけないようにかけないようにと考え、投資をすることに消極的になります。
そうなると、負のスパイラルに入り込んでしまい、より、顧客獲得が難しくなってきます。

独立してから開業までの間も、生活費は絶対に必要なのです。
退職してから開業するまでの準備期間も計算に入れて、資金計画を考えていればいいのですが、
往々にして、見込み通りにならず、開業しても仕事が思うように入ってこないということは、
よくある話です。

独立した瞬間に行うべきことは、
顧客を獲得するための活動
です。

よく、「開業準備期間中にホームページやチラシ・名刺などのツールを作成する」という方が
いらっしゃいますが、そういったツールが完成していないと、顧客を獲得するための活動が
満足にできません

独立してから、そういった準備をしていては遅いのです。

独立する前に行っておくべきことを列挙します。

1.強みを決める(以前、説明しました)
2.人と会う(独立後の見込み客確保のため)
3.ブログ・メルマガを始める(情報発信をし、自分の「強み」を知ってもらうため)
4.ツール(HP・名刺・チラシ)を準備しておく
5.資金調達の段取り
6.事業計画書の作成

これだけのことは、勤務している間にも仕事と並行してできることです。
勤務している間は、給料が出ます。
給料が出ている間にすべての準備をしておくことができれば、退職してから、
スタートダッシュを切ることができるのです。

だから、独立前に、「強み」を身につけるための知識やノウハウを学ぶための講座やセミナーは、
受講しておくべき
ですし、ホームページやチラシの業者を選定し、打合せをしておくということは
しておかなければなりません。

準備万端で独立しようと思えば、少なくとも半年の時間はかかります。
逆に言えば、独立しようと考えた際は、6ヶ月の時間をかけて、上記6項目の準備をするべきなのです。

退職してから準備をはじめるのでなく、勤務中に準備をし、退職した瞬間、顧客獲得活動に専念する。
それをするだけで、独立の成功率を格段に高めることができるのです。

もし、あなたが、将来を考えているのであれば、
「独立のタイミングをいつにすべきか」
「今、何を準備しておくべきか」
ということを、知っておく必要があります。

しかし、そういったことは、独立した経験のない身では、なかなかどうすればいいかわかりません。

「融資に強いFP・士業になる方法」セミナーには、希望者に対して、
50分の「個別相談」がついています。
あなたが独立のための相談ができる機会を提供していますので、遠慮無く、ご相談ください。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【独立を考えている士業が、「今」しておくべきこと】シリーズ 好評連載中
●(7)撤退基準を決めておく
●(6)異業種交流会は役に立たないか?
●(5)ネットで顧客を獲得できるというのは幻想?
●(4)独立前にあらかじめやっておけばよかったと思うこと
●(3)新規客を獲得したい士業が身につけておくべき知識
●(2)独立したばかりの士業の現実
●(1)独立を考えている士業が、「今」行っておくべきこと

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る