谷田部智子行政書士インタビュー【5】「補助金と融資、業務の違いは何ですか?」

栃木県・下野(しもつけ)市と、東京・銀座でご活躍の行政書士・谷田部智子さん。 
栃木県ではおもに行政書士として、東京では経営コンサルタントとして活動しておられます。

谷田部さんの事業のメインは補助金申請および採択後のフォロー・請求ですが、
2018年、融資サポートを学ぼうとネクストフェイズのセミナーや講座を受講。
一般社団法人融資コンサルタント協会SP融資コンサルタント認定後、
見事にはじめての融資案件を成功に導きました。
現在も補助金業務と平行して、新しい融資案件に取り組んでおられます。

融資実行の経験を通して、
ひとりの仕事人として自信をもてるようになったとおっしゃる谷田部さんに、
行政書士が取り組む融資サポートのリアル、補助金申請との違いなど、
詳しくお尋ねしてきました。

いつものように5回連載でお届けします。聞き手はネクストフェイズ編集部ですが、
取材に同席していたネクストフェイズ代表・東川もときどき発言しています。

●谷田部智子さんプロフィールはこちら

谷田部智子政書士インタビュー(全5回)
「補助金と融資、業務の違いは何ですか?」
【もくじ】
1/なぜ行政書士が融資サポートを?
2/日本政策金融公庫との面談
3/補助金申請と融資申請の違い
4/補助金申請サポートから顧問先化
5/たとえ国の補助金がなくなっても

第5回  たとえ国の補助金がなくなっても

谷田部  資金調達は会社経営の血液やエネルギー、将来への投資です。今回お手伝いさせていただいた中小企業経営力強化資金のように、中小企業さまが新しい事業展開に向けたチャレンジをするときに、力強く資金調達でサポートできると、会社経営や社長さんのモチベーションを応援することになり、大きなやりがいとなると考えます。

 
―――  では谷田部さんの今後の目標、展望は。

谷田部  私が独立したのは、チャレンジする中小企業さまを応援したいという志からです。これからも面白い独創的な技術やアイディアを持つ中小企業さまとお会いさせていただき、融資や補助金サポートで会社の発展を応援したいです。

 

―――  県庁職員時代にそういった、ものづくり企業さんと多くおつきあいもしてこられましたし。

 

谷田部  はい、それに、ワクワクするんです。こんなに面白い会社があったんだなっていう発見が、毎回。

 

東 川  もし、ものづくり補助金がなくなったら?

 

谷田部  東京都の革新的サービスとか、設備投資の補助金などもあります。あと、地元の栃木にも食品産業さんを応援する仕組みなどもあるので、いろんな補助金を活用していただけるように自分自身もチャレンジしていこうと思います。

 
●東京都革新的サービス

東 川  なるほど、国の補助金がなくなったとしても、地方自治体の補助金で…ということやね。自治体の補助金のサポートする人ってあんまりいないかもしれへんね。

 

谷田部  補助金サポートといえば、ものづくり補助金と小規模事業者持続化補助金を耳にすることが多いです。でもたとえば東京都は、テーマごとに中小企業へのサポートがたくさんあるんですよ。

 


●谷田部さんの名刺裏面には、「補助金」だけでなく、「国」「自治体」などの文字。
幅広いご経験がうかがえて、「相談したら突破口が開けるかも」という頼もしさが感じられます

谷田部  補助金もそうですが、やっぱり融資にも注力したいですね。補助金がなくなったら、という想定をしているわけではありませんが、融資についても会社さまのニーズに合わせて対応できるようになりたいです。

 

東 川  補助金を入り口として、融資のお手伝いをさせていただくとかね。補助金が出るまでに「つなぎ融資」をご利用いただくケースもありうるし、「そのために新しい金融機関を開拓しませんか」というご提案もできます。

 

谷田部  そのとおりですね。

 

東 川  たとえばものづくり補助金に採択された企業って、金融機関からの評価も高いんです。有効活用せんともったいないですよ。「もの補助取った企業です」と言えば、たとえ新しい金融機関でも融資を前向きに考えてくれやすいんです。融資されたら企業はうれしい、融資する金融機関もうれしい、谷田部さんも新しい金融機関と懇意になれる…。

 

谷田部  いいこと尽くしですよね。まさに三方よし。

 

融資の実現にこだわる行政書士

 
―――  谷田部さんが考える、「こうなりたいなあ」と思う融資コンサルタント像とは。

谷田部  会社の夢、やりたいことを形にする、結果にこだわる融資コンサルタントです。困難に直面しても諦めずに、次の一手を社長さんと一緒に考えられる融資コンサルタントになりたいと思います。

 

―――  「社長さんと一緒に」というコミットが谷田部さんらしいです。「結果にこだわる融資コンサルタント」とは、つまり「融資を実現させること」に…。

 

谷田部  こだわります。←きっぱり

 

―――  融資サポートは、補助金と比べると提出資料はより緻密で、金融機関との面談もあります。それでも融資の勉強を、もし他の士業やコンサルタントにおすすめするとしたら。

 

谷田部  会社の発展を応援したいという情熱をお持ちの方ですね。

 
―――  情熱。
 

谷田部  はい、中小企業を応援したいという情熱がある方。やっぱり社長さんのいちばんの悩みって、資金繰りなんです。そのいちばんの悩みに答えられる仕事は、すばらしいと思います。気持ちがあれば、自分から知識をつけてスキルを上げていこうと思えますしね。あとは、会社経営にご興味がある方にもおすすめします。

 
―――  会社経営に興味のある士業やコンサルタント。
 

谷田部  企業の夢やビジョンを実現するための大きな後押しができるのが、融資です。先にもお話ししましたが、ビジョンには資金という血液なりエネルギーが必要ですから、会社経営にある程度興味のある方には、融資の勉強をおすすめします。

 

東 川  補助金+融資ができる谷田部さんは、中小企業にとって頼れる行政書士やと思う。

 

谷田部  いえいえ、東川さんに本当にお世話になりっぱなしで…。日ごろのメールマガジンから個々の案件アドバイスまで、本当に感謝しております。

 
東 川  ……。
 
―――  なんでここで黙るんですか。褒められると急に黙りますね。
 
東 川  僕、褒められると黙るタイプやねん(笑)。

(おわります)

 


●謙虚で、ていねいな言葉のなかに、ものづくり企業を応援したいという熱がこもる、
頼もしい融資コンサルタント。
融資サポートのリアルをたくさんお聞かせくださって、ありがとうございました!

谷田部さんの融資サポート-第5回

 
今回の融資サポート概要をまとめました。

顧客業種 研究開発企業
希望融資額 2000万円
金融機関/融資制度 日本政策金融公庫/中小企業経営力強化資金
着手から結果までの期間 3ヶ月
経営者との面談 5回
お預かりした資料 決算書、会社概要、代表者経歴、半期分の経理書類、技術ノウハウ、特許取得情報

実際の提出書類、添付資料

事業計画書(3枚)、融資相談依頼書兼経営計画書、資金繰り表、損益計画書、試算表

第1回面談(融資課長)

約1時間。「売れる根拠」「契約書」「競合との差別化」「市場で自社商品が選ばれる理由(売れる理由)」などが求められ、次回までに詳細な資料を作成

第2回面談(審査担当者)

約1時間。どちらかといえば内部の稟議を通すための面談

報酬

着手金15万円(税別)、成功報酬は融資額の5%(着手金を含む)


 
谷田部智子政書士インタビュー(全5回)
「補助金と融資、業務の違いは何ですか?」
【もくじ】
1/なぜ行政書士が融資サポートを?
2/日本政策金融公庫との面談
3/補助金申請と融資申請の違い
4/補助金申請サポートから顧問先化
5/たとえ国の補助金がなくなっても


 

 
 
 

関連記事

【超速報】令和2年に「ものづくり補助金」は募集されるみたいです

「小規模事業者持続化補助金」や「IT導入補助金」も募集巣され...

金融検査マニュアルの廃止は、士業にとってのビジネスチャンス

金融検査マニュアルは12月で廃止となります こんにちは...