融資を断られる原因は、会社にないこともある

融資を断られたからといって、諦めるのはまだ早い。
 
こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
半年ほど前、知り合いの税理士から、顧問先の中小企業の融資に関する相談をいただきました。
取引金融機関が1つしかない会社で、
融資を依頼したのだけれど、色よい返事がもらえないため、何とかならないか
という内容でした。

最初に、決算書を拝見させていただいたのですが、決算書を見ても、特に融資を断られるような
内容ではありません。
それどころか、私が担当者なら、積極的に融資をしたいと思えるような決算書でした。

なぜ、色よい返事をもらえなかったのかと言うと・・・

融資を断られる原因が会社にないこともある

色よい返事をもらえなかった原因は、会社にあったわけではありませんでした。
よくよく話を聞いてみると、どうも原因は担当者ではないかと思ったのです。
担当者の善し悪しで、融資をしてもらえる可能性は大きく変わります。
責任感の乏しい担当者や、能力の低い担当者に当たった場合、資金調達に支障を来す場合もあります。

責任感に乏しい担当者は、融資依頼をされても面倒くさがって、何かと理由をつけて、
融資を断ろうとします。
能力の低い担当者は、上司や本部の審査担当者が納得できるような稟議書が書けないため、
融資が通りません。

「そんなことあり得るのか?」
と思われるかもしれませんが、こんなこと、よくある話なのです。
だから、多くの経営者が
前の担当者のときは、すごく借りやすかったのに、新しい担当者になってから、
とても借りにくくなった

という経験をされているのです。
 

色よい返事をもらえなかった真相

担当者について詳しく話を聞いてみると、この会社の担当者は、かなりルーズで責任感に乏しい
担当者のようでした。
1ヶ月近く前に融資の依頼をしたにもかかわらず、その内容について詳しく聞くこともなく、
「前に依頼した融資はどうなっているのか?」
と尋ねても、適当な言い訳ばかりしていたそうです。
それを聞いて、
多分、担当者は、稟議書をつくっていないな
という確信を持ちました。
   

事態を打開するための2つの質問

そこで経営者の方に、
「今、取引されている金融機関以外に、懇意にされている金融機関はありますか?」
「取引金融機関に、担当者以外に懇意にしている方はいらっしゃいますか?」

という2つの質問をしました。

他に懇意にしている金融機関があれば、決算書の内容からいっても、
融資に前向きに取り組んでくれると思ったので、そう尋ねたのですが、
残念ながら答えは「No」でした。

もう一つの質問に対しても、
担当者以外に懇意にしている方はいない
ということでした。

窓口が担当者のみになってしまうと、その担当者が嘘を言ったとしても、確認する方法はありません。
だから、担当者が、
「この融資は難しい」
となると、経営者はそれを信じるしかないのです。
 

支店の貸付の責任者との交渉

担当者を相手にしても埒が明かないことが判明しましたので、経営者に対して
支店を訪問し、貸付の責任者(貸付担当役席)と交渉しましょう
と提案をし、簡単な資料を作って、貸付担当役席宛てに訪問しました。

1ヶ月前に担当者の○○さんに融資の依頼をしたのですが、なかなか返事がいただけません。
ダメならダメで結構なのですが、ダメな理由を教えてもらえないと、次の手が打てません。
なぜ、こんなに時間がかかっているのか、教えてもらえませんでしょうか?

と、持参した資料と決算書を見せながら尋ねたのです。

貸付担当役席の様子を観察していると、明らかに
初めて聞いた話
という反応をしていました。

だからといって、
「そのような話は担当者から聞いていません」
と、金融機関側から言えないので、その貸付担当役席は、
「長いことお待たせして誠に申し訳ございません。
確認して、早急にお答えさせていただきます」
と言われました。
 

融資が通った

その日は、とりあえず、それだけで帰ったのですが、翌日、交渉した貸付担当役席から経営者に
依頼いただきました融資がOKになりました
すぐ、実行させていただきますので、必要書類をご用意いただけますでしょうか」
という連絡がありました。

後に、仲良くなったその貸付担当役席に話を聞いてみると、
やはり、担当者が案件を握りつぶしていたらしく、その晩、こっぴどく叱った上で、
突貫工事で稟議書を作成し、翌日、認可をとったということでした。

このように、会社に問題がなくても、担当者が原因で融資が通らないケースは、
実は少なくありません。
金融機関に融資を断られた場合は、その原因を、担当者ではなく、貸付担当役席から直接聞かれる
ことをお勧めします。


 
融資を断られたからといって、それだけであきらめてはいけません。
財務内容がめちゃくちゃ悪い場合は無理ですが、多少の債務超過や赤字決算ぐらいなら、
断られた融資を復活させる方法はあります

 
そのために行っておくべきことは2つ。
 
そんな、断られた融資を復活させるための方法についてのヒントが手に入ります。
 
 
●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 11月22日(金)、23日(土)、12月5日(木)、6日(金)、7日(土)、25日(水)
   
(大阪) 11月20日(水)、27日(水)、12月2日(月)、3日(火)、4日(水)、23日(月)
 
※12月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください 

関連記事

景気が悪くなったときでも、融資をしてもらうようにするには

今だからこそ、中小企業経営者に伝えておくべきこと。 こんに...

不動産融資をしてもらえる金融機関を見つける方法

今、地方銀行によるアパートなど投資用不動産向けの融資が拡大し...