横山幸一行政書士インタビュー【5】資金調達に強い、そのヒミツって?

大阪府・堺市で開業している行政書士・横山幸一さん(55歳)。

学習塾講師からの転身ということで、まずめざしたのは学習塾の資金繰りサポートでした。
それが融資コンサルタント協会認定SP融資コンサルタントを取得してからというもの、
人脈ゼロで(!) 信用金庫の支店長に会いに行って開拓し、セミナーを企画、開催。
資金調達のサポート力が、めきめきアップしていったのだそうです。

まったく自信のないところから、
「6カ月で資金調達力を強化させることができます」と、
プロフィールに書けるようになるまでの道のりは…?

聞き手は、ネクストフェイズの取材を初めて担当する、ライターの久保田説子です。
5回連載でお届けします。

横山幸一さんプロフィールはこちら

横山幸一行政書士インタビュー <全5回>
「資金調達に強い、そのヒミツって?」

【もくじ】
第1回 黒字倒産、なんとかしたい
第2回 信用金庫の支店長に、猛アタック
第3回 にっこり融資の秘訣は、魔法の事業計画書
第4回 ホームページやブログは、プロに相談が大正解
第5回 自主セミナーの集客テクニック
*****************************************************************************

【第5回】自主セミナーの集客テクニック

横山 メルマガによるセミナー集客、やってますよ。ホームページに来てもらってメルマガ登録読者を増やし、セミナー参加を促すという作戦です。

―― メルマガによるセミナー集客、ぜひ教えてください!

横山 セミナー開催にリアクションがあるのは、「創業融資があるのは知っているけれど、事業計画書をつくったことはなく、金融機関とどう話すのか知りたい」と思っている社長さん、ですね。

―― テーマはやっぱり…。

横山 はい、いくつかありますが、資金繰りの悩み相談、事業計画書のつくり方などがメインです。あとは会社設立時の創業融資の重要性について。

―― 自己資金を持っているので創業融資は要らないという社長さんへのアドバイス?

横山 そうですね。借りる予定があれば、どれだけ貸してくれるか。いま付き合っている銀行がその企業と合っているのか。これから選ぶなら、どんな金融機関と付き合えばいいのか、それはなぜなのか、など。

―― 開催はどこで?

横山 主に自宅兼事務所で。1回の参加人数は5人が目標ですが、1人とか2人ということもありますね。最近は近くのターミナル駅の会議室を借りることもあります。

―― 時間のない方が多いですから。

横山 そうなんです。だから今、プレセミナーも企画中です。

―― プレセミナー?

横山 メルマガ登録後すぐにセミナー参加というわけではなく、Web会議システムやチャットワークなどを使って個別にオンラインで相談できるという。

―― あ、それ、いいですね。

横山 仕事の前後に90分だけ…とか。

―― 移動時間ゼロで相談できるのなら、申し込みやすい。

横山 この秋からはホームページからメルマガ登録、そこからセミナー参加と個別オンライン相談会に分かれるといった感じでしょうか。


●ホームページを検索する方、セミナーに参加する方、依頼する方の気持ちになって、常に工夫を忘れない横山さん。
とくに「創業融資は要らない、借金したくない」という社長さんには、その必要性や後々のメリットについて熱心に説明

ランディングページづくりはプラモデル感覚で

横山 個別オンライン相談については、ランディングページでアピールしようと思って。つくり方、現在勉強中なんです。

―― 自分で?

横山 自分でつくってます。動画を組み込んでおこうと思って。

―― 動画ですか!

横山 私のしゃべり方を見ていただくと、お会いする前から知り合いみたいになれるかなと。安心していただける効果がありそうなので。

―― きっと申し込み、しやすくなりますね。それって、やっぱり有料のソフト買って?

横山 フリーソフトで写真を加工したり、動画を入れたり。こうしたソフト類を使うのは初めてなんです。1回やってみれば理解できるんですが、最初は時間かかりますね。でもここは、仕事というよりプラモデル感覚で。

―― プラモデル感覚って!


●横山さんのオフィススペース。「プラモデル感覚で」楽しみながら、
この秋に始める個別オンライン相談会のランディングページを自作しているのだそう

師匠やメンターを持つことで、心に余裕を

―― 先ほども話が出ましたが、廃業が多かったり営業が難しかったりする行政書士さんにとって、元気が出るようなメッセージを最後にお願いします。

横山 士業にも、新しいことに挑戦する力がいります。ヘコむ。自信ない。コレやってよかったの? …以前は私もそうでした。でも、大切なのは失敗を重ねることですよ。日々、仮説と検証を繰り返し、目標を持って進んでいってください。

―― 試行錯誤ですね。

横山 うまくいっている人は行政書士というより、むしろ経営コンサルタントの感覚に近いのではと思います。

―― 経営コンサルタント!

横山 それと師匠やメンターを持つことで、心に余裕ができると思いますよ。

―― 横山師匠、ありがとうございます!

(おわります)


●ハンチングがお似合いの横山さん。「永ちゃん(矢沢永吉さん…!)が好きなので」とのこと。
真剣な表情はとっても頼もしく、人懐こい笑顔には安心感たっぷりです。ありがとうございました!

*****************************************************************************
横山幸一行政書士インタビュー <全5回>
「資金調達に強い、そのヒミツって?」

【もくじ】
第1回 黒字倒産、なんとかしたい
第2回 信用金庫の支店長に、猛アタック
第3回 にっこり融資の秘訣は、魔法の事業計画書
第4回 ホームページやブログは、プロに相談が大正解
第5回 自主セミナーの集客テクニック
*****************************************************************************

●取材 久保田説子 株式会社これから
●協力 一般社団法人融資コンサルタント協会

関連記事

質問「日本政策金融公庫から創業融資を受けた際の着金先は、どのように選べばいいでしょうか?」

ネクストフェイズが運営する融資コンサルタント協会では、会員か...

売れるようになるための三要件

「赤いサイロ」って、知っています? こんにちは。株式会...