銀行融資に頼らない資金調達手法、いくつご存じですか?

金融機関に融資を断られたとしても、資金調達する方法は、まだあります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
中小企業が資金調達を行う際、一番よく利用する方法は「融資」ですね。
しかし、融資を受ける上においては、

1.時間がかかること
2.担当者の質や熱意に結果が左右されること
3.財務内容に問題がある場合、借りづらい

といった課題があります。

こういった課題を抱える企業は、融資による資金調達が難しくなります。
そんなとき士業や専門家が、金融機関からの融資に頼らない資金調達の方法をお知らせできたら…。
その企業を窮地から救うことができますよね。

その方法が
「銀行融資に頼らない資金調達手法」
なのです。

今やAIやインターネットの発達により、
金融機関以外からの資金調達方法がどんどん増えているのはご存じのとおりです。
なかには申込みから資金調達に至るスピードが、とても早いものも少なくありません

実はこれらの新しい手法について、多くの士業やコンサルタントは詳しくありません。

つまり、「銀行融資に頼らない資金調達手法」を知れば、
資金繰りに悩むお客さまに喜ばれるだけでなく、
他の士業・コンサルタントと大きな差別化が図れるのです。

中小企業をサポートする専門家に、
是非、知っておいてもらいたい「銀行融資に頼らない資金調達」は、5つ。

1.データレンディング – 融資実行までがスピーディ
2.クラウドファンディング – 新規事業にぴったり
3.契約者貸付制度 – 信用情報に載らなくて済む
4.ファクタリング – 決算書に影響しない
5.少人数私募債 – 金融機関に断られたら一考の価値あり

 

先日、これら「銀行融資に頼らない資金調達」についてのセミナーを、
毎月行っている「一般社団法人融資コンサルタント協会 実践研究会」で行いました。

受講いただいた会員様から、

この知識は、できるだけ多くの専門家に知らせるべき知識である

との言葉を多数いただきましたので、そのセミナー動画を、
一般社団法人融資コンサルタント協会の会員以外の方々にも、有料で公開させていただくことにしました。

この動画を視聴いただき、融資を受けることができずに悩んでいたり、
困っていたりする企業に対して、伝えてあげてください。

きっと、多くの感謝をもらえるようになれると思いますよ。
 

●講師
融資コンサルタント協会 代表理事 東川 仁

●時間
全約80分

●内容
1.金融機関以外からでも資金調達の手段はある
2.データレンディング – 融資実行までがスピーディ
3.クラウドファンディング – 新規事業にぴったり
4.契約者貸付制度 – 信用情報に載らなくて済む
5.ファクタリング – 決算書に影響しない
6.少人数私募債 – 金融機関に断られたら一考の価値あり

●添付資料
1.銀行融資に頼らない資金調達方法 セミナー受講用ノート(Word)
2.銀行融資に頼らない資金調達方法 スライド資料(PDF)

●価格
10,800円(税込)
  

関連記事

保険営業が「法人顧客を獲得」するための営業のコツ

【保険営業】に限らず、士業やコンサルタント全般にわたって共通...

融資に強い士業・コンサルタントになるメリット(1)

【融資に強いFP・士業になる方法セミナー】  3/15~2...