本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

五十嵐和也×東川仁対談【5】 成功士業は、何が違いますか?

士業、コンサルタントをはじめ、数々の先生業のみなさんをサポートしている、
あの志師塾の、あの五十嵐和也塾長が、いよいよご登場!
このたび、東京都新宿区のオフィスにてネクストフェイズの東川を迎えてくださり、
めでたく対談とあいなりました。
弊社ブ士塾の塾生に向けた動画も同時撮影しましたが、
その一部をコンパクト化&再構成して、5回連載でお送りします。
対談というより、東川が五十嵐さんのお話をお聞きする、というカタチなので、
「こうすればいいのか!」という具体策がいっぱいですよ。

五十嵐和也さんプロフィールはこちら

【もくじ】
第1回 士業あるある!3大問題
第2回 【士業の自信】あなたにも必ずある、「選ばれる理由」
第3回 【士業の営業】おさえるべきは、たった2つのポイント
第4回 【士業の誇り】「下請けでいいや」と妥協していませんか
第5回 【士業の今後】今のうちに着手したい、2つの集客術
*****************************************************************************

第5回 【士業の今後】今のうちに着手したい、2つの集客術

東川        で、最後にですね、これから来年にかけて、「ココに注力するとお客さんが集まりやすくなる」というネタありますか、士業さんにとって。

五十嵐     これも、秘密なんですけどね(笑)。

東川        ここだけの話にしときますんで(笑)。

五十嵐     顧客獲得や集客といった話の流れでいいますと、集客のために士業事務所として簡単に活用できるのが、動画です。

東川        動画。

五十嵐     いろいろなところですでに言われているかもしれませんが、やはり、動画は実際に、威力がとても強いので。

東川        とても強いですか。

五十嵐     はい。これもある会計事務所の話なんですけど、それまでHPを普通に作ってサポートさせていただいたんです。が、去年、トップページに1分間の自己紹介動画を入れたんですよ。「私はこういう人ですよ」というかたちですね。すると、その動画を見ただけで、この先生にお願いしようという方がどっと増えたんですよ。これ、びっくりしました。

東川        そうはいうても士業さんって、たった1分間の自己紹介でも、ガチガチの話になってしまいがちじゃないですか。そんなんでもエエんですか。

五十嵐     ないよりは、あったほうがいいですね。

東川        ないよりは。

五十嵐     はい、もちろん喋る内容とか順番とか当然ありますけども。私もいろいろやってわかったのが、「選ばれる理由」は大きく2つに大別されてですね、1つは専門性、もう1つは人間性です。動画の場合は、その人間性が一番伝わりやすいですね。

東川        喋り方とか、表情とか。

五十嵐     そうですね。動画でしたら、今はスマートフォンでの撮影やYouTubeへのアップも簡単なので、皆さんもスムーズにできると思います。もちろん動画をしっかり作り込むとか、喋る内容や順番などを検討するとか、クオリティを上げていくのなら、さらにレベルの高い機材や技術は必要かもしれません。が、まず、まだ周りの人がやってないうちに、たとえシンプルでも動画を撮影して、それをHPに埋め込むのも簡単にできますので、早めに着手されたらいいかと思います。

東川        では、今年から来年に向けて士業さんがやっておくべきことは、「1分間の自己紹介動画を作って、HPに掲載」と。

五十嵐     そうですね。有効策の1つだと思います。

東川        単純な、シンプルな動画でも、ないよりはずっといいと。

五十嵐     実際に僕のサポートさせていただいているクライアントさんでは、動画が一番、反応が強いですよ。

IMG_7879
●豊富な実例と、整理された具体策から、「先生の先生」としての安心・信頼感があふれている五十嵐さん。ぜひリアルに出会って実感を!

東川        動画って、自分のHPに誘導する集客効果も期待できるんでしょうか。

五十嵐     YouTubeなどをうまく使えば、そこからお客さんが自分のHPに来ることは、一部あります。ただ、その集客力はあまり強くないので、いろいろなソーシャルメディアを使ったり、先ほどお話ししたように動線をよく考えたWebづくりを行ったり、ほかにもお客さんを集めてくる手法は必要かもしれません。

東川        わかりました。ところで、動画以外にも何かありますか。

「ウェビナー」、意外とハードルが低くておすすめ
五十嵐     これも動画関連で…ということになるかもしれませんけれども、セミナーをうまく活用するということも、今の大きな流れの1つです。Web上のセミナーなので「ウェビナー(Web+Seminar=Webinar)」と呼ばれたりしています。

東川        最近、はやってますね。

五十嵐     はい、やっぱり多くの皆さんが、セミナーを開催したいと思われているんですよ。ただ、その一番のネックが、集客コケたらどうしようっていう不安。

東川        そうですね。

五十嵐     これがとても大きくて。とくにまだ集客の経験がない方の多くは、「いざセミナー開いても、受講者は2人、しかもサクラ1人含む…という結果になったら、余計にブランドが下がるんじゃないか」って不安にお思いになるんです。でも動画とかでウェビナーをやっていくと、そういった不安がなくなります。だって受講者には、ほかに何人視聴しているか見えないんです。一般的なセミナーより、始めるときのハードルがとても低いですよ。

東川        ウェビナー自体をよく知らない士業さんも多いでしょうし、ここで少しご説明いただきましょうか。たとえば1時間モノのセミナーを撮って、それを5分ずつ12回に分けて配信する形なんですか。それとも1時間ものを撮って、1時間全部一気に流すんですか。

五十嵐     動画を見る場合は集中力が1時間もたないケースが多いので、短い時間で区切ってあげて、そしてアップしていくほうが、見られやすくなります。

東川        わざわざ5分の動画を12本撮るんじゃなく。

五十嵐     そうですね。

東川        1時間ぐらいのセミナー動画を撮って、編集で5分ずつに切って、連続で告知していくっていう方法ですね。それだったらあまり難しくなさそうです。

五十嵐さんの志師塾、いいですよ!
東川        集客・顧客獲得にはいろんな方法があると思うんですけども、士業のみなさんにはこういう簡単にできることから着手してもらえたらと思いますし、マーケティングを勉強しようと思ったら、志師塾さん、いいですよ!

五十嵐     ありがとうございます(笑)。

東川        時間かけてガッツリ学ぶコースもありますが、その前の、気軽に行けるセミナーがありますよね。以前、私も受講させていただいた、2時間のセミナーが。

五十嵐     はい、でも無料のメールセミナーもありますよ。今までのお話の2~3割ぐらいのところは無料メールセミナーの中でも解説させていただいています。また、それ以外にも具体的な事例、たとえばキャッチコピーの作り方なども掲載しているので、もしご興味ある方は、無料なので、ぜひご登録いただければうれしいなと思います。

東川        その無料メールセミナー、志師塾のサイトから申し込めますよね。このサイトって、さっき言うてはった「集客の動線を考えた作り」みたいな感じなんですか。

五十嵐     そうなっていますね。

東川        じゃ、五十嵐さんのサイト見れば、「集客に強い士業のサイトって、こう作るのか」と大枠をつかめると。

五十嵐     そうですね。

東川        いやいや、みなさん、サイト訪問だけじゃなく、無料メールセミナーの登録もしてくださいねー!

五十嵐     あの、なんか、かなり宣伝っぽくなってきましたけど…(笑)。

東川        五十嵐さん、奥ゆかしいなあ。エエですやん、このさいですから!(笑)

(おわります)

IMG_8001
●ふたりで大笑いした互いの失敗談、ちょっと文字にはしにくいギリギリの発言など、紹介できなかった話も多数。
サービス精神旺盛な五十嵐さん、楽しく充実した対談をありがとうございました!

今日のまとめ
●まだ周りが着手していない今のうちに、1分間の自己紹介動画をHPにアップしよう
●話題の「ウェビナー」(Web上の短いセミナー)は、受講者数を気にせず始められる
●志師塾、おすすめ!

*****************************************************************************
五十嵐和也×東川仁対談 <全5回>
「成功士業は、何が違いますか?」

【もくじ】
第1回 士業あるある!3大問題
第2回 【士業の自信】あなたにも必ずある、「選ばれる理由」
第3回 【士業の営業】おさえるべきは、たった2つのポイント
第4回 【士業の誇り】「下請けでいいや」と妥協していませんか
第5回 【士業の今後】今のうちに着手したい、2つの集客術

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る