本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

売掛金を使った資金調達手法「ファクタリング」とは – 銀行融資に頼らない資金調達手法(4)

資金調達のスピードが速いので、資金繰りに悩んでいる企業が使いやすいでしょう。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
銀行融資に頼らない資金調達手法として
「データレンディング」「クラウドファンディング」「契約者貸付制度」を紹介させていただきました。

これらは、基本的には、「融資」です。

今回は融資ではなく、売掛金を使った「ファクタリング」という資金調達方法についてお伝え致します。

 

ファクタリングとは

企業が保有している売掛金をファクタリング会社へ売却し、運転資金を早期に調達することです。
早期に売掛金を売却し現金化することで経営上のキャッシュフローによる問題が素早く改善できます。

融資ではない資金調達手段なので、財務内容が悪化することがないというメリットがあります。

 

通常のファクタリングのしくみ(3社間ファクタリング)

以前は、3社間ファクタリングが主流でした。
3社間ファクタリングとは、

 (1) 企業がクライアント(売掛先)に商品を納入し、代金を請求
 (2) 企業がファクタリング会社に売掛債権(売掛金)を売却
 (3) ファクタリング会社から企業へ入金
 (4) 支払期日に、クライアントからファクタリング会社に売掛金の支払い

という流れになっています。

3社間ファクタリングは、売掛金を支払う「クライアント(売掛先)」に
ファクタリングを利用するので、
この請求書の支払はファクタリング会社の○○に入金してください。

と同意を得る必要があります。

ここが、3社間ファクタリングの最大のデメリットになります。

3社間ファクタリングを利用することにより、クライアントから
売掛債権を譲渡するぐらい資金繰りに困っている企業
と思われてしまい、その後の取引に悪影響を残す可能性があるからです。

 

新しいファクタリングのしくみ(2社間ファクタリング)

3社間ファクタリングのデメリットをなくしたファクタリングのしくみが、
2社間ファクタリングです。
今後は、この2社間ファクタリングが主流になってくるでしょう。

3社間ファクタリングでは「売掛先への通知」がネックになってしまい、
中小企業、零細企業のファクタリング利用がなかなか進まなかったという背景があります。

一方、2社間ファクタリングとは、

 (1) 企業がクライアント(売掛先)に商品を納入し、代金を請求
 (2) 企業がファクタリング会社に売掛債権(売掛金)を売却
 (3) ファクタリング会社から企業へ入金
 (4) 支払期日に、クライアントから企業に入金された売掛金を、そのままファクタリング会社に支払い

という流れになります。

2社間ファクタリングでは、
売掛先への通知はしないかわりに、クライアントから入金があった際、
そのままファクタリング会社へ売却した売掛債権の金額を入金する

という仕組みになっています。

 

クラウドファクタリングとは

この、2社間ファクタリングをオンライン上で行うのが、クラウドファクタリングです。

クラウドファクタリングとは、AIを活用した、WEB完結型の2社間ファクタリングサービスです。
AIを活用しているため、審査判断が速く、申込みから審査、入金まで、最短24時間で対応してくれます。

今のところ積極的にクラウドファクタリングサービスを提供している企業は、
OLTA株式会社しか見当たりませんが、今後はこのサービス、もっと普及してくると思います。

[blogcard url=”https://www.olta.co.jp/oltanew111/”]

資金化のスピードが速いため、
売掛債権が多く、資金繰りに悩んでいる企業に紹介すれば、喜んでもらえるかもしれません。


あなたのクライアントから、
すぐにでも資金が必要であるのにもかかわらず、取引金融機関に融資を断られた
という相談を受けた場合、あなたは、どうアドバイスしますか?

その相談に答えられなければ、あなたのクライアントは倒産してしまうかもしれません。
そんなときに、金融機関に頼らない資金調達手法を伝えることが出来れば、
クライアントを救出することができます。

そんな、金融機関に頼らない資金調達の方法を学ぶためのヒントが手に入ります。

●元・金融機関融資担当が講師! 「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
 ※東京・大阪ともに複数日程あり

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る