事業性評価融資が進まない理由(のひとつ)

こんな意外な理由があったとは・・・

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
一般社団法人融資コンサルタント協会では、会員の方々が、積極的に金融機関を訪問し、
融資コンサルタントとして活動されています。
その活動内容を報告いただくのですが、現場での話だけに、とても参考になるような内容が多々あります。
そんな活動報告を、このブログをお読みになっているみなさまにも共有させていただきます。

<活動報告> 先日たまたま某地域系金融機関の外交(主任クラス)と話す機会があったので、 金融庁が推進する事業性評価融資について尋ねてみました。 すると… ●たしかに上からはそのように言われている ↓ ●しかし現場はそう簡単に、そんな基準で融資できない ↓ ●万が一リスケまたは焦げ付きになった場合、上司はもちろんだが、担当者も責められる ↓ ●たとえば、本部を中心とした全店会議などでも、自分がやらかした焦げ付きケースが共有される (さらしものになってしまう) ↓ ●自分も組織に生きるサラリーマンだし、そうリスクはとれない そりゃ金融庁が言うことは立派だけれど…
金融庁が金融機関に発破をかけているのにもかかわらず、事業性評価融資が進んでいない理由に 「担当者が忙しく、事業性評価融資をするための情報を収集する時間が無い」 「担当者のヒアリングレベルが低いため、必要な情報収集ができない」 というのがありますが、それだけではなさそうです。 情報収集能力が高く、時間を効率的に使うことの出来る優秀な担当者であれば、 事業性評価融資について積極的に取り組むことはできます。 そのような優秀な担当者は、ほんの一握りしかいないため、 事業性評価融資が、今一つ進んでいないと思っていました。 しかし、理由はそれだけでなく、 「金融機関が人の扱い、または評価制度などを変えないと、渉外担当にも人生あるのでリスク取りにくい」 ということもわかってきました。 頑張って、事業性評価融資をしたものの、たまたま、それが焦げ付いた場合、 その融資を理由に出世の道が閉ざされてしまうとなると、それを行うことに躊躇してしまいますよね。 組織人としての保身を図るためには、今までと同じことをせざるを得ないということになってしまいます。 事業性評価融資が進まないのは、個人の素質・努力レベルの話と同時に、 人事評価を含む組織の運営レベルの話でもあるのです。 かといって、今のままでは、金融機関のビジネスモデルは破綻してしまいます。 これから、金融機関自体が、今までのビジネスモデルを変えていかないと、 生き残っていくのは難しいと思っています。 今後、金融機関の合併は進んでいくでしょう。 合併の際、吸収する側の金融機関と取引している中小企業は、 今までと同じような支援を受けることはできるでしょぅが、 吸収される側の金融機関と取引している中小企業は、 同じような支援を受けることが難しくなるため、資金調達も困難になります。 そういう状況にならないために、今から行っておくべきことは、 「吸収する側になれる金融機関と取引を行うための目利き力を養っておく」 「複数の金融機関と取引をしておく」 の二つです。 しかし、中小企業の経営者が、金融機関に対する目利き力を身につけるのは簡単ではありません。 だからこそ、士業やコンサルタント、FP等の専門家が、その目利き力を身につけ、 中小企業の経営者にアドバイスすることが求められてきます。 そんな、金融機関の目利き力を身につけるためのヒントが手に入ります。 ●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー   (東京) 10月16日(火)、17日(水)、19日(金)、11月1日(木)、2日、5日(月)   (大阪) 10月11日(木)、12日(金)、24日(水)、25日(木)、11月7日(水)、8日(木)   ※11月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

何故、今、銀行は士業に対して、積極的に顧客を紹介しているのか

ただし、つきあう銀行を選ぶ必要はありますが・・・。 こ...