金融機関における「はずれ」の担当者

担当者は選べませんが、対処方法はあります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
中小企業の経営者から、融資に関する相談に乗っているときに、よく出るのが、
担当者に関する話」です。

担当者の善し悪しで、融資への影響は大きく変わります。
今回は、つきあうだけ無駄な担当者についてお伝えします。
 

ノルマをこなすことに一生懸命な担当者

多くの金融機関は、渉外担当者に対して、過酷なノルマを課しています。
預金や融資に限らず、保険や投資信託、カードローン、住宅ローン等、絶えずノルマに追われています。
そのノルマをこなせなければ、評価が悪くなり、出世の道を閉ざされてしまうからです。
このタイプは、「自分のノルマ」だけが重要で、「顧客のメリット」を考えていません
協力してあげても、「お返し」がないので、協力するだけ損になります。
関西で言うと、◯◯信用金庫の担当者が、この傾向が強いですね。

 

月末近くにしか訪問してこない担当者

これも、先の「ノルマをこなすことに一生懸命な担当者」に共通するかもしれません。
普段は、ほとんど顔を出さないのに、月末近くになると、
月末までに、100万円だけ投資信託お願いできませんか。数字が足らないのです
とお願いしてくる担当者。
「ノルマに追われて気の毒だな」
と同情して、協力してあげると、その後、月末毎に
「助けてください」
と頼んで来ます。
「月末は忙しいから」
と断っても、懲りずに月末訪問を繰り返します。
先述した、◯◯信用金庫の担当者も、このタイプで、結局、月末に頻繁に訪問されることに
辟易した社長から「出入り禁止」を命じられていました。

 

信用保証協会の保証つき融資を積極的に勧めてくる担当者

金融機関によっては、いまだに
「保証協会の保証つき融資」を積極的に推進しているところがあります。
以前のブログ
【信用保証枠と公庫の枠は、今から空けておけ!】
でも、説明しましたが、こういう金融機関は、
自分たちの都合しか考えていない金融機関
と言えるので、このままつきあっていてもメリットがありません。
本当に、顧客のことを考えている担当者は、「プロパー融資」の利用を勧めてくれます。
関西で言うと、□□信用金庫に、この傾向が強いです。

 

レスポンスが遅い担当者

プロパー融資の場合、融資依頼してから、遅くとも1ヶ月程度で、融資の可否が決まります。
優秀な担当者であれば、
融資依頼 ⇒ ヒアリング ⇒ 稟議作成 
⇒ 追加資料徴求・再ヒアリング ⇒ 融資決定
というスキームを2週間程度で終わらせます

「融資依頼」した後、「ヒアリング」を行うのが1週間後、という担当者もいます。
このように、レスポンスの遅い担当者に限って、作成する稟議書の内容が悪いため、
融資が通らない可能性が高くなります。
ひどい担当者になると、顧客から融資依頼があったにもかかわらず、上司に報告もせず、
稟議書も作成せずに、融資を断るということもあります。

 

「つきあうだけ無駄」な担当者に当たったら

これらの担当者に当たった場合、その金融機関からの支援は、期待できないものと思ってください。
しかし、「担当者を交代させて」と頼んでも、当該担当者が、大きな失敗をして、
顧客を激怒させたということでもない限り、交代させてくれません。

この担当者とつきあっても無駄だ
と思った時の対処法は2つあります。

ひとつは、
「今の金融機関を見限って、別の金融機関との取引のウエイトを高める」
別の金融機関の担当者が優秀な担当者であれば、そちらに取引のウェイトを高めることで、
金融機関との取引は、円滑に進むようになります。

もうひとつは、
「担当者の上司(渉外担当役席や貸付担当役席)とのパイプを強固にすること」
担当者がダメでも、重要なことについては、その上司と直接話をすることができれば、不便はなくなります。
逆に、意思決定スピードが早くなるため、今までより、良いサービスを提供してもらえるようになるかもしれません。

「はずれ」の担当者とつきあっていても、良いことはひとつもありません。
「この担当者、はずれだな」と感じたら、速やかに対処されることをお勧めします


 
優秀な担当者に当たった場合は、2~3年は、融資については安泰です。
逆に、そうでない担当者に当たった場合は、2~3年は融資に苦しむことになります。
担当者の善し悪しについては、中小企業側でコントロールできません。
だから、優秀でない担当者に当たった場合、対処策が必要となります。

そんな、
優秀でない担当者に当たった場合でも、円滑に融資をしてもらうためのヒント
が手に入ります。
 
 
●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 6月13日(木)、25日(火)、7月15日(月)、24日(水)、25日(木)、26日(金)
 
(大阪) 6月12日(水)、19日(水)、24日(月)、7月10日(水)、11日(木)、19日(金)
  
※7月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください
 

関連記事

質問「カードローンを使っている場合は、創業融資は借りられますか?」

金額によっては、借りられないこともあるようです。 こん...

銀行員に嫌われる税理士とは?

「税理士が銀行について行くのは逆効果」というのは、明らかに間...