【スモールM&A】ノウハウ入門講座 募集開始しました

今年も、4回のみ(東京2回、大阪2回)の開講となります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
昨年8月に、
【スモールM&A】ノウハウ入門講座
を開催しました。

そのセミナーの告知を6月22日に行ったところ、
100名の定員が、あっという間に埋まってしまいました

今年も、この【スモールM&A】ノウハウ入門講座
東京では、8月2日(金)と、8月10日(土)に、
大阪では、8月17日(土)と、8月21日(水)に、
それぞれ開催します。

早めの申し込みをお勧めします

煽るわけではありませんが、
6月~7月にかけて
「相続案件獲得 入門セミナー」(満員につき、募集終了しました)
を東京・大阪で開催する予定になっていますが、
このセミナーも、告知してから2週間もしないうちに
100名の定員が、埋まってしまいました。

相続案件を獲得する方法を知りたい
と考えている士業・コンサルタントが、いかに多いというのが
わかりました。

「スモールM&A」も「相続」や「事業承継」に
大きく関係するだけに、その知識を得たいと考えられている
士業・コンサルタントの方々も多いのではないかと
思っています。

各回、定員が25名となっています。
今回も、早期に満席になることが予想されますので、
受講を検討されている方は、お早めにお申し込みください。
 

現在の事業承継のトレンド

30年前は、企業全体の90%が、親族内での事業承継でした。
しかし、直近10年では
法人経営者の親族内承継の割合が急減し、従業員や社外の第三者といった親族外承継が
6割超に達した

(平成28年4月「事業承継に関する現状と課題」(中小企業庁))
というデータが出ています。

他にも
事業承継の必要があるが、後継者の決まっていない、
もしくは、後継者がいない事業者は、全体の7割を超えています

というデータもあります。
 

事業承継のサポート方法が変わってきた

これは、事業承継のサポートの方法が変わってきたということを表しています。
今までの事業承継は、【親族内承継】がメインだったのですが、
これからの事業承継は、【親族外承継】がメインとなり、
今までのサポートの仕方では、今の時代にはついていけないということになってきています。

今までの「事業承継」の方法では、現在、企業を取り巻く状況に対して、
対処しきれなくなってきたのです。
 

事業承継問題に対する有効な解決策

この問題に対する、有効な解決策の1つが、「M&A」なのです。
後継者がおらず、廃業を考えている中小企業・小規模事業者はとても多いのです。
その経営者の多くは、「事業を存続できるのであれば、存続したい」と考えています。

結果、中小企業のM&Aニーズは年々増加傾向にあります。
その証拠に、民間による未上場企業のM&Aは、リーマンショック時には、減少に転じましたが、
足下では回復が著しい状況です。
 

中小企業のM&Aの専門家の絶対数が足りない

中小企業のM&Aマーケットは、近年、「小規模(スモール)M&A」(年商3億円以下の企業)を
手がける民間業者が散見されはじめたが、依然、プレイヤーの絶対数が圧倒的に足りていない状況

と、中小企業庁が発表した「事業承継に関する現状と課題」で報告されています。

つまり『スモールM&A』の専門家になれば、多くの中小企業を顧客に出来る!
ということです。
 

高齢化した経営者が抱えている悩み

あなたの身近にいる「事業承継」や「廃業」を考えている経営者も、
きっと以下のような悩みを持っているはず。

「長く、一緒に働いてくれた従業員の雇用を守ってあげたい・・・」
「せっかく、今まで築き上げてきた、大事な会社をなくしたくない・・・」
「多大な借金を、子供たちに相続させたくない・・・」
「老後の生活が心配・・・」

そんな悩みを誰にも相談できず、心もとない気持ちを一人で抱えている経営者が
世の中には数え切れないほどいます。
そして、そんな経営者を救えるのは、あなたしかいません。
 

事業承継に悩んでいる経営者の本音

事業承継について考えなければならないことはわかっている。
でも、誰に相談すべきなのか分からない・・・

という経営者の“本音”をよく耳にします。

・本当に自分たちの会社を売ることができるのか?
・どうすれば、自分たちの会社を買ってもらえるのか?
・どれぐらいの「値段」で、売れるのか?
・売ることで、借金を清算することはできるのか?

これらスモールM&Aについての専門知識を身に付け、金融機関側でも相手企業側でもなく、
経営者の側に立って味方になってくれる、スモールM&Aのスペシャリストこそ、
スモールM&Aアドバイザー」です。
 

スモールM&Aアドバイザーのメリット

スモールM&Aの専門家がまだ少ないこともあって、
「スモールM&Aに強い」との評判によりお客様のその先のお客様を呼び、
顧客を増やすことができます。
「スモールM&Aアドバイザー」になれば、多くの士業やコンサルタントが欲している
“集客の仕組み”を持つことができるのです。

スモールM&Aに強くなることで、経営者から直接相談があったり、
経営者や金融機関・商工会議所からの紹介で、いろいろな相談が舞い込んできます。

今回、ご案内させていただくセミナーでは、他の士業向けのセミナーで
お伝えすることが多い、無理に営業力を付ける方法ではなく、
専門知識を駆使してスモールM&Aをサポートする方法をお伝えします。
結果、無理に営業することなく、継続的・安定的に顧客獲得することができるようになります。

ぜひ、あなたもこの機会に、スモールM&Aに強い専門家を目指してみませんか?
 

『事業承継に強い士業になるための【スモールM&A】ノウハウ入門講座』

https://www.npc.bz/sma2019/

<日 時>  
(東京) 
2019年8月2日(金)  18:00〜20:30
2019年8月10日(土)  15:00〜17:30
 
(大阪)
2019年8月17日(土)  14:00〜16:30
2019年8月21日(水)  18:00〜20:30
 
<場 所>  
(東京)
DAYS赤坂見附
東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル 4階・ルーム4A

(大阪)
サニーストンホテル<江坂>北館
大阪府吹田市広芝町10-3
地下鉄御堂筋線「江坂」駅7番出口より徒歩2分

<参加費用>
7,020円(税込)

<申込方法>
下記サイトの申込フォームに必要事項を記入の上、送信願います。
https://www.npc.bz/sma2019/

<講 師>
齋藤由紀夫(サイトウ ユキオ)
株式会社 つながりバンク 代表取締役。
オリックス株式会社に16年在籍。
在職中に多くの新規Projectに参画し、東京都、銀行カード会社などに出向。
ベンチャー企業から上場企業まで投融資を実行。
在職中は、株主間調整、合弁契約解消、事業撤退・売却・海外子会社統合、
債権回収業務など前向きから後ろ向き案件の対応をこなす。
株式会社つながりバンク設立後、中小企業の事業再生・資金調達サポートをメインに展開。
2013年頃から、会社売却の相談が増加。現在は小規模でも誠意を持って対応する
M&Aアドバイザーの組織化・育成に注力。

<セミナーカリキュラム>
1.スモールM&Aの歴史と今後の動向
2.スモールM&A市場が拡大する理由
3.中小零細企業のM&A活用事例
4.スモールM&Aアドバイザー業界の実態
5.スモールM&Aサポートを士業にすすめる7つの理由
6.スモールM&Aの基本ノウハウ
7.みなさまの質問に何でもお答えします

<お問合せ>
株式会社ネクストフェイズ
〒564-0051 吹田市豊津町40-6-311
電話:06-6380-1259  メール:info@npc.bz
担当者:伊藤

関連記事

齋藤由紀夫さんインタビュー【2】 スモールM&Aアドバイザーってどんな仕事?

東京都港区で、株式会社つながりバンクを経営する齋藤由紀夫さん...

事業承継に強い士業になるために、今だからこそ、身につけておくべきノウハウ

士業にとって将来性があり、専門家の数が絶対的に少ない分野です...