本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

苅谷昌子司法書士インタビュー【4】キラーコンテンツがあれば安心ですか?

大阪市中央区で開業している司法書士・苅谷(かりたに)昌子さんは、
2014年11月でいよいよ独立3年目に入ります。
現在は、TOEIC960点という優れた英語力をベースに、
司法書士業務のなかでも「渉外」という、海外取引に関わる分野のスペシャリストとして活躍中。
 
一般企業にお勤めだったときに培ったビジネスセンスを、
司法書士として独立してからもじゅうぶんに活かしながら、
着実にキャリアを積んでおられる苅谷さんのお仕事ぶりを、5回連載でお届けします。
聞き手は、ネクストフェイズ編集部です。

苅谷昌子さんプロフィールはこちら

苅谷昌子司法書士インタビュー (全5回)
「キラーコンテンツがあれば安心ですか?」
【もくじ】
第1回 開業直後は忙しくて…。ふと気がついたら、仕事してなかった!
第2回 HP、工夫しています。
第3回 司法書士の不思議。
第4回 「何でもできます」を抜け出す方法は、ひとつしかない。
第5回 自分という「商品」を作っていきましょう。


第4回 「何でもできます」を抜け出す方法は、ひとつしかない。

――      「英語」という強力なカードを持っている苅谷さんでさえ、「何でもできます」時代があったなんて。

苅谷      独立当初は「英語できます」で通していたんですよ。自分の強みはコレだと。

――      それがまたなぜ、途中で。

苅谷      ほら、最初の確定申告で、「売上がない!」と気づいて(笑)。

――      あ、そのときに(笑)。

苅谷      「私、英語だけでやっていけるのかな」って思い始めて。それからですね、自己紹介のときに「英語できます」と言ったすぐ後に、「あっ! でも不動産も商業も、普通の登記もできますんで! 何かあったらよろしくお願いします!」って付け加えるようになっちゃったんです。

――      ついに「何でもできます」と。

苅谷      あれはしんどかったですね。「何でもできます、でも積極的にやりたいわけじゃない、でもやらないといけないのでは」という迷いが。

――      迷っていらした。

苅谷      渉外(何らかの形で外国や外国人が関わる案件)でいこう!って決めたのに、それだけでやっていけるのかな、私、どの方向に行くのかなって。

――      苅谷さんでさえ。

苅谷      もともと「司法書士になろう!」から始まったキャリアじゃないんです。「英語ができるから、英語を活かした仕事をしよう」→「じゃ、法律に興味があるから、司法書士になろう」という順番です。だから、一般的な司法書士事務所になりたいわけじゃなかったのに、それを見失いかけてた…

――      吹っ切れたきっかけは?

苅谷      クラブネクストフェイズです!

※クラブネクストフェイズ=ネクストフェイズの士業ネットワーク
2016年6月に一般社団法人融資コンサルタント協会に統合

――      (で、出た!)

4_IMG_3298
●現在、渉外に取り組む士業の勉強会に参加中。詳細が気になる人は苅谷さんまで!

苅谷      クラブネクストフェイズのグループコンサルティングに招待されたことがあるんですよ。せっかくの機会でしたので、そこでメンバーのみなさんに相談したんです。「英語でいこうと思っているけれど、やっていけるのかな」って。

――      みなさんの反応は?

苅谷      「英語ができるんだから、英語で仕事すればいいですよ~!」「司法書士だからって、登記しなきゃいけないってことはないですよ~!」って(笑)。「ああ、そうなんだ」と、フッと吹っ切れて、そこからもう「英語できます」しか言わなくなりました(笑)。

――      「何でもできます、何かあったらお願いします」ではなく。

苅谷      「自分の強みはコレだ」と決めるというのは…、もうね、「それに決めちゃう!」「もう決めた!」という思い切りですね(笑)
 

強みを決めたことで、紹介が増えた

 
――      思い切ったことで、どんなメリットが見えてきましたか?

苅谷      自分のアピールポイントを言い続けていると、紹介が生まれやすくなるんです。まず、覚えてもらいやすくなりますよね。司法書士のお客さん獲得の柱は「紹介」なので、「この人は○○ができる人」って覚えておいてもらうのはとても大切です。自分の得意なこと、私の場合なら「外国人と取引」というケースが発生したときに、私のことを思い出してもらいやすくなりますから。

――      なるほど。

苅谷      「かなり前に○○の機会にお会いしたんだけど…」と言いながらお電話がかかってきて、「英語できますよね?」と話が始まったり、「お客さんのところで契約書を翻訳する必要が出てきて…」「海外に出向する人がいるのでお手伝いしてほしい」…など、私の場合なら「外国」+「司法書士」で思い出してもらえるんです。

――      そこまで徹底して言い続けることですね。

苅谷      はい、それに、普段からアピールしておくと、紹介する人だって自信を持てますよね。「あの司法書士さんは英語ができるとおっしゃっているのだから、紹介しても間違いない人だ」って。

4
●出張も多い苅谷さんが選んだ相棒は、Microsoft Surface。「軽いですよ!」

営業が苦手だから、「今やっていること」を話そう

 
苅谷      私、「お客さん紹介して」とか「仕事ほしい」とかアピールできなくて(笑)。

――      大丈夫です、それはみなさん不得意な点です(笑)。

苅谷      でも、「こういうことやってます」「こういうことやってきました」なら言える

――      ハードルが下がりますね。

苅谷      だから営業が苦手だなとお思いでしたら、「今やっていること」「今までやってきたこと」を話すことから始めるといいんじゃないかなと思います。あからさまに「紹介して」「仕事ください」じゃなくって

――      それなら営業っぽくない。

苅谷      ただし、それだと…。

――      それだと…?

第5回に続きます)


苅谷昌子司法書士インタビュー (全5回)
「キラーコンテンツがあれば安心ですか?」
【もくじ】
第1回 開業直後は忙しくて…。ふと気がついたら、仕事してなかった!
第2回 HP、工夫しています。
第3回 司法書士の不思議。
第4回 「何でもできます」を抜け出す方法は、ひとつしかない。
第5回 自分という「商品」を作っていきましょう。
 

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る