本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

苅谷昌子司法書士インタビュー【1】キラーコンテンツがあれば安心ですか?

大阪市中央区で開業している司法書士・苅谷(かりたに)昌子さんは、
2014年11月でいよいよ独立3年目に入ります。
現在は、TOEIC960点という優れた英語力をベースに、
司法書士業務のなかでも「渉外」という、海外取引に関わる分野のスペシャリストとして活躍中。
 
一般企業にお勤めだったときに培ったビジネスセンスを、
司法書士として独立してからもじゅうぶんに活かしながら、
着実にキャリアを積んでおられる苅谷さんのお仕事ぶりを、5回連載でお届けします。
聞き手は、ネクストフェイズ編集部です。

苅谷昌子さんプロフィールはこちら

苅谷昌子司法書士インタビュー (全5回)
「キラーコンテンツがあれば安心ですか?」
【もくじ】
第1回 開業直後は忙しくて…。ふと気がついたら、仕事してなかった!
第2回 HP、工夫しています。
第3回 司法書士の不思議。
第4回 「何でもできます」を抜け出す方法は、ひとつしかない。
第5回 自分という「商品」を作っていきましょう。


第1回 開業直後は忙しくて…。ふと気がついたら、仕事してなかった!

――       苅谷さんは、弊社ブ士塾 の塾生さん。でも近ごろはなかなかご出席できないほど、お忙しいとか(笑)。

※ブ士塾=ネクストフェイズの士業ネットワーク。2016年6月に一般社団法人融資コンサルタント協会に統合

苅谷      いえいえ、もうおかげさまで(笑)。

――       順調で何よりです。独立当初からお忙しかったんですか。

 

開業してから開業挨拶づくり

 
苅谷      忙しいといえば…、そうですね、忙しかったです。私、2012年の11月に開業したんですよ。ちょうど2年ほど前です。で、それから開業挨拶や名刺、Webサイトを作ったり、事務所の家具を選んだり…。

1-1
●インテリア雑誌のグラビアのようにお洒落な事務所。バランスボールやアロマディフューザーも

――       えっ、開業してから開業挨拶をお作りになったんですか(笑)。

苅谷      いろんな準備がぜんぜん間に合わなかったんです(笑)。そんなこんなで、とても大変でした。で、やっと開業挨拶をお送りしたと思ったら、あ、年賀状の時期だ、また作らなくちゃ、なんてバタバタしていたら、翌年の確定申告のときに「はっ」と(笑)。

――       「はっ」と(笑)。

苅谷      私、ぜんぜん仕事してなかったって(笑)。

――       お忙しかったのに。

苅谷      そうなんですよ、毎日が充実していて、「ああ、今日は働いた~!」という達成感があって、なのに売上が(笑)。

――       ああ…(笑)。

苅谷      でも、とくに焦るということもありませんでした。「家族を養わないと」ということもないし、住まいの家賃の支払いが、ということもありませんし、それに…。

――       それに?

苅谷      貯金していたので(笑)

――       おお、やっぱり貯金のチカラは大きい(笑)。

苅谷      1年…いえ、2年くらいは売上がなくても大丈夫、というくらい貯めていたんです。みなさん、開業前にはしっかり貯金しましょうね(笑)。

――       あの、一般的なお話でいいのですが、開業前にはだいたいどのくらい貯金しておけばいいのでしょうか。

苅谷      どうでしょうねえ…。200万円もあればたぶん…。

――       (じゃ苅谷さんもそれくらいは…と想像中)

苅谷      ところが、ところがですよ、私、余裕を持っていたつもりだったのに、いざ開業すると、意外なところに経費がかかってですね…。

――       意外な経費?

この貯金額では開業後1年もたない…

 
苅谷      一般的に、「PC、電話、ファクス、コピー機があれば士業は開業できる」と言われています。それに加え、私は事務所を借りましたから、その家賃や水道光熱費、デスクや書棚などの家具類くらいまでは想定していました。

――       はい。

苅谷      しかし開業してみると、勉強のための書籍代がけっこうかかるんですよ。それに加えて、勉強会、交流会、その後の懇親会の参加費…。

――       ああ…それは高くつきそうです(笑)。

苅谷      はい、そんな経費を計上していったら、「こんな貯金額じゃ1年もたない!」と気づきました(笑)。

――       確定申告のときに初めて(笑)。

苅谷      あと、司法書士は単発業務ですから、税理士さんなどのように顧問先があれば一定の収入が見込めるというものではありません。やはり開業前に、ある程度の余裕は持ちたいところです。

――       なるほど。

苅谷      それに仕事柄、登録免許税の立替払いも頻繁に起こります。不動産だと何十万にもなるんですよ。もちろん先にお客さまからいただいておくこともできますが、それくらいは手元に置いておいた方が焦らずに済みますね。

1_本棚1 1_英語資料2
●海外取引に関する参考書や英文書類がいっぱいの事務所。勉強熱心でお仕事も順調

――       お客さまはほとんど紹介とか?

苅谷      はい、そうですね。今のところ私のお仕事は、7割が渉外(何らかの形で外国や外国人が関わる案件)、2割が日本人のみの企業の商業登記、残り1割が日本人のみの不動産売買や相続など、という構成です。これからも渉外を中心に、と考えています。

――       なるほど、紹介が大事になってきますね。

苅谷      ええ、ですから勉強会や交流会に参加して、多くの方々とお会いするのが大切なんです。

――       紹介以外の、たとえばHPからの引き合いはいかがですか。

苅谷      おかげさまで、ちょこちょこと…(笑)。

――       そうだと思いました! すてきなサイトです。

苅谷      ありがとうございます。HPはちょっと工夫しているんですよ。

――       おお、その工夫、詳しく教えてください!

 

第2回に続きます)


苅谷昌子司法書士インタビュー (全5回)
「キラーコンテンツがあれば安心ですか?」
【もくじ】
第1回 開業直後は忙しくて…。ふと気がついたら、仕事してなかった!
第2回 HP、工夫しています。
第3回 司法書士の不思議。
第4回 「何でもできます」を抜け出す方法は、ひとつしかない。
第5回 自分という「商品」を作っていきましょう。

 

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る