本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

質問「借り入れのある会社が、自己資金で購入した設備を子会社に売却。金融機関から転貸資金だと疑われないか心配」

転貸資金とは、いわば「又貸し」。金融機関が嫌がる資金使途です。まずは落ち着いて状況を整理してから、対策をアドバイスしましょう。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。

ネクストフェイズが運営する一般社団法人融資コンサルタント協会では、会員からのメールや電話、ご来訪などによる個別相談にのったり、活動報告をいただいたりしています。

先日ある中小企業診断士の会員から、金融機関が企業に持つ印象について質問をいただきました。

※一般社団法人融資コンサルタント協会サイトはこちら

 

転貸資金だと疑われないか、金融機関の心証を気にする事業者

中小企業診断士
金融機関からの心証を心配する会社から相談を受けました

ヒガシカワ
金融機関からの心証、関係性への配慮
事業を営む経営者として忘れてはならない視点です

事情をお伺いしましょう


 
中小企業診断士
すでに6,000万円の借入がある会社が

1/1,200万円の設備を自己資金で購入

2/その設備を子会社
1,200万円で売却しました

子会社からの支払いは
数年間での分割支払いです

ヒガシカワ
設備の購入は

本当に自己資金ですね?

中小企業診断士
はい

しかし実質的に
又貸しと疑われても仕方ない内容です


 
ヒガシカワ
又貸し…いわゆる「転貸資金」なら

金融機関がとても嫌がるケースです

明確な「資金使途違反」ですから


 
中小企業診断士
実際には自己資金で購入したもので

けっして転貸資金ではありません

しかしもしこれが転貸資金と判断されたら
最悪の場合
現在の借り入れの「期限の利益」を喪失する…

などの問題は起きないでしょうか

つまり、既存融資6,000万円の
即時返済を求められるかどうか、です

ヒガシカワ
なるほど

自己資金で購入した設備を
子会社に売却することについては

金融機関も目くじらを立てることは
ない
と思いますよ

もちろん
「期限の利益」の喪失事由にも
なりません

中小企業診断士
それを聞いて安心しました

さらに経営者が心配しているのは…


 

転貸資金ではない=今後の融資への影響を防ぐ対策として資料2点

中小企業診断士
さらに経営者が心配しているのは

今回のケースが
今後の融資に悪影響を与えるかどうかです

ヒガシカワ
ご心配、よくわかります

しかし以下の2点を準備しておけば
今後の融資に悪影響を与えることはありません

1/自己資金で設備を購入したことを
説明できる資料の作成

2/子会社に売却した際の契約書

中小企業診断士
承知しました!

ちなみに資料が準備できたときは

こちらから金融機関に報告すべきですか?


 

資料提出など金融機関への報告は必要か?

ヒガシカワ
こちらから報告するほどの内容ではないでしょう

金融機関に尋ねられたとき
上記2つの資料を
すぐ提出することができれば

「転貸資金だと疑われる」などのトラブルを
避けることは可能だと思います

中小企業診断士
かしこまりました
ヒガシカワ
もちろん

取引金融機関との
関係が悪化している事業者の場合

金融機関がこの点を指摘して
深堀りしてくることはありえます

しかし金融機関との関係が良好でしたら
気にする内容ではないと思います

中小企業診断士
なるほど…

関係が悪化しているなら

事前の資料準備
詳細説明ができるよう

いっそう身構えて準備しておくべきですね

ヒガシカワ
はい

まずは
金融機関との関係が良好かどうか

事前にクライアントへ確認しましょう


 

「期限の利益」とは

たとえば「企業の売上が大きく低下」などの状況に陥った際、金融機関から「すぐ返済してほしい」と言われることも、場合によってはあります。

しかし債務者には「期限の利益」があるので、もし金融機関から早急な返済を要求されても拒否することができるのです。

これを知っているか知らないかで、金融機関との交渉にも違いが出てくることでしょう。

「期限の利益」についての詳細は、過去の記事を参考にご覧ください。

いきなり銀行から「返済して」と言われても、返さなくていい


自社の業況が芳しくないあまり、金融機関から悪い印象を持たれるのではと気に病む事業者は少なくありません。

しかし場合によっては、「取り越し苦労」の可能性もあります。

会社の状況と、事業者の認識、金融機関の対応など複数の情報を整理し、少しでも多くの事業者が、臆することなく金融機関との関係構築ができるよう専門家がサポートしましょう。

そんな、事業者を前向きにサポートするためのヒントが手に入るセミナーです。

※融資に関する質問などにもその場でお答えします

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る