急ぎで事業資金が必要となった場合の調達方法 – オンラインレンディング「LENDY」

「3日以内に資金調達したい」場合、使える調達方法です。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
ネクストフェイズでは、基本的に
金融機関からの融資
についてのアドバイスや指導を行っています。
中小企業にとっては、金融機関からの資金調達が、一番コストがかからないからです。

しかし、金融機関からの資金調達は、
「時間がかかる」
「担当者の能力に左右される」

というデメリットがあります。

通常は、どんなに早くても、1週間以上は審査に時間がかかります。
担当者の能力が低い場合は、より多くの時間がかかりますし、
最悪の場合は、融資してもらえないことも少なくありません。

ビジネスをしていると、急に資金が必要となる場面は、結構あります。
でも、そんなとき、取引金融機関に対して、
1週間以内に融資して欲しい
と頼んでも、ほとんどの場合、「No」でしょう。

金融機関は、急な融資案件に対応できる審査体制になっていませんし、
お金に急いでいる
と思われてしまうと、審査も厳しくなるからです。

そういう場合、以前は、
「消費者ローン」や「商工ローン」
を利用する経営者が多かったのですが、そういう「金融業者」を利用すると、
金融機関からの印象が悪くなり、以降、融資が借りづらくなるデメリットがありました。

ITやインターネットが発達した今、急ぎの資金需要に対応できるサービス
たくさん生まれています。

それが、「データレンディング」や「オンラインレンディング」と言われている
サービスです(「トランザクションレンディング」「バランスシートレンディング」を含む)。
これらのサービスについては、以前のブログ
【いざというときに知っておきたい、銀行融資に頼らない資金調達手法(1)】
で解説しているので、そちらを確認ください。

今まで紹介してきた「オンラインレンディングサービス」以外にも、使えそうな
「オンラインレンディング」を見つけました。

それが、
【LENDY】
というレンディングサービスです。

【LENDYの特徴】

1.5分で借入可能額が分かる
事業で利用しているPOSレジ会計ソフト決済サービス等のオンラインサービスと連携することで、
LENDYが自動的に申請者の事業に関するデータを収集し、それを元に審査し借入可能額を算出します。
AIが自動的に判断するので、短時間で審査が終了します。

2.最短で翌営業日に借入可能
「LENDY」を運営している「株式会社クレジットエンジン」自身が融資を行うため、
審査終了から決済までの時間がとても早いです。

3.書類が少ない
法人の場合も個人の場合も、必要書類は本人確認書類のみ。
(法人:代表者の本人確認書類、登記事項証明書、個人:本人確認書類)
事業計画書や資金繰り予定表を作成するなどの面倒な書類の準備は必要ありません。

4.利用サイト・使用会計ソフトに制限がない
Amazonや楽天、リクルートなどは、トランザクションレンディングを行っていますが、
融資対象者は、それぞれのサイト利用者だけです。
また、弥生やマネーフォワードといった会計ソフト会社は、
バランスシートレンディングを行っていますが、
融資対象者は、自社のソフトを利用している会社だけです。

しかし、LENDYは申請者が利用しているPOSレジ、会計ソフト、決済サービス等の
オンラインサービスと連携することで、自動的に申請者の事業に関するデータを収集し、
それを元に審査するため、利用サイトや使用会計ソフトに制限がありません

さらに、ECによる売上がなくても、クラウド会計ソフト、POSレジシステム、銀行の口座データ、
SNSなどから幅広く情報を集め審査を受けることができるため、ネットショップを行っていない店舗でも
融資を受けることが可能になります。

 
【LENDYのデメリット】

1.金利が高い
融資額100万円未満が13.0%〜18.0%、
融資額100万円以上が8.0%〜15.0%と、
ノンバンクと同様、金利が高いです。
(LENDYもノンバンクですが)

2.融資限度額が低い
融資額は、10万円〜500万円までと、あまり大きくありません。
多額の資金が必要な場合は、使えません。

 
【どのデータと連携できるのか】

連携できるデータが多ければ多いほど、融資に有利に働くと言われています。
連係できるデータは、

(クラウド会計)
freee、MFクラウド会計・確定申告、弥生会計オンライン、やよいの青色申告オンライン

(ECサイト)
Amazon、楽天、STORES.jp、BASE、カラーミーショップ、MakeShop、Yahoo!ショッピング、
ショップサーブ、おちゃのこネット、FC2ショッピングカート、XCart、eaxy my shop

(銀行)
国内約2,600以上のオンラインバンク(個人・法人)

(評価サイト)
食べログ、Retty

(POSレジ)
ユビレジ、Airレジ、スマレジ

(決済サービス)
Coiney、Square、Paypal、PAY.JP、Airペイ

(クラウドソーシング)
ランサーズ、クラウドワークス

 
会計ソフトデータやECサイトデータだけでなく、金融機関データ、評価サイトデータ、
POSレジデータ、決済サービスデータ、クラウドソーシングデータを活用して、
多面的に審査してくれるということですので、ビジネスが急成長している企業にとっては、
使い勝手のいいサービスだと言えると思います。
今まで紹介した、オンラインレンディングサービスの進化形と言えるものでしょう。


 
経営者の大事な役割の一つに「資金繰り」がありますが、多様な資金調達手段を持つことが出来れば、
資金繰りに困ることは少なくなります。
税理士やコンサルタント、FPといった専門家が、いろいろな資金調達手法を提案することにより、
その専門家は、経営者から、より信頼してもらえるようになります。

そんな、いろいろな資金調達手段についての知識を手に入れるためのヒントが見つかります。

 
●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 5月8日(水)、10日(金)、17日(金)、28日(火)、29日(水)、6月5日(水)
 
(大阪) 4月26日(金)、5月1日(水)、15日(水)、22日(水)、24日(金)、6月3日(月)
  
※6月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください
 

週刊東洋経済 2019年4/13号 [雑誌](AI時代に食える仕事 食えない仕事)
東洋経済新報社 (2019-04-08)
売り上げランキング: 888

関連記事

スモールM&Aアドバイザー養成講座(初級編ではありません)開講します。

今回の講座の目玉は、「スモールM&Aの案件発掘方法」です。 ...

経営革新等支援機関の更新に関する、よくある質問

顧問先1件あれば、認定支援機関の更新要件を満たすことは可能で...