【募集開始】平成31年【小規模事業者持続化補助金】

今回は、「商工会議所管轄」での募集で、「商工会管轄」の事業者は対象外となります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
4月25日から、小規模事業者持続化補助金の募集が始まりました
例年では、2月の最終週の金曜日から募集開始となっていたのですが、
今年は、2ヶ月ほど遅い募集になりましたね。

今回の募集期間は、平成31年4月25日(木)~平成31年6月12日(水)
約2ヶ月あります。
昨年9月から、「来年も小規模事業者持続化補助金の募集はありますよ」と、
このブログでも発信していたので、準備していた方も多いと思います。

フォーマット自体は、昨年から、基本的にはあまり変わっていませんので、
昨年、エントリーして採択されなかった場合でも、修正してエントリーすれば、
採択されるかもしれません。

公募要領が公開されています。
今回は、「商工会議所管轄」の事業者のみ対象となります。
「商工会管轄」の事業者は、まだ対象外となっています。
「日本商工会議所小規模事業者持続化補助金事務局ホームページ」から、
公募要領をダウンロード出来ます。

ネクストフェイズは、商工会議所の管轄地域にありますので、商工会議所の公募要領に従って、
その内容を紹介させていただきます。

1.事業の概要
持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓等の取り組み
(例:新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等)や、
地道な販路開拓等とあわせて行う業務効率化(生産性向上)の取り組みを支援するため、
それに要する経費の一部を補助するものです。
また、今回の公募にあたっては、政策上の観点から、計画的に事業承継に取り組む事業者
経営力の向上を図っている事業者購入型クラウドファンディングを活用して
事業展開を図っている事業者
過疎地域という極めて厳しい経営環境の中で販路開拓に取り組む事業者
への重点的な支援を図ります。。

2.公募期間
平成31年4月25日(木)~平成31年6月12日(水)

3.対象者および補助率等
<対象者> 全国の小規模事業者
<補助率> 補助対象経費の2/3以内
<補助上限額>
通常:50万円
市区町村による創業支援等事業の支援を受けた事業者:100万円
市区町村の推薦を受けて当該市区町村の地域再生計画等に沿う買い物弱者対策等の事業:100万円
複数の事業者が連携した共同事業:500万円

4.補助対象事業
補助対象となる事業は、次の(1)から(3)に掲げる要件をいずれも満たす事業であることとします。
なお、買物弱者対策に取り組む事業の場合には(4)、複数事業者による共同申請の場合には
(5)の要件も満たす事業であることとします。

(1)策定した「経営計画」に基づいて実施する、地道な販路開拓等のための取組であること。
あるいは、販路開拓等の取組とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための取組であること。

(2)商工会議所の支援を受けながら取り組む事業であること。

(3)以下に該当する事業を行うものではないこと。
 ・同一内容の事業について、国が助成する他の制度(補助金、委託費等)と重複する事業
 ・本事業の完了後、概ね1年以内に売上げにつながることが見込まれない事業
 ・事業内容が射幸心をそそるおそれがあること、または公の秩序もしくは善良の風俗を
  害することとなるおそれがあるもの、公的な支援を行うことが適当でないと認められ
  るもの

(4)買物弱者対策に取り組む場合には、補助事業期間終了後5年以上継続する事業であること

(5)複数事業者による共同申請の場合には、連携する全ての小規模事業者が関与する事業であること。

5.加点項目
(1)経営力向上計画加点
2019年3月31日までに、中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の認定を
受けている事業者に対し、採択審査時に、政策的観点から加点(=経営力向上計画加点)を行うものです。

(2)クラウドファンディング加点
本事業で政策加点とする対象は、
購入型クラウドファンディングで一定規模以上の支援金額を集めた事業者
です。具体的には、以下のとおりです。

・2018年1月1日」から申請日までの間に、一般社団法人日本クラウドファンディング協会
会員が運営する「購入型クラウドファンディング」によって、
1)設定した目標金額以上の支援金額を期間内に達成
2)100万円以上の支援金額を期間内に達成

のいずれか(もしくは両方)に該当する者であること

小規模事業者持続化補助金は、かなり使い勝手がよい補助金です。
それだけに申込件数も多く、競争率はかなり高いです。
かなり真剣に申請書を作成しないと、採択されるのは難しいと思います。

次回以降も、「小規模事業者持続化補助金に関する留意点」や、
「小規模事業者持続化補助金を獲得するためのコツ」等について、
お伝えしていきますので、楽しみにお待ちください。


 
補助金の獲得サポートをしている士業やコンサルタントの方から、よく相談されることの一つに
補助金獲得サポートだけで終わって、その後の仕事につながらない」
というのがあります。

補助金獲得サポートは単発の仕事であり、ある面、季節的業務という側面もあるため、
その業務を中心に行っていると、事務所経営が安定しないというデメリットがあります。
それ故、士業やコンサルタントの方が、サポート先に対して顧問契約を期待するのですが、
その多くが、顧問契約に繋がっていないという現実があります。

顧問契約につなげるためには、4つのことに留意して、補助金獲得サポートを行う必要があります。

そんな、補助金獲得サポート先を顧問先にするためのヒントが手に入ります。
 
 
●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 5月8日(水)、10日(金)、17日(金)、28日(火)、29日(水)、6月5日(水)
 
(大阪) 5月1日(水)、15日(水)、22日(水)、24日(金)、6月3日(月)、12日(水)
  
※6月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

平成31年小規模事業者持続化補助金 採択率を高めるための50のポイント

書くべきポイントを押さえておかなければ、採択率は高まりません...

【速報】平成31年4月までに募集される補助金

まだ、正式決定ではありませんが、ほぼ、決定だろうと思います。...