本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

クレジットブラック情報は、いつ消えるか?

「ついうっかり入金を忘れていた」で、融資してもらえなくなります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。

過去記事「創業融資がNGになる人(4)」の投稿後、多くの方から質問をいただきました。

質問者
クレジットブラックだと創業融資を断られるんですね

では

①何をすればクレジットブラックになり

②いつクレジットブラック情報は消えるのですか?


 

創業融資がNGになる人(4)


 

個人信用情報機関による「金融事故扱い」

クレジットブラック情報は、金融機関やクレジットカード会社が任意に登録するので一概には言えません。が、少なくとも個人信用情報機関が金融事故扱いとするのは「返済日から61日以上、または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるもの、または、あったもの」としています。

だからといって、「61日までなら延滞しても大丈夫」というわけではありません。

たとえば最近相談をくださった方は、1万円程度の引き落としを1年間に2回、2日間遅れただけで、クレジットブラック登録されました。その方は今も、クレジットカードを新たに作ることも、新規融資を受けることもできないままです。
 

クレジットブラック登録がされるケース

どのようなケースでクレジットブラック登録されるか、深刻度とともにお知らせしましょう。

(1)返済が61日以上、または3ヶ月以上遅れた場合(一発アウト)
(2)1年間に3回以上延滞した場合(ケースバイケース)
(3)2ヶ月連続で延滞した場合(ケースバイケース)
(4)自己破産や任意整理などの債務整理を行った場合(一発アウト)
(5)複数のクレジットカードを同時期に申し込んだ場合(ケースバイケース)
(6)携帯電話の滞納があった場合(ケースバイケース)

 
これ以外にも登録されるケースはあるのですが、代表的なのは上記6点ですね。
 

個人信用情報機関とは

個人信用情報機関には、3つの代表的な機関があります。

1/日本情報信用機構(JICC):消費者金融系の信用情報機関

2/CIC:信販会社・クレジットカード会社系の信用情報機関

3/全国銀行個人信用情報センター:銀行と銀行系カード会社等がおもに加盟

 
ブラックリストは3つの情報機関が相互に利用できるため、どこかの信用情報機関でクレジットブラック登録されると、そこでアウトになってしまいます。
 

いつクレジットブラック情報は消える=信用回復できるのか?

信用情報機関によって、ブラックリストから消える期間が違います。また、情報の内容によっても消える期間が変わってきます。

(1)金融事故後、すべて完済した場合
●日本信用情報機構(JICC):1年後
●CIC:5年後
●全国銀行個人信用情報センター: 5年後

(2)自己破産等の債務整理をした場合
●日本信用情報機構(JICC):自己破産免責から5年後
●CIC:自己破産免責から5年後
●全国銀行個人信用情報センター:自己破産免責から10年後

 
「ついうっかり」入金を忘れることはあると思いますが、そんな些細なミスで5年以上も融資をしてもらえなくなる可能性がありますので、日ごろから残高不足には十分お気をつけください。


クレジットブラック情報が登録されていると、融資してもらえることはまずありません。よほどの事情がない限り、絶対に断られます。

また、ブラックリストに載る以外にも、融資を断られる要件がいくつかあります。

「融資を受けたい」と相談された士業・コンサルタントが融資謝絶の要件を知っていれば、事前に理由を明確に伝えて「借入れ以外」対処方法を検討することができます。

そんな「融資をしてもらえるかどうか」の目利き力を身につけるためのヒントが手に入ります。

※融資に関する質問などにもその場でお答えします

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る