本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

税理士のお金の借り方(1)

税理士の方々が融資を受けるときに、こうアピールすれば、借りやすくなります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
税理士は、中小企業の経営者から、一番、融資の相談をされる士業であることは、間違いありません。

そこで、いろいろなアドバイスをされるのですが、いざ、自分が借りるときには、
金融機関に対して、どのようにアプローチし、どのような資料を作ればいいかわからないと
言っている方も、少なくありません。

今回は、
税理士が融資を申し込むに当たって、どのようにすればいいのか
についてお伝え致します。

1.アプローチすべき金融機関
比較的簡単にお金を借りたいと思うのであれば、「日本政策金融公庫」に申し込むのが一番です。
しかし、「融資を申し込む」=「金融機関との親密な関係を構築できる」ということにも
繋がりますので、できれば、「地元の地域密着型金融機関(信用金庫・信用組合・第二地方銀行等)
に申し込まれることをお勧めします。

地域密着型金融機関とのパイプができれば、
仕事や顧客を紹介してもらえるチャンスが増えるからです。

2.借りたい金額と資金使途を明確にする
中小企業の経営者が「借りられるだけ借りたい」ということを、よく言います。
しかし、それは、金融機関の人間が一番いやがる台詞なのです。
「借りられるだけ借りたい」というのは、お金の使い道が明確になっていないということなので、
そんな、いいかげんな会社や事務所には、金融機関は貸したくありません。

「何に使うために」「どれだけの金額が必要なのか」ということを、
明確に伝える必要があります。
そのために、
運転資金を借りる場合は、「資金繰り表」
設備資金を借りる場合は、「見積書」
といった資料や書類を準備しておく必要があります。

3.どのような資金使途だと金融機関は納得するか
金融機関は、以下のような「資金使途」だと、融資をしやすいです。

(1) 調査用の書籍購入費
(2) 各種業界団体の会費
(3) 広告宣伝費
(4) 繁忙期の増加人件費
(5) 増員のための人件費(3~6ヶ月程度)
(6) 事務所開設・移転・改装資金
(7) OA機器の導入・買い換え
(8) ソフトウェアの購入
(9) 研修等の受講料
(10) チラシ・ホームページの制作費
(11) 販売促進用ツールの制作費

こういった「資金使途」ごとに必要な金額を、細かく一覧表にすることで、
「必要資金」の妥当性を理解してもらうことができます。

4.顧問先リスト
絶対に必要というわけではないが、「顧問先リスト」を提出することで、
融資に有利に働くことがあります。
特に、地元の顧客が多い場合は、金融機関の担当者が、そのリストを見て、
この人と仲良くしていれば、地元の顧客を紹介してくれるかもしれない
という心理が働くからです。

また、顧客リストがあると、顧問料がどれだけ入るかを予想することができるため、
安定した売上がある
と思ってもらえることも、融資を有利にする理由となります。

これ以外にも、金融機関にアピールすべきポイントや、作るべき資料もありますので、
次回以降に、この続きをお伝え致します。


確定申告も終わり、これから「攻め」に転じることのできる時期がやってきました。
(3月決算の法人を多数抱えている税理士の方は、あと1ヶ月半ありますが・・・~

「攻める」ためには、先立つものが必要です。
融資に対して詳しい税理士と、詳しくない税理士とでは、顧客を紹介してもらえる確率が
大幅に変わってきます

自らがお金を借りることによって、「融資に強い税理士」に変身することは容易になります。

そんな「税理士が円滑にお金を借りるために知っておくべきこと」についてのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 3月16日(金)、17日(土)、21日(水)、4月4日(水)、5日(木)
 
(大阪) 3月23日(金)、24日(土)、4月13日(金)、17日(火)、24日(火)

※4月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る