本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

「銀行格付けセミナー」受講者に知っておいてもらいたいこと

格付けだけでなく、もう一つ必要な情報があります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
金融機関は、金融庁の指導方針(「監督指針」と言います)に従って、業務を行っています。
金融庁は、金融機関に対する監督官庁なので、金融機関は、その指導方針に逆らうことができません。

金融庁は2年に一度程度、各金融機関に「金融庁検査」を行い、いろいろな指導を行っています。
来年廃止になりますが、少し前までは、
金融検査マニュアルに準じた業務運営を行っているか?
ということを中心に検査を行っていました。

詳しく言うと、
「金融検査マニュアルに準じた、債務者の『格付け』を行い、
『格付け』の高い先に融資をしているか
ということを見ていました。

なので、以前は『銀行格付け』が、融資をしてもらうためには、とても重要視されていたのです。
しかし、金融庁が金融庁検査で格付けを行っていたのは、2014年6月まで
それ以降は、金融庁は債務者の格付けをチェックしていません

2014年7月からの金融庁は、
「安全性の高い会社(格付けの高い先)に優先的に融資をする」
という指導方針から、
決算書の内容や保証・担保だけで判断するのではなく、事業内容や成長可能性等も
評価してリスクマネーを積極的に融資するように

という「事業性評価融資を積極的に行うように」という指導方針に、大きく舵を切り替えました。

そういう事実があるのにもかかわらず、依然として、
「融資をスムーズにしてもらうには、銀行格付けが最重要」
と言っている「銀行格付けセミナー」があるということを先日聞き、とても驚きました。

金融機関は、今までのやり方を変えることを嫌う傾向があるので、
格付けを重視しているところも、まだまだ残っています。
金融庁検査で格付けチェックをしないからといって、
格付けが重要でなくなったということではありません

しかし、金融庁の指導方針は、「事業性評価融資」を重視するようにしていますし、
将来的には、格付けよりも事業性評価の方が、重要になってくると思います。

融資を審査する上において、財務内容はとても重要です。
財務内容を良くする努力というのは、円滑に融資を引き出すためには、必要不可欠です。
でも、これからは、それだけではいけなくなってくるのです

格付けは重要です。それだけでなく、これから金融機関は事業性を評価するようにも
なってきます。

と、事業性評価の重要性を、経営者に対して伝えることこそ、
士業・コンサルタント・FP・保険営業という専門家の役割だと思います。

「格付け」と「事業性評価」両面の重要性について、周りの経営者に伝えてあげてください。

金融検査マニュアルが廃止された後、金融庁が金融機関を指導する際に重要視しているのが、
金融仲介機能のベンチマーク
です。

今まで、金融機関が「金融検査マニュアル」を重要視していたように、
今後は、「金融仲介機能のベンチマーク」を重要視するようになります。

「金融仲介機能のベンチマーク」について詳しく知ることで、
「融資を円滑にしてもらえるためにしておくべきこと」を知ることができます。

そんな、「融資を円滑にしてもらえるためにしておくべきこと」についてのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 10月20日(金)、21日(土)、11月3日(金)、6日(月)、7日(火)

(大阪) 10月27日(金)、28日(土)、11月9日(木)、10日(金)、22日(水)

※11月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る