本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

【100%金融機関を開拓できるトークシナリオ】の続き

訪問した理由に納得してもらえることができれば、次の台詞が一番大事。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
先日、ブログで
「貸してもらえる金融機関を100%開拓できるトークシナリオ(1)」
https://www.npc.bz/yuushi/20161019

を公開しました。

文字数の都合上、途中で終わりましたが、今回は、その続きです。

この後の台詞は、一言一句間違わずに、金融機関にお伝え下さい
それだけ重要な台詞です。

「今すぐ、資金が必要というわけではありませんが、半年先ぐらいに、新たな投資を考えています。
そのときに、融資をご検討いただけるかどうかについて、お聞きしたくて訪問しました。」

「今すぐ、資金が必要というわけではない」と言うことで、「資金に急を要していない会社(資金的に
余裕のある会社)」ということを伝えることができます。
「半年先ぐらいに、新たな投資を考えている」と言うことで、「計画的に物事を進めていける会社
前向きの投資を行う会社」ということを伝えることができます。

「資金に急を要していなくて、計画的に物事を進め、前向きの投資を行う会社」というのは、
金融機関にとって、つきあいたい会社になるので、とても興味を持ってもらえるようになるのです。

次の台詞は、

「もちろん、何の取引もない会社に対して、融資してもらえるはずがないということは、
わかっていますので、検討いただけるのであれば、
 (1)預金口座を作らせていただきます。
 (2)弊社の決算書や事業計画書も提出します。
 (3)毎月の業況報告もさせていただきます。
ので、その内容を見ていただいた上で、ご検討いただければ幸いです。
そうすれば、半年後ぐらいに、融資の検討をいただくことは可能でしょうか?」

と尋ねてみてください。

「今すぐ」ではなく、「取引をはじめて半年後に検討は可能か?」となると、
金融機関には、断る理由がなくなります

必ず、
「それでは、担当者を御社に訪問させますので、そこから、まず、
お取引を始めさせていただけますでしょうか。」
と言ってくれます。

そうなれば、普通預金を作り、できれば、定期性の預金(定期預金・定期積金等)もして、
決算書と事業計画書を届け、毎月、試算表と月次事業報告書を届けた上で、業況報告を行ってください。

それを半年間続けますと、半年後には、金融機関の方から、
「取引開始時に、半年後ぐらいに資金が必要になるかもしれないと言っていましたが、
どうなりましたか?」
と聞いてきます。

資金に必要がないときにこそ、新たな金融機関を開拓するチャンスです。

今、資金繰りが上手くいっている経営者は、新たな金融機関を開拓することを面倒がって行いたがりません。

いざ、資金が必要となり、取引している金融機関に融資を申し込んだのにもかかわらず、
今までなら、簡単にしてくれていた融資が、「融資方針の変更」と言う理由で断られた時に
(とてもよくある話です)、あわてることになります。

そのとき、あわてて近所の金融機関に融資のお願いに行っても、相手にしてくれません
だから、資金に必要がないときにこそ、新たな金融機関を開拓すべきなのです。

金融機関で働いている人たちの考え方を知れば、新たに貸してくれる金融機関を開拓することは、
とても簡単にできます。

そんな「金融機関に働いている人の考え方」を知るためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 
https://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 10月24日(月)、31日(月)、11月1日(火)、2日(水)、16日(水)、18日(金)
 
(大阪) 10月26日(水)、11月9日(水)、10日(木)、11日(金)、24日(木)、28日(月)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
※11月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照くださ

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る