本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

銀行の経営支援支援制度を効果的に利用する【銀行に顧客を紹介してもらう方法】

銀行に対する経営者の不満の2番目に「銀行の都合を優先した経営支援セールス」というものがあります。
銀行は、お金を預ける、借りる、振り込みをするといった業務以外にも、いろいろなサービスを行っています。
そのうちの一つが「経営支援サービス」です。具体的には以下のようなサービスを提供しています。

・事業戦略・経営戦略計画策定支援
・経営コンサルティング
・専門家派遣
・財務診断等計数管理アドバイス
・不動産売買情報の提供
・ビジネスマッチング等販路開拓支援
・M&A等事業承継支援
・人材教育支援
・海外展開支援
・研究開発のための専門機関紹介

有料で行っている銀行もあれば、無料で提供している銀行もあります。
これらのサービスは、銀行本体で行っている場合もあり、銀行の子会社であるコンサルティング会社で行っている場合もあります。
銀行本体で行っている場合は無料で、コンサルティング会社で行っている場合は有料でサービスを提供することが多いでしょう。

経営者を支援する専門家としては、「事業戦略・経営戦略計画策定支援」「経営コンサルティング」「財務診断等計数管理アドバイス」等は、自らが提供できるサービスとなりますが、それ以外の支援となると、個人で行うのには限界があります。
自分では提供できない銀行の経営支援サービスを効果的に使うことで、クライアント企業の業績をより上げることができます。

かといって、一般的な経営者は、銀行がどのような経営支援サービスを提供しているのか具体的に知りませんし、その調べ方もわからない方が多いのも事実です。

「銀行の行っている経営支援サービスを調べ、その情報を提供する」
「経営支援サービスの活用方法をアドバイスする」
「経営支援サービスの利用料(報酬)と費用対効果をチェックし、そのサービスを利用するかどうかの助言を行う」
といったことが、専門家としての役割となります。

地域密着型金融機関が行っている経営支援サービスの一つである「ビジネスマッチング等販路開拓支援」は、取引先の確保に困っている中小企業の経営者にとっては、活用しやすいサービスです。
普段であれば、見つけることができないような取引先が見つかるチャンスだからである。
しかし、ただ漫然と、ビジネスマッチングの会場に行くだけでは、新たな取引先と出会えるチャンスは少ない。
そこには、自分の会社に興味を持ってもらえるような工夫が必要です。
経営者と、銀行の担当者、専門家が一体となって、ミーティングを行い、そういった工夫をするということが重要になります。

3者でのミーティングをすることで、よい工夫が生まれると同時に、お互いの距離感が近くなります。
経営者との距離感が近くなれば、より長いおつきあいができることになるでしょうし、銀行の担当者との距離が近づけば、紹介してもらえる可能性も高まるでしょう。

専門家としては、「銀行の経営支援サービスの活用サポート」をサービスとして提供出来れば、クライアントの成長により貢献できるようになります。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています



士業 ブログランキングへ

中小企業診断士 ブログランキングへ
ランキングに参加しました!よろしければクリックをお願いします!

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る