本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

担当者が異動しても金融機関と良好な関係を継続する方法

担当者「以外」にもパイプを作っておけばよいのです。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。

普段は士業・コンサルタントから寄せられる多くの相談にお応えしていますが、ときどき事業者からも相談が舞い込みます。なかでも多いのが、金融機関とのつきあい方。近ごろこんな相談を数件、立て続けにいただきました。

相談者
せっかく近所の銀行支店の担当者と仲良くなったのに

2年や3年で異動してしまうため
そのたびにイチから関係を作らなければいけない

何とかなりませんか


 
たしかに金融機関では、基本的に2~3年に一度人事異動があります。一つの部署や支店に長くいると不正しやすくなると同時に、あまり長く同じ顧客を担当していると癒着が生じる可能性があるため、定期的に人事異動を行うのです。

しかし事業者にとっては残念至極。時間をかけて担当者とよい関係を構築したのに、新しい担当者がやってきて「そんなこと、また聞く?」といった基本的な質問をしてくることも多いです。

事業者
ウチのこと、何にも知らないの?
銀行には引継ぎってないの?
事業者
またイチから関係の作り直し?

事業者
今まで前の担当者にさんざん自社の説明をしてきたのに
ぜんぶ無駄になるの?

 
また融資を受ける際、自社を熟知している担当者とそうでない担当者が作成する稟議書(融資審査の際に作成する書類)を比べれば、前者の方がはるかに認可されやすいことは理解いただけると思います。融資などの支援を期待している事業者は、自社を知らない新任者にガッカリですよね。

とはいえ金融機関には「不正や癒着を防ぐ」という大義名分があるため、「担当者を変えないで」という事業者の要望は聞き入れられません。

ただし、「(担当者ではなく)金融機関との関係性を継続する」のが目的なら、打つ手はあります。
 

金融機関では基本的に「引継ぎ」はない

最初にお伝えしたいのは、金融機関では(事業者が期待するような)「引継ぎ」は行われないということ。

事業者としては、前任者とよい関係を築いていればいるほど、自社のことを新しい担当者に過不足なく引き継いでくれるだろうと期待します。

しかし残念なことに、自分の担当先の顧客についての詳細な内容をデータとして残している担当者はほとんどいません。そんな時間はないからです。「引継ぎ」内容はデータではなく、自分の記憶です。

もちろん優秀な前任者なら企業内容は頭の中で整理されているでしょうから、とくにデータやメモなどがなくても、次の担当者にモレなく引き継ぐことができるでしょう。

しかしそうでない(大半の)担当者なら、記憶に残っている内容を口頭で伝えるのがほとんどです。

また、金融機関にもよりますが、引継ぎ期間はたいてい3日程度です。しかも管理している担当先が1,000件を超える担当者は金融機関にはざら。その1,000件について、3日間で引継ぎを行わなければなりません。よほどのVIP顧客でない限り、緻密な引継ぎは物理的に不可能だと考えてよいでしょう。
 

対策① 事業計画書を持って支店に出かけよう

引継ぎのない状態で新しい担当者と少しでも早く良好な関係を構築するために必要なのは、「自分たちのことを、短期間に、詳しく知ってもらう」こと。そのために有効なのが、事業計画書です。

事業計画書のおもな目的は、「知らない相手に、自分たちのビジネスモデルを詳しく理解してもらう」こと。事業計画書を作成しておけば、新たな担当者に見せることで自社を早期に理解してもらえます。

また、内容をよく理解している顧客先には、担当者も顔を出しやすくなるのも大きなメリット。

まずはなるべく早く支店に出かけるか訪問してもらって、事業計画書を見せながら自社を説明する機会を持ちましょう。自社を知ってもらうことで足を運んでもらえる回数は確実に増え、会う回数が多いほど良好な関係を構築しやすくなります。
 

対策② パイプを2つ以上作っておく – 担当者の上司

担当者としかつきあっていなかった場合は、担当者が変わってしまうと金融機関との関係性も大きく変わります。

日ごろから担当者だけでなく、担当者の上司ともパイプを作っておきたいところです。担当者が異動しても、残った上司とのパイプは繋がっているため、金融機関との関係性は継続できます。

上司とは、担当者の直属上司である「渉外担当役席」や、支店での貸付責任者である「貸付担当役席」です。

また上司が自社への理解が深ければ、新任者にも説明してくれます。より早く自社への理解が進みますし、上司の後ろ盾があれば新任者も訪問しやすく感じるでしょう。
 

対策③ できれば3つめのパイプを – 支店長

パイプは2つより、3つ持っていればより安心。第3のパイプとは、支店長です。

支店長なら、担当者、またその上司たちより、さらに強固な関係性が持てるでしょう。少なくとも一度は、自分たちから支店長に挨拶に出向くことをおすすめします。

といっても急に支店に訪れて「支店長とお会いしたいのですが」と言っても、外出中だったり取り込み中だったりすることも多く、何よりぶしつけです。

事前に自社の担当者、また渉外担当役席や貸付担当役席に話を通せば、支店長に挨拶する機会をスムーズに作ってもらえます。

 

折に触れて支店に足を運ぼう

相手が来るのを待つだけなら、築けるパイプは担当者しかありません。担当者の上司や支店長とのパイプを築きたいときは、こちらから金融機関に出向きましょう。確実に上司や支店長と会える機会が作れます。

何度も言いますが、会う機会が多ければ多いほど、相手との関係性は濃くなります。

事業計画を策定した際や決算書ができた後は、支店を訪問して内容を説明する。

毎月の試算表が完成すれば、「月次事業報告書」と試算表を持参し、報告を行う。

折を見つけて訪問し続けることで、長く良好な関係を築くことができます。ぜひ自分から積極的に金融機関を訪問するようにしましょう。


事業者だけでなく士業やコンサルタントも、金融機関に積極的に訪問すれば担当者「以外」のパイプを作ることができます。

担当者に比べれば、担当者の上司である渉外担当役席や貸付担当役、支店長のほうが、顧客を紹介してもらえる案件をたくさん持っています。

重要なのは、渉外担当役席や貸付担当役、支店長の「嫌がることをせず」「信頼してもらう」こと。士業やコンサルタントが、金融機関の人たちから好感を持たれると、顧客を紹介してもらえる確率は格段に高まります。

そんな、渉外担当役席や貸付担当役、支店長たちから好かれるための士業・コンサルタントの振る舞い方についてのヒントが手に入ります。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る