本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

金融機関への訪問NGの日と時間【銀行に嫌われる士業の7大NG(3)】

タイミングを間違えれば、まともに話を聞いてくれません

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
この前、提携している金融機関の支店長から、
「ヒガシカワさん。税理士さんって意外と銀行のことを知らないですね。」
ということを言われました。

「それ、どういうことですか?」と尋ねたところ、
「先日、ある税理士の先生が関与先の方と融資に関する相談で来られたのですが、
その時間が、月末の午後2時半。」
「それって、月に一番貸付係が忙しい時間じゃないですか。
たいへんな時間に来られたものですね。」
「そうなんですよ。てんやわんやしているときに、いきなりアポ無しで来られたんです。
忙しいと無碍に断るわけにもいかないと思い、お話を聞かせていただきましたが、
うちの貸付課長はカンカンになって、
絶対、あの税理士の関与先には貸さない!
と言っていましたよ。

その税理士と一緒に来られた経営者の方が
「何か雰囲気がおかしいな」
と思われたのでしょうね。翌日に来られて、

「昨日、一緒に訪問した税理士さんが、
「銀行はノルマを意識するので、月末に行ったほうが、よく話しを聞いてくれる」
と言われたので、昨日訪問したのですが、すごく忙しそうでしたね。
忙しいときに訪問してすみませんでした。」
と、謝っていかれましたよ。

金融機関にこちらから訪問し、情報提供するというのは、金融機関側も大歓迎です。
しかし、訪問していい日や、いい時間。
逆に訪問すべきではない日や、時間があります。

訪問すべきでない日というのは、
1.月末
2.五・十日(ごとおび)

です。

月末は、月内のいろいろな処理を、その日のうちに済ましてしまわなければいけないので、
とても多忙になります。
そんなときに、悠長に
「情報提供に伺いました」
なんて訪問しようものなら、貸付担当者の逆鱗に触れてしまいます。
融資について有利に進めたいと考えているのに、相手を怒らしてしまうと逆効果ですね。

五・十日も来店する顧客が多く、それに伴い、処理しなければならない案件も多くなります。
やはり、いろいろと決済しなければならない支店長や貸付係にとって、余裕のない日となります。
特に、10日と25日は処理案件が多い人なります。

それ以外の日であれば、比較的余裕がありますが、それでもあえて避けるのであれば、
月初や週の初めも、午前中はバタバタしますので、避けた方がいいでしょう。

訪問すべき時間は、9:30~14:00であれば、余裕を持って話を聞いてくれます。
支店長は、9:30~10:00、12:30~13:00であれば、支店にいることは多いので、
支店長を訪問するのであれば、この時間にすべきでしょう。

せっかく金融機関を訪問するのですから、歓迎される日時に行って、効果的な面談をしてください。


金融機関を訪問する時間によって、
「この人は、金融機関のことについてあまり詳しくない人だ」
と判断されてしまいます。

担当者にとっても、「金融機関に詳しい専門家」と「詳しくない専門家」、
どちらと仲良くしたいかとなると、当然、「金融機関に詳しい専門家」になります。

「金融機関に詳しい専門家」となると、前向きに話を聞いてくれますので、案件の紹介につながることも
しばしばあります。

そんな「金融機関に詳しい専門家」になるためのヒントが手に入ります。
 
 
●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 7月22日(土)、8月4日(金)、7日(月)、23日(水)、24日(木)
  
(大阪) 7月25日(火)、26日(水)、8月9日(水)、10日(木)、28日(月)
 
※8月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る