本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

生き残る可能性が低い金融機関の担当者の特徴

これからは、金融機関を目利きする力が、士業には必要となってきます。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
「近代セールス」(金融機関に関連する人たちがよく読んでいる雑誌)2017年5月1日号に、
【緊急企画=新金融行政方針の衝撃 ~地域金融機関はどう対応するのか~】
という記事が掲載されていました。

この記事は、これから金融機関と、よい関係を作り顧客を紹介してもらいたいと考える
士業やコンサルタント・FPの方々
には、是非、読んでもらいたい記事です。
この記事を読むと、
今後、どのような金融機関が生き残って、どのような金融機関が淘汰されていくのか
についてのヒントが手に入ると思います。

詳細は、その記事を見ていただきたいのですが、それを元に、私自身が考える、
「生き残る金融機関」と「淘汰されていく金融機関」について、お伝えしたいと思います。
士業やコンサルタント等の専門家として、自分のクライアントに対して、「生き残る金融機関」との
取引を勧める必要がありますので、その判断の一助にしていただければ幸いです。

今回は、その中でも、【生き残る可能性が低い金融機関の担当者の特徴】について、お伝え致します。
担当者の質の善し悪しで、融資をしてもらいやすくなったり、してもらいにくくなったりします
確かに、一人一人の能力は違いますが、同じ金融機関に所属していると、共通の考え方や
動き方があったりします。

自社や、クライアント先の担当者を見ることで、その金融機関が「生き残ることのできる金融機関
なのか、「淘汰される可能性の高い金融機関」なのか、ある程度、見分けることができます。

【生き残る可能性が低い、金融機関の担当者の特徴】

 融資をする際、未だに、担保や保証人頼みになっている
 プロパーでなく、保証協会つきで融資をしたがる
 あまり訪問しない。訪問しても短時間ですぐ帰る
 自社の内容(「強み」「特徴」「ビジネスモデル」等)を把握していない
 取引先や専門家の紹介が少ない
 お願いばかりしてくる
 支店長や渉外担当の責任者を連れてこない
 話の聞き方が下手。
 時間にルーズ
 こちらの本当に欲しいものが何か理解していない
 現場を積極的に見ようとしない
 提案をしてこない
 自分の都合ばかり言ってくる
 こちらのニーズに関わらず、保険や投資信託ばかりを勧めてくる
 補助金や助成金に関する情報を持っていない

これらは、すべて、
顧客本位の考え方になっていない担当者の特徴
になっています。

顧客本位の考え方が出来ている金融機関の担当者は、
日頃の活動で築かれた信頼関係
を顧客と構築できていて、本当に顧客が求めている、
本格的に本業の相談に乗る
という活動も行っています。その結果、
顧客に本当に喜んでもらえる金融機関業務
を提供出来ています。

そのような金融機関とつきあうことが、中小企業にとって、
安定的な資金調達
に繋がってきます。

金融機関に対する「目利き力」を身につけ、クライアントに対し、「最善の金融機関」を
提案できるようになっていただきたいと思います。

担当者の出来、不出来で、融資が借りやすくなるか、借りにくくなるかの結果は、
大きく変わってきます。
「当たり」の担当者になれば、楽なのですが、「外れ」の担当者に当たったときは、
たちまち、融資をしてもらいづらくなります

かと言って、企業側から担当者を選ぶことはできません。
「外れ」の担当者に当たった場合、その担当者が交代するまで、結構、つらい状況になります。

しかし、「外れ」の担当者に当たったときでも、融資をスムーズに借りる方法はあります。

そんな「外れ」の担当者に当たったときに、融資をスムーズに借りるためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
https://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 5月9日(残3席)、19日(金)、20日(残1席)、6月2日(金)、6日(火)
  
(大阪) 5月11日(残3席)、12日(金)、24日(水)、26日(金)、6月9日(金)
 
※6月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る