質問「ひとつの信用金庫が主催する経営塾に長期で参加すると、他の金融機関とのつきあいに支障が出ませんか」

ネクストフェイズが運営する融資コンサルタント協会では、会員からのメールや電話、ご来訪などによる個別相談にのったり、活動報告をいただいたりしています。

先日ある税理士の会員から、地元の信用金庫が募集している経営塾に参加するべきかというご質問をいただきました。

質問者 「地元の信用金庫が募集する経営塾に参加するべきか悩んでいます」
東 川 「とおっしゃいますと?」
質問者 「その経営塾、長期なんです。ひとつの信用金庫の経営塾に長いあいだ参加していると、他の金融機関とつきあうのが難しくなってしまうのではと思って」

こんにちは。株式会社ネクストフェイズの岸田です。金融機関が募集する経営塾について詳しく知らなかったので、少し調べてみました。

中小企業の経営者や幹部などを対象とした「経営塾」は、全国各地の金融機関で実施されています。あなたの街にも実施店舗があるかもしれませんね。また金融機関以外だと、商工会議所や経営コンサルティング会社なども経営塾の参加者募集を行っています。

期間は6ヶ月~1年程度で全6~8回、内容は経営に役立つ座学やグループワークなどが一般的です。参加費は3万円程度から高いものは20万円を超えるものまであり、カリキュラムによって開きがあります。ちなみに今回の相談者が検討中の経営塾は、1年で全12回のもの。

東川はよく「複数の金融機関とつながりを持とう」と言っていますので、1年12回の勉強会に参加を決めてしまうと他の金融機関からマイナスのイメージを持たれるのではと、質問者は心配したのです。

東 川 「ああ、その心配はありませんよ」

ああ、大丈夫なんですね。でも、なぜでしょうか。

東 川 「ある信用金庫の経営塾に参加しても、その事実が他の金融機関に伝わることは通常ありません
質問者
 「そうなのですね」
東 川 「もし他の金融機関に知られたとしても、気にすることはありませんよ。税理士が経営塾に参加することは特別なことではないですし」
質問者 「杞憂でしたか。よかったです」
東 川 「他の金融機関の経営塾に参加している士業だからといって、その金融機関とべったりという評価はまずされませんので、どうぞご心配なく」

さらに東川は、金融機関が募集する経営塾に参加するメリットを付け加えました。

東 川 「まず地元の金融機関の役職員と仲良くなる機会として貴重ですし、他の受講生との関係も結べます
質問者
 「『融資強いFP・士業になる方法セミナー』の中でも、お話していましたね」
東 川 「しかもご検討中の経営塾は1年全12回と、比較的長期ですよね。時間をかけ、何度も顔をあわせて、じっくり仲良くなっていけます。私なら迷わず参加しますね

(2018年11月某日 個別相談にて)

つまり「地元の金融機関とつながりを持ちたい士業は、他の金融機関の目を気にすることなく、堂々と経営塾に参加しても問題ない、むしろ参加すべき」ということですね!



金融機関はこのような経営塾をきっかけに、経営者とはもちろん、士業とのパイプも作りたいと考えています。なぜなら金融機関も顧客の経営者たちから、「士業を紹介してほしい」と相談されることがあるからです。

では金融機関は、どのような士業とつながりを持ちたいと考えているのでしょう? ネクストフェイズが開催する「融資強いFP・士業になる方法セミナー」で、元・金融機関職員の東川が150分たっぷりお話しします。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 12月22日(土)、24日(月)、1月14日(月)、15日(火)、16日(水)、30日(木)
 
(大阪) 12月25日(火)、26日(水)、1月9日(水)、21日(月)、1月25日(金)
 
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください