崎山博教弁理士インタビュー【1】
弁理士業界の未来は明るいですか?

大阪市淀川区で開業している弁理士・崎山博教さんは、独立2年目を迎えた40歳。
ほんわか、ゆったり、落ち着いてお話しになるのですが、お仕事はスピーディそのもので、
事務所のイメージカラーといえば士業では珍しいソフトなピンク、
人脈の広げ方についての「作戦」や、強みの活かし方も、ユニークで新鮮!
崎山さんのオリジナルな「逆張り」仕事術、5回連載でお届けします。
聞き手は、(株)ネクストフェイズ編集部です。

崎山博教さんプロフィールはこちら

目次
第1回 イメージカラーに優しいピンクを選んだ理由。
第2回 勉強会や交流会についての、崎山「作戦」。
第3回 弁理士資格を取ったら独立しよう。なぜなら…。
第4回 アピールするだけが、強みの活かし方じゃない。
第5回 代書屋になり下がらない、弁理士の新しい仕事。

*****************************************************************************

第1回 イメージカラーに優しいピンクを選んだ理由。

――      崎山さんは、弊社クラブネクストフェイズの会員さん。お引っ越ししたばかりなんですよね。おめでとうございます!

崎山      ありがとうございます!(ニコニコ)

1_door - コピー
●お忙しいときに無理を言って撮っていただいた、引っ越し直後の貴重な事務所写真!

 ――      以前からたいへん有能な事務員さんが強力にサポートしていらして、さらに先日は新人の弁理士さんも入所、そしてこのたび同じビルの上階へお引っ越しと、事務所は順調のようですね。

崎山      忙しいばっかりで、なかなかまとまった時間が取れないんですよ。どうにも細切れになってしまって(ニコニコ)。

――      引っ越しなんてそうあることではないのに、こんなときにご登場くださってありがとうございます。実は、この機会に、崎山さんにあらためてお尋ねしたいことがあったんですよ。

崎山      はい、なんでしょう(ニコニコ…と書こうと思いましたが省略。いつもニコニコしておられる方です)。

――      崎山さんの事務所のイメージカラー、なんでピンクなんでしょう。

崎山      あ、この色ですか。

――      そう、今日のネクタイも!

崎山      ピンクのネクタイは、まだ2~3本しか持ってないのですが、いちおう事務所カラーなので。

――      士業事務所といえば、ブルーとかグリーンとかブラウンなど、真面目でカッチリした感じとか、ちょっと落ち着いたイメージで…。

崎山      士業事務所らしい落ち着いた色使いは、もうちょっと年をとってからでもできるかなと思ったんですよ。

――      そういえば独立なさったのは…。

崎山      30代後半です。独立は30代で、って思ってたんですよ。ギリギリでした。

――      お若いからこそ、ピンクで…。

崎山      自分ではあまり選ばなかった色ですが、「幸せ」の色でもあるし、士業という職業柄、とくに理系が多い弁理士ではなおさら選ばれにくい色なので、そのぶん目立つかなとも思いましたし。

――      たしかに…。

崎山      自分自身のイメージとして、キリッとシャープな感じよりも、むしろ柔らかい雰囲気の方が合うのかなとも思ったので、ブルーもグリーンも採用しなかったんです。それにね…。

――      はい。

崎山      文字より、色の方がパッと識別できて、印象に残りやすいかなと思ったのも一因です。

――      識別…。おお、なんだか弁理士さんらしい…。 

1_meishi
●ピンク色は、士業さんの名刺のなかでもひときわ目立つ!

 ――      現在のお仕事の内容や比率は?

崎山      7~8割が特許・実用新案、2~3割が商標ですね。

――      案件の多くは紹介でしょうか。

崎山      はい、大学時代の先輩からとか、独立以前からおつきあいのある会社さんから…などです。あとはネクストフェイズさんのセミナーや商工会議所で知り合った方々、専門家登録させていただいているところなどから、ちょくちょく声をかけていただいて…といったところです。

――      仕事のもとは、人とのつながりですね。

崎山      本当にそうです。私、人との出会いについて、とても運が強いと思います。とくに大学の先輩からは、そもそも弁理士という職業の存在を教えていただいたし、その後も何かとお仕事を発注していただいたりと、もう恩人中の恩人です。でも、もちろん、ほかにもお世話になっている人がたくさんいるんですよ。

――      ということは、やはり多くの交流会や勉強会、セミナーなどに足を運んでいらっしゃるんですか。

崎山      いえ、私、そういう考え方ではないんですよ。

――      ?? 「仕事を紹介してもらうには、まず自分からどんどん外に出よう」という話を、一般的にはよくお聞きするのですが…。

崎山      私もその点については賛成です。でも、もう少し厳密にいえば、その勉強会やセミナーへの参加について、ちょっとした作戦がありまして…

――      作戦??

(第2回に続きます)

*****************************************************************************

目次
第1回 イメージカラーに優しいピンクを選んだ理由。
第2回 勉強会や交流会についての、崎山「作戦」。
第3回 弁理士資格を取ったら独立しよう。なぜなら…。
第4回 アピールするだけが、強みの活かし方じゃない。
第5回 代書屋になり下がらない、弁理士の新しい仕事。


士業 ブログランキングへ

中小企業診断士 ブログランキングへ
ランキングに参加しました!応援のクリックをお願いします!

関連記事

藤堂武久弁護士/中小企業診断士インタビュー【5】 「ダブル資格の活かし方は?」

東京都千代田区で独立開業している藤堂武久さん。 弁護士であ...

藤堂武久弁護士/中小企業診断士インタビュー【4】 「ダブル資格の活かし方は?」

東京都千代田区で独立開業している藤堂武久さん。 弁護士であ...