本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

藤本忠相行政書士インタビュー【1】
行政書士で、食えますか?

奈良県奈良市で開業している行政書士・藤本忠相さんは、独立11年目を迎えた40歳。
士業のなかでもとくに営業が難しいとの評判を耳にすることもある行政書士ですが、
なんのなんの、藤本さんはスタッフふたりをかかえ、ご自身も大奮闘の日々。
今回の取材では、そんな「行政書士の星!」たる藤本さんが、
ご自身の営業手法を大開放してくださいました。
出てくる出てくる目から鱗のノウハウ&アイデアや具体的なアドバイス、
惜しげもなく語ってくれた手の内の数々…、これはもう、Web上の営業セミナー。
行政書士のみなさん必見必読のインタビュー、5回連載でお届けします。
聞き手は、(株)ネクストフェイズ編集部です。

藤本忠相さんプロフィールはこちら

目次
第1回 スタートは月商5000円。内容証明1通書きました。
第2回 藤本式・「食える」行政書士その1 – 建設業
第3回 藤本式・「食える」行政書士その2 – 相続手続き
第4回 藤本式・「食える」行政書士その3 – 高齢者支援
第5回 ひとりで頑張るな。


 
第1回 スタートは月商5000円。内容証明1通書きました。

藤本      ネクストフェイズさんにお邪魔するのは1年半ぶりです。

――       藤本さんはクラブネクストフェイズ(2011年に創設したネクストフェイズの士業コミュニティ。詳しくは沿革ページへ)の卒業生なんですよね。

藤本      はい、当時は本当にお世話になりました。

――       今は事務所にスタッフがおふたりいらっしゃるとか。順調のご様子ですね。

1_20140902_075920  1_20140902_080459
●ビル1階、駐車場完備の事務所はアクセス良好。落ち着きと明るさに満ちたインテリアも好印象

藤本      おかげさまで(笑)。おひとりには事務を総合的にお願いしていて、もうひとりの方は有資格者です。

――       有資格者!

藤本      まだ入所まもない時期ですので、補助者という形ではありますが。

――       その方とはどうやって?

藤本      普通に、ハローワークで(笑)。もともと有資格者という条件はつけていなかったんですよ。「行政書士事務所の業務に興味があって、長く続けられる方」としか求人票には書きませんでした。本当に好印象で、私はお人柄で決めたんですが、たまたま資格をお持ちだったという(笑)。

――       今後の事業展開も広がっていきそうですね。しかし、スタッフをかかえていらっしゃる行政書士事務所って、どれくらいあるんでしょう。

藤本      はっきりした数字はわかりませんが、1割か、2割か…。だから、所長先生のいる事務所に勤めて実務経験を積んでから独立開業、という行政書士は少ないと思いますよ。経験なく開業した行政書士の方が、圧倒的に多数派でしょうね。

――       そういう点では、藤本さんも多数派でしたね。

藤本      はい、資格は学生時代に取得したんですが、卒業後は全然関係のない仕事をしていました。それが、29歳のときでしたか、「資格持ってるんだから独立したら」って家族に言われて、ああ、じゃあそうしようかなと。

――       カジュアルな起業ですね(笑)。

藤本      カジュアル過ぎて、初めての月商が5000円でした(笑)。

――       5000円!

藤本      内容証明を1通書いたんですよね。(懐かしそうに)

――       広告は打たない、ブログもフェイスブックもほとんど使わない、そんな藤本さんが、今やスタッフを2名かかえるほどに…。今の事業のメインは?

藤本      大きく分けると、建設業、相続手続き、財産管理などの高齢者支援、の3つです。

――       その3つのウェイトはどれくらい?

藤本      お客さんの数? それとも売上額?

――       さ、差し支えなければ、売上額で(笑)。

藤本      あっ(笑)、はい…えーっと(少し考えて)、4:3:3くらいかな。

――       ほぼ等分…理想的ですね。

藤本      ありがとうございます。以前は7:2:1くらいだったんですよ。

――       いつごろから現在のような比率に?

藤本      3年ほど前からでしょうか。今後も建設業界での行政書士需要は変わらずあると思いますが、それでも相続手続きや高齢者支援の比重が高まってくると思います。

1_IMG_3086
●名刺の裏に提供サービスの記載あり。その順番に注目!

――       高齢者、どんどん増えていますもんね。

藤本      ええ、だから行政書士のみなさん、「食えない」なんて、とんでもない。売上アップの余地はいっぱいありますよ!

――       でもどうやってお客さんに出会ったらいいのか…。

藤本      私がお教えしましょう(笑)。

――       いいんですか?

藤本      もちろん! 私、ノウハウは囲い込みしません。クラブネクストフェイズに在籍していたころ、東川さんに教えてもらったことのひとつです。東川さんにはほかにも多くのことを教えていただいて、たとえば私が「食えない」と嘆く行政書士のみなさんにおすすめしたいのは、東川さんが…。

――       弊社の社長の話は置いておきましょう(笑)。

藤本      でも私、たぶん後でまた喋りますよ。

――     今はいいです(笑)。私は藤本さんの営業スタイルを知りたい。

藤本      わかりました(笑)。じゃ、建設業へのアプローチ方法から始めましょうか。

――       やった!

(第2回に続きます)

第1回 本日のまとめ

1回目マトメ
●藤本行政書士のweb上セミナー、始まり始まり~!


藤本忠相行政書士インタビュー <全5回>
「行政書士で、食えますか?」

【もくじ】
第1回 スタートは月商5000円。内容証明1通書きました。
第2回 藤本式・「食える」行政書士その1 – 建設業
第3回 藤本式・「食える」行政書士その2 – 相続手続き
第4回 藤本式・「食える」行政書士その3 – 高齢者支援
第5回 ひとりで頑張るな。


【2019/4/26追記】

藤本忠相行政書士による「相続案件獲得入門セミナー2019」を開催

この取材にご登場くださった藤本忠相行政書士による、相続案件の営業・獲得に特化したノウハウ満載のセミナーを開催します。

また、藤本さんが実際に現場で使っている、
・(営業の第1段階)高齢者の情報が集まるハブに対する営業マニュアル
・(営業の第2段階)高齢者と直接話すときの訪問マニュアル
・料金表

…なども公開。長い時間をかけて何度もマーケティングリサーチを行い、そのたびにバージョンアップしてきた最新版です。貴重な機会をお見逃しなく。

もちろん質問のための時間も設けていますので、聞き足りないこと、もっと深く知りたいことなど、何でも気軽にご相談ください。時間の許す限り、ノウハウを包み隠すことなく、誠心誠意答えると講師の藤本さんもやる気まんまんです。

●日時・会場
・2019/6/28(金)18:00-21:00 DAYS赤坂見附
・2019/6/29(土)15:00-18:00 DAYS赤坂見附
・2019/7/17(水)15:00-18:00 サニーストンホテル<江坂>北館
・2019/7/20(土)15:00-18:00 サニーストンホテル<江坂>北館
●定員 各回 25名
●受講料 6,000円(税込み)
●お申し込みは下記からどうぞ↓

 
 

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る