本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

西守正希税理士インタビュー【1】「創業支援・コンサル型の税理士、生き残り方法は?」

東京都豊島区で開業している税理士、西守正希さん(37歳)。
当初から創業支援を大きく掲げ、順調に業績を伸ばしておられます。
独立3年目ながら、そのビジネスモデルや事務所経営手腕の、まあ見事なこと。
開業前から固めていたビジョン、気になる料金体系、人材採用の試行錯誤、
職員さんの給与システム(驚き!)など、細かくお尋ねしてきました。
聞き手は、ネクストフェイズ編集部です。
ところどころ、同席していたネクストフェイズ代表・東川も入ってきますよ。

というわけで、
推定全国100万人の士業インタビューシリーズファンのみなさま、
前回掲載から長らくお待たせしました。
今回もいつもと変わらず、5回連載でお送りします。

西守正希さんプロフィールはこちら

【もくじ】
第1回 創業者に月額3万も4万も請求できない。だから…
第2回 会計事務所の料金表に、柔軟性を
第3回 会計事務所の人材採用、工夫のしどころ
第4回 創業支援税理士に必要な「法人税務以外」の知識
第5回 若手税理士におすすめ!顧客獲得の具体策
*****************************************************************************

第1回 創業者に月額3万も4万も請求できない。だから…

―― 創業支援、創業融資が多いとお伺いしています。

西守 今年より昨年の方が多かったですね。通常の税務顧問が7~8割、創業も含めた融資のご相談が2~3割というところでしょうか。

―― 創業支援に強くなった経緯は。

西守 もともと創業支援に特化した事務所にしようと思って独立開業したんですよ。独立前に6年ほど税理士法人に勤めていたんですが、そのころに担当していたお客さまに創業支援を行っている事業者さんが多かったということもありますし、私自身が開業するにあたって何か武器というか、強みというか、そういったものが要ると、独立する2年前ぐらいから考え始めまして。

―― 独立前から。

西守 はい。今のご時世、なかなか新規のお客さまの獲得は難しいですよね。もうすでに顧問税理士がいらっしゃるところを営業で…というのは。だから、これからスタートするという方と一緒に。まあ、自分自身もスタートアップみたいなものですから(笑)、一緒に独立してやっていくという方とおつき合いしたほうが近道かなと思いまして。

―― 「創業支援に強い、コンサルティング型」といった、自所の特長をアピールするケースは、たしかに増えています。そういう事務所と西守さんの事務所は、何が違うのでしょう。

ibuki
●西守さんの「いぶき総合会計事務所」サイト。「創業支援」という言葉も明示

西守 「創業支援」というだけでも、実際かなり大きな「強み」なんですよ。もし他の事務所と違いがあるとすれば…。うーん、何かな…。「先行サービス型」とはいえるかもしれません。

―― 先行サービス型?

西守 ええ、たとえば「コンサル型」をうたう税理士事務所って、顧問料が少し高めだったりしませんか。

□ 初年度は、少額報酬で

西守 でもね、私が行っているのは創業支援なんですよ。創業者がいきなり毎月3万や4万、あるいは5万とか10万とかの顧問料を負担できるかっていうと…

―― 難しいですよね。

西守 ですから弊所では、初年度はとても低額です。でもだからといって、サービスの質は落としていません。お客さまの売上をアップさせるためのコンサルティングも、しっかり行います。

―― それが、サービス先行型。

西守 はい、そして、「一緒に売上を上げていこうよ」という提案をするんです。で、きちんとコンサルティングして、「もし業績が上がったら、顧問料も上がります」と。

―― 年商で顧問料が変わるという料金表はよく見かけますが、わりとざっくりしていますよね。まずは年商1000万円まで、その次は3000万円まで、次は5000万円までとか。

西守 年商だけじゃなく、私の事務所ではもう少し細かく条件を規定しているんですよ。

(ここで東川登場)

東川 もちろん年商が上がれば顧問料もアップという料金体系の税理士事務所は多いんやけど、西守さんほど細かく条件を分けて、料金表を組んでいる方はなかなかいませんよ。

西守 そうなんですか。

東川 「売上アップしたら顧問料も上げてね」なんて、冗談めかした口約束程度では言うかもしれへんけれど、西守さんところみたいにちゃんと契約書を交わしている事務所は、ほぼないと思います。

―― 今もし料金表をお持ちでしたら、見せていただくことはできますか。

西守 えっと、あったかな…(カバンをごそごそ…)、あ、これですね。

―― こ、細かい! こんなの見たことないです。ちょっと詳しくお尋ねしていいですか。

西守 どうぞどうぞ(笑)。

―― たとえば…、えー、こんなに細かいと、どのタイミングで顧問料が値上がりするんでしょうか。

西守 まず全体の考え方から言いますと…。

(第2回につづきます)

*****************************************************************************
西守正希税理士インタビュー <全5回>
「創業支援・コンサル型の税理士、生き残り方法は?」

【もくじ】
第1回 創業者に月額3万も4万も請求できない。だから…
第2回 会計事務所の料金表に、柔軟性を
第3回 会計事務所の人材採用、工夫のしどころ
第4回 創業支援税理士に必要な「法人税務以外」の知識
第5回 若手税理士におすすめ!顧客獲得の具体策
*****************************************************************************

☆西守さんが実際に手がけた融資事例を、融資コンサルタント協会サイトにアップしています。ぜひあわせてご覧ください。
IMG_6684_nishimori
●融資コンサルタント協会→融資事例→「補助金の採択歴が…」

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る