自分にピッタリの【補助金情報・助成金情報】の見つけ方

補助金・助成金情報を見つけるのには、このサイトが便利です。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
ブログやメールマガジンで、補助金や助成金の情報を発信していると、経営者から、
うちの会社にピッタリの補助金・助成金情報はないですか
という相談をとてもされます。

そんなとき、
ここに行けば、補助金や助成金情報が手に入りますよ
とお伝えしているサイトがいくつかあります。

いちばん補助金・助成金情報を見つけやすいサイト

補助金や助成金情報を入手できるサイトはたくさんありますが、
その中でも、一番見つけやすいとヒガシカワが思っているサイトが、
中小企業ビジネス支援サイト【J-Net21】
です。

   

「J-Net21」での補助金・助成金情報の見つけ方

それでは、実際に「J-Net21」のサイトで、「自分にピッタリの補助金・助成金」を
見つける方法について説明します。

(1)サイト最上部の「J-Net21」のロゴの下に、
「経営課題を解決する」「支援情報(資金・セミナー)を探す」「起業をする」
「特集・ニュースを見る」
という項目から「支援情報(資金・セミナー)を探す」を選ぶ

(2)「セミナー・イベント」「補助金・助成金・公募」「調査・報告・お知らせ」という
3つのバナーが出るので、真ん中にある「補助金・助成金・公募」バナーをクリック

(3)「セミナー・イベント」「補助金・助成金・公募」「調査・報告・お知らせ」タグの下に、
「地域・分野を選択する」という項目の下に「地域を選択」「利用目的を選択」「支援制度を選択」
とあるので、まず、一番左にある「地域を選択」をクリックし、自社のある都道府県を選択

(4)一番右にある「支援制度を選択」をクリックし、「補助金・助成金、委託費」を選択

(5)「検索」ボタンをクリック

(6)出てきた補助金や助成金の数が多すぎる場合は、真ん中にある
「利用目的を選択」をクリックし、自分たちが求めている「理由目的」を選択し、クリック

(7)現れた補助金・助成金を一覧し、自分たちが使えそうな補助金・助成金の項目をクリックし、
詳細情報を入手する

 

他の補助金・助成金情報が入手できるサイト

【J-Net21】以外にも、補助金・助成金情報が入手できるサイトがあります。
私がよく見に行くのは、

(1) 中小企業庁サイト【現在公募中の支援事業・補助金等】
https://www.chusho.meti.go.jp/hojyokin/index.htm
現在、経済産業省や中小企業庁が募集している補助金情報が一括で手に入るサイトです。

(2) 公益財団法人助成財団センター
http://www.jfc.or.jp/grant-search/guide/
経済産業省の補助金や厚生労働省の助成金といったビジネス系以外の助成金の情報を
手に入れられるサイトです。民間の助成型財団等の助成金情報をデータ検索できるようになっています。

(3) 事業主の方のための雇用関係助成金
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/index.html
厚生労働省のサイトです。雇用関係助成金の情報が一括で手に入ります。

 

【みんなの助成金】サイトも使い勝手が良い

最近、よく利用しているのが
【みんなの助成金】
https://www.minnano-joseikin.com/
というサイトです。
なぜ、よく利用しているかというと、3つの理由があるからです。

(1)情報量が多い
国や都道府県の情報だけでなく、市町村単位や、民間の補助金・助成金情報まであるので、
「ミラサポ」や「J-Net21」では、入手できない情報が数多く掲載されています。

(2)使える情報が多い
多くの種類の補助金や助成金が募集されていますが、一般的な中小企業が
利用出来ないものも少なくありません。
このサイトでは、現役の行政書士・社労士・税理士が本当に使える助成金のみを
ピックアップしているので、必要な情報のみを見つけることができます。

(3)締切が迫っている補助金・助成金を教えてくれる
このサイトのトップページの下の方に、「締切が迫っている助成金」というパートがあり、
間もなく募集が終了する補助金・助成金を紹介しています。
これをチェックしておくことで、
こんな助成金があったんだ。知らなかった。残念!
という状況になるのを防ぐことができます。

使いやすいサイトなのですが、難点がひとつあります。
それは、

「利用するにあたっては、月額1,000円の会費が必要」

ということなのです。
そう、このサイトは、無料ではありません。

なので、
毎月の会費を払ってまで、補助金や助成金情報を調べるつもりはない
と考える方は、このサイトを利用すべきではないでしょうね。

ただ、1ヶ月間は無料でお試しで利用できるということなので、
とりあえずは、無料で使ってみて、その後、会員登録をするかどうか、
判断されてみてはいかがでしょうか。


 
補助金・助成金獲得のサポートは、経営者からとても人気があります。
ただ、それだけで終わっている専門家も少なくありません。

補助金・助成金が獲得出来たなら、その後、提案できる業務があります。
それが、
「つなぎ融資獲得サポート」
です。

補助金を獲得したのを材料に金融機関に「つなぎ融資」を申し込めば、
資金調達がしやすくなりますよ

と、言うだけで、補助金・助成金獲得後の仕事につながります。

そんな「つなぎ融資」を円滑に引き出せるノウハウについてのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 6月25日(火)、7月15日(月)、24日(水)、25日(木)、26日(金)、29日(月)
 
(大阪) 6月19日(水)、24日(月)、7月10日(水)、11日(木)、19日(金)、23日(火)
  
※8月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください
 

関連記事

金融検査マニュアルの廃止は、士業にとってのビジネスチャンス

金融検査マニュアルは12月で廃止となります こんにちは...