本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

仲間を増やしたい理由

「なぜ、FPや士業に対して「融資に強い専門家になるためのスキルやノウハウ」を
伝えようとしているのか?」

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
昨日、あるセミナーで集客について学んできました。
そこで、学んだことは、
セミナーの集客を行うためには、あなたが、そのセミナーをする大義名分がなければならない。
そして、その大義名分を、ストーリーで伝えることで、より伝わりやすくなる

ということでした。

ですので、今回は、ヒガシカワが
「なぜ、FPや士業に対して「融資に強い専門家になるためのスキルやノウハウ」を
伝えようとしているのか?」
について、お伝えさせていただきます。

【融資に強いFP・士業養成講座】を行う理由

14年前、勤めていた金融機関が破綻しました。
当日まで、自分の会社がつぶれることを知りませんでした。
昼ごはんを食べているときに見ていたテレビのニュースで知ったのです。

当時の私は多くの取引先をかかえていました。
突然の破綻で、約束していた取引先に対して融資ができなくなりました。

その結果、3社が廃業に追い込まれました。
私をとてもかわいがってくれた社長の会社が潰れるのを、ただ見ていることしかできなかった
自分の無力さがとても悔しかった。
廃業となった一番の要因は、
経営者が金融機関との上手なつきあい方を知らなかった
ことでした。

担当者だったにもかかわらず、それを担当先の社長に伝えることができなかったという悔しさから、
「金融機関との上手なつきあい方」を、できるだけ多くの中小企業に伝え、
それらの企業の成長や発展に貢献する

という使命(ミッション)を胸に抱き、経営コンサルタントとして独立しました。

最初の2年は、顧客が獲得できず、いつも追い詰められている気分になっていました。
2年を超えたころから、だんだんと「紹介で顧客を獲得するしくみ」をつくることができ、
2年半を過ぎると、顧問先が30社ほどになりました。

そうなると、それ以上、中小企業の面倒を見ることができません。
これでは、「できるだけ多くの経営者に金融機関との上手なつきあい方を伝える」という
自分の使命が全うできない
」と悩みました。

そのときに、ある税理士から
私のクライアントにもアドバイスしたいので、ヒガシカワが持っている
「金融機関との上手なつきあい方」のノウハウを教えてもらえませんか?

と頼まれたのです。

そこで、気がついたのが、
「自分一人がどれだけ頑張っても、日本中のすべての経営者にノウハウを伝えることはできない。
自分の持っているスキル・ノウハウを、志のある士業やコンサルタントの方々に伝えることで、
貢献できる中小企業を増やしていこう

ということでした。

士業の中には、
中小企業の成長や発展に貢献したい
という想いはあるものの、貢献できるチャンスに恵まれないため、思うような報酬を得ることができず
悩んでいる方が少なくありません。

そういった「想い」のある仲間の人たちに、私のノウハウを伝授することができれば、
その士業やコンサルタントが関与する中小企業は、資金調達に困らず、本業に専念でき、
自分たちが成長・発展し続けることができる。
その成長発見に貢献した結果、士業やコンサルタントは、自分たちが満足できる報酬を得ることができる。

それだけでなく、
「融資はしたいが、なかなか融資できる中小企業が見つからない」
と悩んでいる銀行にも、喜んでもらうことができる。

そんな【三方よし】の状況を作り出せる士業やコンサルタントを数多く育成することで、
できる限り多くの中小企業の成長と発展に貢献したいと思い、士業やFPに対して
「融資に強い専門家になるためのスキルやノウハウ」
を、私は伝えているのです。

東川 仁

融資に強い専門家になることで、資金繰りに困っている中小企業や、これからもっと成長・発展
していきたいと考えている中小企業に貢献することができるようになります。

関与する中小企業の成長・発展に貢献することができれば、その経営者たちとの結びつきは、
より強くなり、一生、おつきあいできる関係を築くことができます

そんな、関与する中小企業の成長・発展に貢献出来るようになるためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
https://www.npc.bz/fp-shigyou/

 
(東京) 6月2日(残1席)、6日(満席)、15日(満席)、16日(金)、17日(土)
  
(大阪) 6月9日(残3席)、14日(水)、27日(火)、28日(水)、7月13日(木)
 
※7月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る