本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

事業者向けオンラインセミナーを行います。【2回目のコロナ融資を確実に借りるために行うべきこと】

中小企業をはじめとする事業者が、2回目の新型コロナ融資(追加融資)を借りるためのポイントをお知らせするオンラインセミナーです。(60名限定)※士業・コンサルタントも受講可

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。

2020年12月25日(金)にオンラインセミナーを事業者向けに行うことにしました。

●事業者向けオンラインセミナー「2回目のコロナ融資を確実に借りるために行うべきこと」

私は日ごろ、士業・コンサルタント向けにセミナーを行っています。しかし今こそ、事業者に直接お話したいと強く思ったのです。なぜなら…
 

「2回目のコロナ融資」で断られている事例が増えている

近ごろ金融機関、ネクストフェイズが運営する融資コンサルタント会員、また一般の士業・コンサルタントと話をしていて、「2回目のコロナ融資を断られている事例が増えている傾向にある」という話がよく聞かれるようになりました。

私は以前から士業・コンサルタントに、「2回目のコロナ融資は審査のハードルが上がるので、顧客が申請をする際は十分に準備するようにサポートしてください」とお伝えしていました。

また次のようにも士業・コンサルタントにお知らせしてきました。

ヒガシカワ
2回目のコロナ融資は審査のハードルが上がるので

申請する際はしっかり準備しないと断られる可能性が高くなります

しかも1度断られると、次に申し込めるのは3ヶ月以上先になります

そうなると資金繰りが厳しくなるため
安易に2回目のコロナ融資を申し込んではいけません…と、

周りの経営者に今のうちにお知らせしてくださいね


 
しかしそれでも、準備不足で申し込んで否決される事例が増えているのです。まだまだ私はチカラ不足。さらに広く、また事業者に直接お話ししたいと思ったいちばんの理由です。
 

実際に受講した経営者から好評

同様のセミナーを大阪商工会議所で2020年11月17日(火)に行ったところ、事業者からご好評をいただけたのも、今回の事業者向けセミナーを企画した理由のひとつです。参加者は、ざっと100名ほどでした。

実際に受講した事業者からは、「経営者として必須の内容だと思いました。多くの経営者に知ってもらいたいですね」との感想を、直後の交流会で数多くいただけたのです。今回の企画に、強く背中を押してもらえました。

また後日、大阪商工会議所の担当者からは、「セミナー満足度95.6%」というありがたいアンケート結果もいただけました。受講者の満足度の高さに担当者も喜んでくださり、私もうれしい限りです。

アンケート結果にあった「参加前と比較してプラスになった点」(複数回答)としては、以下のとおりです。

資金調達を考える上で参考になった 66.7%
参考となる知識・ノウハウが得られ、経営力が向上した 48.3%

 
当日の様子は、こちらの過去記事でもお知らせしています。
●中小企業は今こそ金融機関との関係づくりを求めている

中小企業は今こそ金融機関との関係づくりを求めている


 

2回目のコロナ融資は必ず審査のハードルは上がる

多くの事業者は、こんなふうに考えているようです。

事業者
1回目のコロナ融資を申請したときと

感染状況はほとんど変わっていない。むしろ悪化しているのだから

2回目のコロナ融資も
1回目と同様にスムーズに出してもらえるのではないか


 
しかし残念ながら、2回目のコロナ融資(追加融資)は、かならず審査のハードルは上がります。

実際には審査のハードルが上がるのではなく、金融機関が本来の審査体制(返済可能性を重視)に戻るだけです。しかしその「本来の審査体制」は、1回目のコロナ融資でスムーズに借りられた事業者にとって「ハードルが上がった」と感じられるでしょう。
 

事前に準備をして臨めば、2回目のコロナ融資も借りられる

実は前回のコロナ融資ラッシュのころ、審査側も「コロナの状況が落ち着けば売上は元に戻る」と考えていたため、審査は甘々になっていました。

しかしコロナの状況がもうしばらく続きそうな今、「コロナの状況がこのまま推移しても、返済できるかどうか」という見方をするようになりました。

少なくとも「コロナの状況がこのまま続いても返済できる根拠」を示さないことには、金融機関は2回目のコロナ融資に対して厳しいスタンス(…というより、正確には「通常の審査体制」)で臨むしかないのです。

決算書や試算表「以外」の何の資料も持たずに2回目の融資を申し込んでも、借入額が増えすぎているため、「返済できない可能性が高い」と判断されて否決されるでしょう。
 

事業者向け「2回目のコロナ融資」オンラインセミナーの内容

今回の事業者向けオンラインセミナーでは、「2回目のコロナ融資を確実に借りるために経営者が知っておくべきこと」をテーマに、以下についてお話ししましょう。

(1)コロナショック後の金融機関を取り巻く環境
(2)現在募集中の主なコロナ融資について
(3)新規取引に積極的な金融機関と取引するには
(4)2回目のコロナ融資における金融機関のチェックポイント
(5)2回目のコロナ融資をスムーズに借りるために行っておくべきこと
 

講師

講師は私、ヒガシカワが担当します。

●東川 仁(ひがしかわ・じん)
株式会社ネクストフェイズ 代表取締役
一般社団法人融資コンサルタント協会 代表理事/中小企業診断士

講師プロフィール
●13年間勤務した地域金融機関が破綻。退職後、資金調達コンサルタント・経営コンサルタントとして独立。金融機関担当者 として13年、資金調達コンサルタントとして17年、計30年以上、延べ3000人以上の経営者に対し資金調達コンサルティングを行ってきた。

銀行員や金融機関職員に対するセミナー・研修・講演を行った金融機関は全国50行以上。また、金融機関職員なら誰でも知っている業界誌『近代セールス』で、 2010年より銀行員・金融機関職員向けの記事を連載。

●2016年に、税理士・中小企業診断士・行政書士をはじめ現在700名以上の会員が所属する「一般社団法人融資コンサルタント協会」を設立。融資に役立つ研修、業界の最新情報、顧客獲得に有用なツールを提供するなど、融資に強い専門家の育成に励んでいる。
 

開催概要

<日程>
2020年12月25日(金) 15:00~16:30

<場所>
オンライン(Zoom)
 
<定員>
60名
 

受講料

7,000円+消費税
 

申込方法

下記ページからお申し込みください。

●事業者向けオンラインセミナー【2回目のコロナ融資を確実に借りるために行うべきこと】

このオンラインセミナーは基本的に事業者向けです。しかし事業者に貢献したいと考えている士業やコンサルタントの受講も歓迎します。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る