本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

事業者向けオンラインセミナー【2回目のコロナ融資を確実に借りるために行うべきこと】

2020年末から2021年春にかけて、2回目の「新型コロナ融資申請ラッシュ」が、かなり高い確率で始まると予想されます。

事業者のみなさん、今のうちから準備できることを行いませんか?

いつもは税理士をはじめ資金繰りのプロフェッショナルを前に話すヒガシカワが、今回あらためて事業者のみなさんに向け、「2回目のコロナ融資を確実に借りる」ためのノウハウを直接お知らせするセミナーをオンラインで行います。

    

2020年3~6月に起こった、1回目のコロナ融資申請ラッシュ。100万社以上の中小企業が、この時期に融資を申し込んでいます。ひと息つけた経営者も多いでしょう。

しかし、当時の日本政策金融公庫や信用保証協会が融資の目処としていたのは、「月商の3ヶ月程度」「固定費の8ヶ月から10ヶ月程度」

さらにまったくの当初のころは、据置期間「半年」「1年」といった融資も多かったのです。それ以上の据置期間の融資が実行されるようになったのは、ようやく5月~6月ごろでしょうか。

●あのとき借りた資金が、底をついてきた
そろそろ返済が始まってしまう

 
悩む経営者からの声が、多く聞かれています。あなただけではありません。資金繰りが苦しい経営者が今、とても増えているのです。

ところが2回目のコロナ融資が、1回目ほどスムーズにおりないのが問題。

というのも1回目のコロナ融資ではスピードを重視していたため、「要件(前年同月比売上が5%~20%以上減少)さえ満たしていれば…」と公庫や保証協会の審査が甘くなりがちだったからです。

2回目のコロナ融資では前回より金融機関も人員を整え、しっかり審査をするため(売上減少は本当に新型コロナの影響なのか? など)、そう簡単には通りません。事実、10月に入って、かなりの中小企業が追加融資を断られています

実は、「2回目のコロナ融資を申請する経営者」が知っておかなければならないことが、4つあります。

●2回目のコロナ融資は、1回目に比べて格段にハードルが高くなる

●1度融資を申し込んで断られると、少なくとも3ヶ月は申請できない

準備をせずに2回目のコロナ融資を申し込んでは絶対にいけない

●いきなり金融機関に行くのではなく、まず専門家に相談する

 
上記の内容を踏まえ、「2回目のコロナ融資を確実に借りるために、中小企業が行っておくべきこと」についてお話ししましょう。

    

セミナーの内容

(1)コロナショック後の金融機関を取り巻く環境
(2)現在募集中の主なコロナ融資について
(3)新規取引に積極的な金融機関と取引するには
(4)2回目のコロナ融資における金融機関のチェックポイント
(5)2回目のコロナ融資をスムーズに借りるために行っておくべきこと

※内容は様々な環境の変化により変更になることがございます。予めご了承ください
 

講師・東川 仁

●東川 仁(ひがしかわ・じん)
株式会社ネクストフェイズ 代表取締役
一般社団法人融資コンサルタント協会 代表理事/中小企業診断士

講師プロフィール
●13年間勤務した地域金融機関が破綻。退職後、資金調達コンサルタント・経営コンサルタントとして独立。金融機関担当者 として13年、資金調達コンサルタントとして17年、計30年以上、延べ3000人以上の経営者に対し資金調達コンサルティングを行ってきた。

銀行員や金融機関職員に対するセミナー・研修・講演を行った金融機関は全国50行以上。また、金融機関職員なら誰でも知っている業界誌『近代セールス』で、 2010年より銀行員・金融機関職員向けの記事を連載。

●2016年に、税理士・中小企業診断士・行政書士をはじめ現在700名以上の会員が所属する「一般社団法人融資コンサルタント協会」を設立。融資に役立つ研修、業界の最新情報、顧客獲得に有用なツールを提供するなど、融資に強い専門家の育成に励んでいる。


●近ごろはZoomでのオンライン発信も増えています

開催概要

<日程>
2020年12月25日(金) 15:00~16:30

<場所>
オンライン(Zoom)
 
<定員>
60名
 

受講料

7,000円+消費税
 

お問い合わせ

株式会社ネクストフェイズ 〒564-0051大阪府吹田市豊津町40-6-311
電話:06-6380-1259 メール:info@npc.bz 担当:東川
 

お申し込み


住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る