本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

帳簿をつけていない事業主がコロナ貸付を申し込むためには

ごく簡易な帳簿フォーマットを作りました。必要な方は、文中からダウンロードください。

【動画】

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
今、ネクストフェイズと一般社団法人融資コンサルタント協会には、
新型コロナウイルス対応融資」に関する相談や問い合わせが数多く寄せられています。
 

帳簿をつけていない事業者からの問い合わせ

とくに多いのが以下の問い合わせです。

売上が激減して資金繰りが苦しいのでお金を借りたいが、
どこに申し込めばいいかわからない

そのうち多くは、
今まで日本政策金融公庫との取引がなく、懇意にしている金融機関も持っていません。

そういった方に対しては、以下のようにご回答しています。

日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」
に申し込んでください。

今ならインターネットで受け付けているので、
すぐに申し込みだけでもしておきましょう。

必要書類が送られてくるので、その書類に必要事項を書いて返送してください。
1ヶ月ぐらい後に、担当者から連絡が来ると思います。

その時に準備しておく書類は、

①一昨年の確定申告書
②昨年の確定申告書
③今年の売上額がわかる帳簿等

が必要です

しかし多いのが、以下のような声です。

相談者
①昨年と
②一昨年の確定申告書はありますが…
 
③今年の帳簿はつけていません

 
そこで私もお話しします。

ヒガシカワ
新型コロナウイルス感染症特別貸付は
昨年と今年の同じ月の売上が
5%以上下がっていないと借りられない
ので
今年の売上がわかる資料が必要です

それを見せることができなければ
公庫の担当者がどれだけ親切でも
取り扱ってもらうことができないのですよ


 
もちろん相談者は「どうすればいいでしょう」と困ってしまいます。

では、帳簿をつけていない事業者は、
日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付に申し込めないのでしょうか。
 

帳簿をつけていなければ、簡易なもので申請しよう

そんなとき、私はこうお答えしています。

記憶にある売上や、仕入れ、経費でいいので、それを書き出してください。
最悪の場合、売上だけのメモでも結構です。
極端に言うと、正確でなくても構いません。
だいたいでいいですから、それを書いた「何か」を作ってください。
それさえ作っておけば、公庫の担当者は話を聞いてくれますから

コンサルタントとして、かなり乱暴なことを言っているのは自覚しています。

が、真面目な事業者であればあるほど、「正確な帳簿を出さなければいけない」と思っています。
「明らかに間違った帳簿」や「不正に借りるために恣意的に売上を少なくした帳簿」は論外ですが、
本当に売上が下がって資金繰りが苦しいのであれば、
体感的な「だいたいの売上額」でいいので、それを表したメモがあれば、
今の公庫の担当者なら何とか貸そうと努力してくれています。

だからとりあえずは「メモ書き程度の帳簿」(ごく簡易な帳簿)でもいいのです

でも相談してくる事業主の多くは、どんなものを作ればよいかわかりません。
そんな方々のために「メモ書き程度の帳簿」(ごく簡易な帳簿)、
いわば「帳簿もどき」のフォーマットをつくりました。
 

簡易帳簿フォーマットの使い方

まず、私が作成した簡易帳簿フォーマットをコチラからダウンロードしてください。
  → 【簡易帳簿】フォーマット
 

(1)「令和1年度売上・支出一覧表」に、確定申告の数字を転記する

「売上」「仕入れ」「経費」の金額がわかれば、それをすべて入力してください。
「仕入れ」「経費」の金額がわからなければ、「売上」だけでも構いません

「計算式あり」のフォーマットには計算式を入れていますので、
数字を入力するとそのまま「収支」や「合計」が計算されます。

ここで重要なのは、

「確定申告の数字」と、「売上」「仕入れ」「経費」の数字が合致している

 
ことです。
 
<簡易帳簿記入例(令和1年度売上・支出一覧表)>

 

(2)記憶にしたがい、「令和2年度売上・支出一覧表」に数字を入れる

今年の1月から前月までの、「売上」「仕入れ」「経費」の数字を入力してください。
だいたいの金額で構いません。記憶の中にある数字で結構です。

「仕入れ」「経費」の数字がわからなければ、「売上」の数字だけでも構いません
「売上」の数字がなければ、融資してもらえないのです。何とか記入してください。

理想は、

預金口座に入金がある売上の合計が、このフォーマットに書き入れる売上金額に近い

という状態です。

<簡易帳簿記入例(令和2年度売上・支出一覧表)>

 

(3)新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書を作成する

●まず、「新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書」をコチラからダウンロードしてください。
→ 「新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書」フォーマット

●次に、上記の「令和1年度売上・支出一覧表」と「令和2年度売上・支出一覧表」の直近の月の売上額を使って、「新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書」を作成してください。

<「新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書」記入例>


  

士業・コンサルタントにお願いしたいこと

今回、私が準備したフォーマットは、レベルの高い士業・コンサルタントの方々にとっては、
何じゃこれは
と思うほどざっくりしたものです。

もちろん私も、帳簿は正確につけなけば、と思っています。

しかし日々の仕事に追われて、
まともに毎月、きちんと帳簿整理ができている零細事業者はほとんどいません

今から帳簿整理の作業をしなさいとアドバイスしても、途方にくれるばかりです。

だから、簡単なフォーマットが必要なのです。

今、公庫の方々は、そういう零細企業の方々にも貸せるようにしようと一生懸命になっています。
こんな簡単な内容のフォーマットでも、
前向きに融資をしようとしている公庫にとってとても助かる資料
になります。

あなたの周りにいる零細企業の方々に、このフォーマットを渡してご説明ください。
それだけで、公庫に融資を申し込むことの出来る事業者は増えます
それだけで、何とか助かる事業者を増やすことができるのです

売上が減って今こそ融資を必要としながらも、
何をしていいかわからない事業主が、まだまだたくさんいます。
士業・コンサルタントのみなさんのご協力をよろしくお願いします。


※ネクストフェイズのメールマガジン

株式会社ネクストフェイズは、週に2回メールマガジンを発行しています。

新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で資金繰りに悩む中小企業経営者が知りたい情報

をはじめ、

融資を引き出すノウハウ
補助金、助成金といった中小企業支援施策の最新情報

などを積極的にお送りしています。

士業やコンサルタントの方は、顧問先など中小企業経営者へのアドバイスにぜひお役立てください。下記ページから登録できます。

【「依頼を確実に引き寄せる繁盛士業への道」メールマガジン登録】
 


なお新型コロナウイルス影響下の資金繰り支援策の最新情報はこちらからご覧ください。


●事業者のみなさまへ
「資金繰りに不安があるので融資を申し込みたいが、どうしていいかわからない」
「顧問税理士がおらず、身近にお金のことを相談できる相手がいない」

といった悩みがありましたら、
ネクストフェイズが運営する一般社団法人融資コンサルタント協会のページから、
お近くの会員を検索し、連絡を取ってご相談ください。


※近隣に会員がいなければ、地域を広げて「遠距離対応可」にチェックを入れて再度検索ください
※ネクストフェイズおよび融資コンサルタント協会は会員の紹介個別の取り次ぎを一切行っておりません

会員全員が、ヒガシカワ自ら講師を務める融資の専門研修を受け、
「中小企業の役に立ちたい」との志で日々活動しています。
 

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る