本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

【最新情報】公庫の特別貸付の据置期間は2年ぐらいがいいみたいです

2020年3月23日にお伝えした情報より、据置期間は少し長めでもよさそうです。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。

私も自社の資金調達や情報収集のために、公庫や信用保証協会、自治体、金融機関へ足繁く訪問しています。※おかげさまで3つの金融機関から2500万円の資金を確保できる見通しとなりました

現場に足を運ぶと、ネットでは手に入らない生の情報をたくさん入手することができます。また、一般社団法人融資コンサルタント協会の会員からも、現場の情報が日々どんどん送られてきます。

 

ある会員は「3年」を「2年」に短縮

先日の3月23日のブログで、「公庫の【新型コロナウイルス感染症特別貸付】の据え置き期間は、6ヶ月ぐらいしか認めてもらえない可能性が高い」という内容を発表しました。

【公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付の「実質的な」据置期間】

しかし別の会員から、ご自身が3月24日に公庫の担当者と交渉した内容についての情報が提供されましたのでお知らせします。

その会員は当初、3年間の返済据置ということで申し込みました。が、公庫の担当者から「積極的な理由付けがない場合は、据置2年が妥当」と言われ、2年での申し込みを勧められたとのこと。

3月24日はオリンピックが延期されるかどうか検討されていた時期でもあり、公庫内にも「新型コロナウイルスの影響は長く続くかもしれない」という雰囲気もあるようです。が、積極的な理由付けがない場合、3年は難しいようでした。
 

支店によって、また個別の案件内容によって

こういった雰囲気は、支店によっても変わります。影響が少ない地域での支店では据置期間が短くなりがちでしょうし、影響が長引きそうだと考えている支店では据置期間が長くなる傾向がありそうです。また、もちろん申込者の個別の案件内容によっても変わってくるでしょう。

ただ、3月24日深夜のオリンピック延期決定を受けて、日本全体で「大変な状況になっている」という雰囲気が醸成されているため、全体的にはコロナウイルスの影響が長引くという認識になってきているようです。

 

ヒガシカワが取材した公庫担当者は「今は1~2年が多い」

私が実際に公庫に取材したところ、「今は、据置期間を1~2年にするケースが多い」とのことでした。制度上は5年の据置期間がありますが、実務上は1~2年が妥当だと考えているようです。

あまり長期の据置期間を希望すると、その「期間」が適度かどうかの審査に時間がかかってしまいます。そして待たされた上、結局は据置期間を短縮されることもあるようですので、申し込む際は2年程度の据置期間を希望されることをお勧めします。


中小企業の経営者は、こういう緊急事態ではどうすればいいかわからず不安になってしまいます。

そんなときに士業やコンサルタントが金融機関の現場状況を伝え、的確なアドバイスを行えば、経営者は安心して本業に専念することができるようになります。

頼りにされる士業やコンサルタントになるためには、公庫や地元金融機関の担当者とパイプを構築することが一番重要。パイプさえあれば、いざという時に現場の情報収集ができます。

そんな「金融機関とのパイプの築き方」についてのヒントが手に入ります。

●元・金融機関融資担当が講師! 「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー

 
(東京) 4月3日(金)、9日(木)、10日(金)、21日(火)、22日(水)
 
(大阪) 4月1日(水)、2日(木)、18日(土)、23日(木)
   
※5月以降も日程あり。詳しくは上記ページをご参照ください
 

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る