税理士は最強の資格

「税理士は、世の中で一番、中小企業に貢献できる資格である」と、私は思っています。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
最近、独立を考えている税理士の方と話していると、その多くが、強い危機感を持たれています。
AIの発達により、業務の多くがAIに取って代わられてしまい、顧客が減少し、
価格競争に巻き込まれ
ると言われる方も少なくありません。

でも、本当にそうなのでしょうか?
私は違うと思います。
ある面、税理士というのは最強の資格だと思っていますから。

中小企業診断士や弁護士、行政書士や社会保険労務士等いろいろな資格がありますが、
税理士ほど中小企業と接点を持っている資格はありません
時代が進んだとしても、記帳代行や税務申告で、税理士のサポートが必要な中小企業は、
なくならないと思っています。
ただし、その業務だけだと客単価はどんどん下がっていくでしょうけれど・・・

税理士の強みは、「中小企業との接点を持てていること」ですね。
私は、「融資サポートをメインとした経営コンサルタント」として独立したときに、
顧客獲得でとても苦労しました。

もともと金融機関出身だったので、融資のサポートをするノウハウは持っていました。
しかし、資格も人脈も経験もなかったため、人からは
自称経営コンサルタント
という、いささか怪しいイメージを持たれていたようで、相談がなかなか来ませんでした。

そこから、毎週1回の「融資セミナー」を1年間続けたり、知り合った経営者や
士業のクライアントに対して融資のサポートを無料で行ったり、
商工会議所や金融機関に積極的に営業をかけたりしたことで、だんだんと、
ヒガシカワは融資に詳しいな
ということが、多くの方に浸透しました。
その結果、多くの相談につながったのです。
そこまでになるのに、2年半かかりました

その後、ある税理士から
ヒガシカワさんのように融資のサポートができる税理士になりたいので、
そのノウハウを教えてください

と頼まれ、そのノウハウを伝えました。

ノウハウを学んだ後、彼は、周りの経営者や知り合いの士業の方々に
融資に強い税理士です。融資の相談に乗ります
と言いまくったところ、最初の3ヶ月間で8件もの相談を受けました。

そのすべての融資を成功させた結果、8件とも顧問契約に繋がったのです。

それを見て、
「私は、顧客から相談がどんどんやってくるまでに、2年半かかったのに、
彼は3ヶ月でそうなっている。なぜ、こんなに差があるのか?」
と疑問に思い、いろいろと調べました。

そこでわかったことは、
 1.税理士というだけで信用されるので、相談しやすい 
 2.多くの中小企業経営者との接点がある
 3.中小企業の経営者は、実は税理士からのアドバイスを求めている

ということでした。

それから、
「なるほど、中小企業を支援するための最強の資格は税理士なんだ
と思うようになりました。

だからこそ、
できるだけ多くの中小企業に対し、金融機関との上手なつきあい方を伝える
という使命を持って活動していた私は、
「融資のサポートが出来るノウハウを税理士に伝えて、
金融機関との上手なつきあい方ができる中小企業を、もっともっと増やしていこう」
と思い、現在行っている
融資に強いFP・士業養成講座
の前身である
銀行同行税理士養成講座
を開講しました。

それが現在まで続き、500名超の
「融資に強いFP・士業・コンサルタント」
の育成につながりました。

税理士は、世の中で一番、中小企業に貢献できる資格である
という事実を認識し、自信を持って活動してもらいたいと思います。


 
税理士が最強の資格たる所以は、
中小企業の成長と発展に一番貢献できる
からに他なりません。

経理代行や税務申告業務だけなら、将来的には、AIやコンピューターに取って代わられてしまいます。
以前は、経理代行や税務申告業務でも、中小企業に対する貢献度は高かったのですが、
時代が変わりました。

これから税理士が「中小企業の成長や発展に貢献する」ためには、
顧問先の経営課題を解決するためのアドバイス
が出来るようになる必要があります。

それができてはじめて
「最強の資格」
となるでしょう。

そんな、
中小企業の経営課題を解決するためのアドバイスが出来る専門家になるためのヒント
が手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 2月7日(木)、8日(金)、12日(火)、22日(金)、23日(土)、3月6日(水)
 
(大阪) 2月5日(火)、16日(土)、18日(月)、26日(火)、3月2日(土)、12日(火)
 
※3月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください
  

ズバリ回答! どんな領収書でも経費で落とす方法
大村 大次郎
宝島社
売り上げランキング: 988

関連記事

スモールM&Aアドバイザー養成講座(初級編ではありません)開講します。

今回の講座の目玉は、「スモールM&Aの案件発掘方法」です。 ...

経営革新等支援機関の更新に関する、よくある質問

顧問先1件あれば、認定支援機関の更新要件を満たすことは可能で...