本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

「事業承継」「小規模M&A」の士業・コンサルタント向けセミナーは増加中。しかし…

それだけ専門家ニーズが増えているのですね。ところが…。

こんにちは、株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。

「事業承継」「小規模M&A」についてのセミナーは、以前は経営者向けが多く見られました。が、現在は士業・コンサルタント向けが増加中。専門家ニーズの高まりを感じます。

ネクストフェイズも先日、「スモールM&Aアドバイザー入門セミナー2020」を開催。おかげさまで多くの士業・コンサルタントに参加いただきました。

講師を務めていただいた白石直之さんは、経営者の高齢化による小規模企業(年商3億円以下)のM&Aはもちろん、とくにこのコロナ禍で、再生型M&A案件が増えると言います。

スモールM&Aアドバイザーの役割そのものは、税理士・公認会計士・中小企業診断士・司法書士・弁護士・行政書士、また社会保険労務士や不動産鑑定士、さらに保険営業、FPや財務等各種コンサルタントなど、広い範囲の士業・コンサルタントが担うことができます。

たとえば「会社を売りたい経営者がいる」という紹介・情報提供から始まって、スモールM&Aの業務に少しずつ携わることも可能。この間口の広さ、ハードルの低さは、士業・コンサルタントにとって大きな魅力のひとつです。

一方、今後増えていく再生型M&A案件を進める一連の流れで、必須ともされる士業が、弁護士。

弁護士以外の士業・コンサルタント
大丈夫!

すでに知り合いの弁護士と提携しているから

スモールM&A案件が出てきても、相談相手はいますよ


 
そうおっしゃる士業・コンサルタントも多いでしょう。

しかし弁護士なら誰でも再生型M&A案件に積極的に関わっていただける…というわけではないのが悩みどころです。
 

再生型M&Aを積極的に手がける弁護士は少ない

まず、2020年7月21日に掲載した、スモールM&Aを数多く手がける白石直之中小企業診断士インタビュー記事をご覧ください。

(…前略)

白石  弁護士なら誰にでも依頼できる…というわけにはいかないかも。

――  というと?

白石  弁護士側の事情をお話しすると、わりと破産をすすめがちなんです。手続きも、ある程度は型どおりで進められますしね。その点は大いに理解できるのですが、私が従事しているような再生手法だと、ちょっと手間がかかる(笑)。だから多少の手間はかかっても、社長のためになることをやってくれる弁護士さんと組みたいなあと思います。

――  社長のために。

白石  破産すると、従業員への給料を払った後には破産管財人と弁護士が分け合い、その後ようやく社長に残る…という形がほとんどです。(後略…)

再生案件の相談が持ち込まれた場合、経営者に自己破産を勧める弁護士も多いのだとか。自己破産だと手続きを一定程度は型どおりに進められて、なかなか報酬も悪くない。しかしそれだと経営者にほとんど残らない…。

再生案件は手間がかかります。その手間を惜しまず、経営者により多く残すために汗をかける弁護士と提携できたら、スモールM&Aアドバイザーとしてこれほど心強いことはありません。安心して、より経営者のためになる出口を提示することができるからです。

では、そんな弁護士と、どう知り合う? 

また、もしあなた自身が弁護士や司法書士なら、再生案件を手がける実務をどう勉強する?
 

あなたには「スモールM&Aアドバイザー養成講座2020」がある

そこでおすすめしたいのが、「スモールM&Aアドバイザー養成講座2020」です。

メイン講師である白石さんによると、この講座の大きなポイントのひとつが、再生型M&A案件に社会的意義を感じて業務を進める、頼もしい弁護士の講義。東京・大阪ともに、2日目・第10講に登壇いただきます。

東京講座担当は、堂野達之弁護士。 

大阪講座担当は、溝渕雅男弁護士。 

いずれも再生型M&Aに詳しい第一線の弁護士です。

スモールM&Aアドバイザー自体が、案件数と比較してまだまだ数が足りません。弁護士に限ればなおのこと。

再生型M&Aを得意とする数少ない弁護士から直接手ほどきを受けられる貴重な機会を、どうぞ見逃さないでください。
 

案件発掘・獲得の手立て、全体を俯瞰したエキスパートの講義も

いくら実務を深掘りしても、現実にどう案件を見つけたり獲得したりする方法を知らなければ、せっかくの勉強がもったいない。

また今の流れ、これから来そうな流れ、さらにはスモールM&Aアドバイザーとしての心構えなど、広く深く全体を見通したプロフェッショナルの考えも知っておきたいですよね。

そこで案件発掘・獲得に有効なコミュニティづくりについて、株式会社そだてるの田邊佑介さん(東京・大阪ともに1日目・第5講)に教えていただく時間を設けました。

さらに全体のまとめとして、白石講師が勤務する株式会社つながりバンクの齋藤由紀夫さんに、東京・大阪ともに2日目・第11講で登壇していただきます。

他にはない豪華な講師陣から、「今」「これから」のスモールM&Aを、総合的かつ体系的に学びましょう。
 

メイン講師・白石さんのセミナー印象

第一線のゲスト講師陣が控えるなか、メイン講師を務めるのは、業界屈指のスピードで経験を積み続ける白石さん。

白石さんの講義の様子については、行われたばかりの「スモールM&Aアドバイザー入門セミナー2020」のアンケートから、受講者の生の声をお届けするのが早いでしょう。

受講者
実務に即した内容で、とても面白かったです

 
質問者
聞きやすいペースで、わかりやすく話す講師でした

 
質問者
M&Aに特化しておられる講師なので
多くの知識を吸収できました

 
質問者
M&Aセミナーは今まで3回受講しましたが
今回のがいちばん興味深かったです

 
また受講者からの質問に、ていねい、かつ誠実に答える姿に好感を持った回答も多数。親しみやすい話しぶり、笑顔の多さなどから白石さんのお人柄を感じた受講者も多かったようです。※聞けば、学生時代に塾講師のアルバイトをしておられたとか。さすが、スムーズな話運びでした

ちなみに私が個人的にとくに印象に残っているのは、入門セミナー開催「前」にセミナー内容のポイントをお尋ねしたときのこと。白石講師はきっぱり言い切りました。「実務寄りです」。即答でした。※そのときのお話を文章にしたのがこちらです

実際に入門セミナーでは、事業承継の相談を受けたときに使える具体的なアドバイス内容、さらに財務デューデリジェンス等のミニワークが受講者からたいへん好評でした。白石さんの徹底した実務寄り講義、次回の養成講座でも期待大です。
 

貴重な実務用書類、相談の場への招待など特典も充実

「スモールM&Aアドバイザー養成講座2020」参加者には、書籍やネットでは手に入れにくい実務用書類、また受講後も気軽に相談できる場へのご招待など、スモールM&Aアドバイザーとして末永く活躍いただくための充実の特典を多数用意しています。

特典、またカリキュラム等の詳細はこちらの特設ページでご確認いただけます。
 

入門セミナーを受講していなくても、養成講座に参加可能

「スモールM&Aアドバイザー入門セミナー2020」を受講していなくても、「スモールM&Aアドバイザー養成講座2020」を受講いただけます。

「スモールM&Aアドバイザー養成講座2020」受講申込者には、「入門セミナー2020」で撮影した動画を無料で視聴いただけます。まず基礎的な部分を入門セミナー動画で学んでから、養成講座に臨んでください。
 

「スモールM&Aアドバイザー養成講座2020」開催概要

●日時
大阪:2020年9月26日(土)、27日(日) 10:00~17:30
東京:2020年10月 3日(土)、 4日(日) 10:00~17:30

●会場
大阪:サニーストンホテル〈江坂〉北館(OsakaMetro御堂筋線・江坂駅より徒歩2分)
東京:DAYS赤坂見附(東京メトロ赤坂見附駅A出口・10番出口より徒歩すぐ)

●定員
各日20名様限定
 
●受講料
・一般 300,000円+消費税
・ブログ・メルマガ読者 250,000円+消費税
・一般社団法人融資コンサルタント協会 正会員 220,000円+消費税

●申し込み方法
下記ページからお申し込みください。

スモールM&A アドバイザー養成講座2020
 

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る