本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

スモールM&Aで使える資格・職業 【中小企業診断士・行政書士編】

税理士だけでなく、中小企業診断士や行政書士にも活躍の場が多数あります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。

ネクストフェイズでは現在、スモールM&Aアドバイザー入門セミナー2020の受講者を募集しています。先日、ある行政書士から、「私、行政書士ですけど、参加してもよろしいでしょうか」と問い合わせがありました。

先日のブログを読んで、「スモールM&Aで税理士や公認会計士が活躍できるんだ、では行政書士はどうだろう?」と気になって念のためご連絡くださったようです。

●スモールM&Aで使える資格・職業 【税理士編】

もちろんスモールM&Aの現場で活躍している行政書士はたくさんいます。

「ぜひ受講して、スモールM&Aでご自身が活躍できる場を見つけてください」とお答えしました。私の文章が不十分で混乱させてしまったことをお詫びしつつ、今回は【行政書士・中小企業診断士業編】をお送りします。
 

(前回のおさらい)スモールM&Aアドバイザー「12」のポジション

前回のブログでも書きましたが、もう一度スモールM&Aアドバイザー12の役割について説明しましょう。

1.売り手の紹介者
2.売り手のアドバイザー
3.買い手のアドバイザー
4.買い手の紹介者
5.仲介アドバイザー
6.戦略策定アドバイザー
7.株式100%化アドバイザー
8.廃業支援
9.業態転換支援
10.PMIコンサルタント
11.投資型アドバイザー
12.養子縁組アドバイザー

 
それ以外にも、案件によっては自らが「買い手」となる場合があります。
 

行政書士に向いている役割

12の役割のうち、行政書士に向いている代表的なポジションは、次の5つでしょう。

1.売り手の紹介者
2.売り手のアドバイザー
3.買い手のアドバイザー
4.買い手の紹介者
5.仲介アドバイザー

 
もちろん本人の経歴や経験により、他のポジションでの活躍も可能です。
 

既存事業を買って創業する起業家が増えている

最近は創業の一つの形態として、スモールM&Aを活用するケースが増えました。

つまり、事業承継による創業。すでにビジネスを行っている事業を引き継いで創業するのですね。

日本政策金融公庫も推進

実はこの方式、日本政策金融公庫がけっこう積極的に推進しています。

イチから事業を始めるよりも、ある程度ビジネスが回っている事業を引き継ぐことでリスクはダウン、創業が成功する可能性が高くなるからです。既存の事業を引き継ぐ場合に必要な資金は、公庫は積極的に創業融資で対応してくれます。

行政書士は会社設立をサポートすることが少なくありませんから、創業者の事業承継(M&A)サポートは今後の広がりが期待できるコンテンツになります。
 

行政書士がスモールM&Aで行う具体的な業務

行政書士がスモールM&Aで行う具体的な業務として、以下が挙げられます。

●法務デューデリジェンス(契約書の内容チェック)
●事業計画策定サポート
●譲渡スケジュール策定・管理
●売り手・買い手の相手探し
●交渉への同席による内容確認
●資金調達サポート
●金融機関との仲立ち

 

中小企業診断士に向いている役割

一方、中小企業診断士も見てみましょう。スモールM&Aの12の役割のうち、中小企業診断士に向いている代表的なポジションは以下のとおりです。

1.売り手の紹介者
2.売り手のアドバイザー
3.買い手のアドバイザー
4.買い手の紹介者
5.仲介アドバイザー
6.戦略策定アドバイザー
7.廃業支援
8.業態転換支援
9.PMIコンサルタント

 
「経営コンサルタント」の国家資格という位置づけなので、スモールM&Aでは活躍できる場がたいへん多くあります。

もちろん本人の経歴や経験により、他のポジションも可能です。
 

中小企業診断士がスモールM&Aで行う具体的な業務

中小企業診断士がスモールM&Aで行う具体的な業務としては、以下が挙げられます。

●事業デューデリジェンス
●財務デューデリジェンス
●購入価格の妥当性の検証
●事業計画策定サポート
●譲渡スケジュール策定・管理
●売り手・買い手の相手探し
●購入する会社へのコンサルティング
●資金調達サポート
●金融機関との仲立ち


士業A
M&A? 経験ないなあ
士業B
顧問先から事業承継の相談をされても、お茶を濁してきたし
士業C
よっぽど具体的な相談なら、外部の誰かを紹介するかな
士業D
税務のことならわかるんだけれど…

士業E
そもそもM&Aの実務ノウハウを、きちんと学んだことがなくて…

 
後継者不足により事業承継の相談が増える一方の現在、スモールM&Aは効果的な解決策のひとつといえます。

中小企業診断士など資格試験の勉強などで、スモールM&Aを学んだことのある方はいらっしゃるでしょう。しかしいざ現場に出たら、大切なのは実務に使えるノウハウです。

スモールM&Aの知識・ノウハウさえあれば、あなたはもう頻繁に飛び込んでくる事業承継の相談から逃げなくて済む。堂々と相談を受けられますから、経験や実績はそのあと自然についてきます。

そんな、スモールM&Aに関する基本的な知識や実践的なノウハウが手に入ります。

【スモールM&Aアドバイザー入門セミナー2020】

●日時・会場
2020年8月21日(金)  14:00〜17:00 サニーストンホテル<江坂>北館 ※開催終了
2020年8月22日(土)  14:00〜17:00 サニーストンホテル<江坂>北館 ※開催終了
2020年8月28日(金)  14:00〜17:00 DAYS赤坂見附
2020年8月29日(土)  14:00〜17:00 DAYS赤坂見附

●定員 各回 25名

●受講料 6,500円(税別)

●お申し込みは下記からどうぞ↓
【スモールM&Aアドバイザー】入門セミナー2020
 ※講師:白石直之氏(中小企業診断士)からの言葉もこちらから読めます
 

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る