本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

質問「メインバンクの機嫌はとっておくべきか?」

他行と新規取引を始めるときは、メインバンクへの配慮が必要です。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。

ネクストフェイズが運営する一般社団法人融資コンサルタント協会は、会員からのメールや電話、ご来訪などによる個別相談にのったり、活動報告をいただいたりしています。

先日ある中小企業診断士の会員より、「他行で融資してもらう際のメインバンクへの対応」について質問をいただきました。

※一般社団法人融資コンサルタント協会サイトはこちら

相談→「メインバンクの融資シェアがいちばん低くなってしまいました」

以下は相談の内容です。

メインバンクの機嫌はとっておくべきでしょうか? というのも…

顧問先の経営者が、メインバンクであるA信用金庫に500万円の運転資金の融資を依頼しました。

この案件は無事実行してもらえたのですが、それとは別に設備投資のため3,000万円の融資を打診。しかし「これ以上は無理です」と断られました。

そこで預金取引だけあるB信用組合に相談したところ、日本政策金融公庫との協調融資で借りられることになりました

結果、各金融機関における融資額は、メインバンクであるA信用金庫の融資シェアが一番低くなったのです

●A信用金庫(メインバンク) 1,200万円
●B信用組合 1,500万円
●日本政策金融公庫 1,500万円

 
この状況をA信用金庫はまだ知らないのですが、決算書を提出するときには知られてしまいます。

メインバンクの機嫌を損ねてしまうのではないかと気になっています。どう対処すればよいでしょうか?

 

回答→「メインバンクの機嫌はとっておくべきでしょう」

決算書を見せる前に、先手を打っておく必要があります。

決算書を提出する前の時点で(早ければ早いほうが吉)、こちらから報告しに行きましょう。以下は一例です。参考にしてみてください。

経営者
御庫にお願いしました設備投資の件

おかげさまでB信用組合さんと
日本政策金融公庫さんとの協調融資により
無事に調達することができました

ただ、今後も運転資金等で
御庫に追加融資をお願いすることがあると思います

その際は、またご協力いただければ幸いです


 

注意点! 報告相手を見極めよう

報告する相手は担当者ではなく、貸付担当役席、または支店長にしてください。担当者に報告しても、その内容どおり上司に伝わらない可能性が、残念ながらあるのです。

今後のおつきあいをあらためて依頼

報告時、このように付け足すのもよいでしょう。これまでの支援に対する感謝、そして今後のおつきあいをあらためて依頼する一例です。

経営者
今回の設備投資はB信用組合さんにお願いすることになりました

が、これまで長くいただいてきたご支援に心から感謝しており
弊社が今後ともおつきあいを続けていきたいのは御庫です

今後、融資案件があったときに真っ先に相談させていただいたら

御庫にとってご迷惑でしょうか?


 
A信用金庫としては、もし「ご機嫌とり」と感じても、そう言われてしまうと大人ですから「迷惑です」とは言えません。きっとこう答えるでしょう。

A信用金庫
よろこんでご相談にのりますよ

その後の月次報告もお忘れなく

その後も毎月訪問し、前月の業況報告をこまめに行っておけば、たとえ一時的に機嫌を損ねたとしても、次第に元の関係に戻るでしょう。

もうおわかりでしょう。上記の言葉は、「ご機嫌とり」ではありません。「融資してもらっているから」と卑屈にならず、また「ウチは顧客だ」「取引先だ」と傲慢になることもなく、互いに事業を行う企業と企業、そんな対等な関係にふさわしい、あたりまえの行動をコツコツ積み重ねていけばいいのです。


 
金融機関の考え方を知ると、融資してもらえる/融資額を増やせる可能性が上がります。コツをつかんで上手につきあっていくことで、満額を融資してもらえたケースも少なくありません。

そんな、希望に沿った融資をしてもらうために必要な知識を得るためのヒントが手に入ります。

※融資に関する質問などにもその場でお答えします

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る