質問「預金残高の積み上げ or 資本金の積み上げ、融資が有利になるのはどっち?」

業績が順調・堅調なら、「今のうちに融資を受ける準備をしよう」と考える経営者も多いことでしょう。

ネクストフェイズが運営する「一般社団法人融資コンサルタント協会」では、会員からのメールや電話、ご来訪などによる個別相談にのったり、活動報告をいただいたりしています。

先日ある税理士の会員より、融資を有利に進める準備について質問をいただきました。

業績が順調なうちに、融資を受ける準備をしよう

税理士
融資を申し込もうと検討している関与先があります

業績が順調な今のうちに融資を受けておき
その資金でさらに販促基盤を固めたいということで


 
ヒガシカワ
いい話ですね

資金繰りに困ってからだと
融資を受けるための準備が間に合わないことも多く
金融機関も渋りがち
ですから


 
税理士
そこでご相談です
以下のような数字の企業なんですが…

●資本金 30万円
●営業・経常利益 150万円
●預金残高 300万円


 
ヒガシカワ
ふむふむ
資本金に比べて
預金残高がずいぶん多いのですね

税理士
今後の対策として
 
①資本金は据え置き、預金残高を増やす
②増資する
 
どちらが融資に有利に働きますか?

 

融資に大切なのは預金残高? それとも資本金?

ヒガシカワ
結論から言いますと
税理士
はい

ヒガシカワ
どっちでもいいです(笑)

 
税理士
ええー(笑)

 
ヒガシカワ
たとえば
①資本金は据え置き、預金残高を増やす

この場合、実際に利益を上げていて
それが預金残高に反映されているということなら
内部留保の高さが評価されます

税理士
②増資の場合は?
ヒガシカワ
たとえ資本金が少なくても
業績が順調なら、あまり心配しなくていいんです
ネクストフェイズも資本金は100万円ですが
2千万円以上の借入ができています

しかし、もし今後も業績が順調で、売上が上がるなら…

融資額アップ対策として、資本金の積み上げをおすすめ

税理士
はい
これからも現金は順調に増えていくと思われます

それを預金に回すか
はたまた増資するか…

ヒガシカワ
将来的に
融資の額を増やしたい
という希望があれば

①預金ではなく
②資本金の積み上げ

をおすすめします

資本金が多ければ自己資本比率が高まり
その自己資本比率が
金融機関から評価される
からです


 
融資をしてもらえる可能性も、その額も、準備次第で大きく変わります。

希望する時期に、希望する額を融資してもらうために必要なのは
中小企業をサポートする士業やコンサルタントの知識。

多くの中小企業から感謝される融資サポートについて、元・金融マンがお知らせします。
 
●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー 日時・会場をチェック↓/東京・大阪で随時開催

 
いざ独立開業すると同僚がいなくなるので、新しい「仕事道具」の情報が入ってきにくくなりますよね。使って便利なデスク周りのツール、移動や出張などがラクになるグッズなど、ときどきこういった雑誌で情報収集するのもいいですよ。
  

 

関連記事

質問「メインバンクの機嫌はとっておくべきか?」

他行との取引を始める際は、微妙な対応が必要となります。 ...

ネクストフェイズの経営理念

弊社が、次の段階(ネクストフェイズ)にステップアップするため...