「その道の専門家」をアピールすれば、顧客獲得は楽になる

アピールするために、するべきことは、たったの9つ。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
【融資コンサルタント】と名乗っていると、とても頻繁に、いろいろな士業の方々から
相談がやってきます。
その多くは、
顧問先の経営者から「取引金融機関に融資を断られた」という相談がありました。
どうしてあげればいいでしょうか?

というものです。

相談されたときの応酬話法

そんなとき、私は、
それでは、その社長さんを連れて、弊社までお越しください。
詳しく話を聞かせていただき、何とかなるようなら、金融機関と今後どう交渉すれば良いのか、
アドバイスさせていただきます。
もちろん、いつもお世話になっている○○さんですから、相談料なんていりませんよ

と言って、経営者と共に来てもらい話を聞かせていただきます。

何とかなるようであれば、詳しくアドバイスをして、同行してきた士業の方と
同行している経営者の方に、

今、説明した内容の資料を作った上で、金融機関を訪問し詳しく説明すれば、
融資してもらえる可能性は高まりますよ。頑張ってくださいね。

と言います。
 

士業の後押しで案件獲得

すると、多くの士業の方は、経営者に対して、

社長。ここは、失敗できないですから、確実に融資してもらうために、餅は餅屋に任せませんか

と提案してくれます。

顧問の先生から、
「専門家に任せましょう」
と言われると、ほとんどの経営者は、その案件のサポート依頼をしてくれます
そして、その案件を成功させると、一定の割合で、依頼してくれた経営者は、顧問契約をしてくれます
   

顧問先獲得の法則

相談件数は案件数に比例し、案件数は顧問先数(顧客数)に比例する
という、【顧問先獲得の法則】にあるとおり、顧問先数を増やしたいと考えるのであれば、
相談件数を増やすというのが、一番の近道です。

相談件数を増やすために効果的な方法の一つに、
その道の専門家であるということを徹底的にアピールする
というものがあります。

今すぐ解決しなければいけない案件」がある場合に、経営者は、専門家を探します。
その経営者が抱えている、
「今すぐ解決しなければいけない案件」を解決出来るノウハウを持っている
とアピールすることで、高確率で、その経営者は、その専門家の存在を見つけます。
その結果、依頼につながるということになります。
   

「その道の専門家」だとアピールするためにしておくべき9つのこと

「その道の専門家であるということを徹底的にアピールする」ために、

1.「その道の専門家」というのがわかる「肩書き」を作る
2.周りの士業や経営者に「その道の専門家」と言いまくる
3.「肩書き」を名刺に記載する
4.メールの署名部分に「肩書き」を記載する
5.その業務に関するチラシを作成し配り回る
6.「その道の専門家」というのがわかるサイトを作る
7.ブログやSNSで発信しまくる
8.セミナーをしまくる
9.周りの士業に対して「無料で、クライアントの相談を承りますよ」と言いまくる

ということを地道にしていくだけで、相談件数は格段に増えます。
実際に私自身も、これで顧問先を増やしてきました。

別に、その世界でNo.1になる必要はありません。
周りの士業・経営者という狭い範囲の中で、No.1になっていれば十分です
それだけで、多くの相談や紹介を引き寄せることができますから。


 
「その道の専門家」としてアピールしまくることで、多くの紹介や相談を引き寄せることができますが、
では、どのようなジャンルの専門家になるのが良いのでしょうか?

多くの案件依頼をもらおうと思えば、決めるべきは、
多くの経営者が共通して抱えている悩み
に関するジャンルです。

経営者のお悩みTOP3は、
「資金繰り」「売上アップ」「人の問題」
です。

このうち、一番多くの経営者に共通している悩みは、
「資金繰り」
なので、このジャンルを選ぶことで、多くの相談や紹介を引き寄せることができます。

そんな、「資金繰りに関する悩み」に答えられるノウハウについてのヒントが手に入ります。
 
 
●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 9月10日(火)、11日(水)、24日(火)、25日(水)、26日(木)、10月1日(火)
 
(大阪) 9月16日(月)、20日(金)、10月7日(月)、9日(水)、18日(金)、23日(水)
  
※10月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください
 
 

近代セールス 2019年 8/1号
近代セールス社 (2019-07-20)

関連記事

谷田部智子行政書士インタビュー【5】「補助金と融資、業務の違いは何ですか?」

栃木県・下野(しもつけ)市と、東京・銀座でご活躍の行政書士・...

6ヶ月で計画的に「強み」を身につける方法(2)

自分の「強み」を知ってもらえなければ、相談も引き寄せられませ...