紹介を効率的に引き寄せるために、新年早々しておくべき残り3つのこと

今までと違う取組に、取り組みに手をつけてみませんか。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
紹介を効率的に引き寄せるために、まず、行うべきことは、
積極的に紹介してくれる人をピックアップしておく」ことと、
「強み」を確立しておく」ことだと、前回のブログでお伝えしました。

あと3つ必要なことがあります。
今回は、
紹介を効率的に引き寄せるために、新年早々しておくべき5つのこと
の残り3つについてお伝えいたします。

 
3.「紹介してもらいやすい言い方」を準備しておく
いくら積極的に紹介してくれる人がいても、紹介すべき人が周りにいなければ、紹介してくれません。
紹介を引き寄せるためには、紹介をお願いする人の頭の中に、紹介しようとする人の顔や
名前が浮かんでいないと、紹介に繋がらない
のです。

例えば、税理士が、懇意にしている経営者に対して、
「税理士を探している人がいれば紹介してください」
と言っても、一般的には、なかなか
「税理士を探している人」
と出会うチャンスはありません。

しかし、
金融機関からスムーズにお金を借りたいと考えている人がいれば紹介してください
となると、一気に間口は広がります。

日本の中小企業の7割以上は赤字決算となっていますし、赤字決算だと、
中小企業はなかなか融資をしてもらいづらいからです。
「金融機関からスムーズにお金を借りたいと考えている経営者」
と、
「税理士を探している経営者」
の数を比べた場合、圧倒的に後者の方が多いので、
「金融機関からスムーズにお金を借りたいと考えている人がいれば紹介してください」
と伝えることで、紹介を依頼した相手の頭の中に、紹介できる人の名前や顔が浮かんできます

 
4.ツールを準備しておく
士業やコンサルタントの提供するサービスは、言葉で伝えるのは、とても難しいです。
「◯◯に強い」
とアピールしても、アピールされた方にとって、
それが、どのような場面に強みを発揮してもらえるのかがイメージしにくいですし、
同業の士業やコンサルタントとどう違うのかが、一瞬には理解できません

選んでもらうためには、一瞬で
この人にお願いしたい
と思ってもらう必要がありますので、そのためには、
ひと目で見て、何が出来る人なのか理解出来るツール
の用意は不可欠です。

「名刺」「チラシ」「ホームページ」は、あらかじめ準備しておくべきでしょう。
特に、「名刺」と「チラシ」は、対面したときに、直接説明しやすくなりますし、
そのチラシや名刺を渡した人が、知り合いの経営者に渡してくれることで、
仕事の依頼に繋がることは少なくありません。

実際に私も、
二代目はたいてい頼りない!
という大胆なキャッチコピーを使った「二代目経営者経営力強化コンサルティング」のチラシを
作成したことで、3年間で、4千万円以上のコンサルタント契約に繋がったこともあります。

 
5.紹介してもらいやすい「場」を用意しておく
紹介してもらう場合、いきなり「コンサルティング」や「顧問契約」に繋がれば
言うことはないのですが、そんなに簡単にいくものでもありません。
紹介される側も、専門家のことをよく知らない状態で、高額の契約はしづらいからです。
なので、まず、自分のことを知ってもらえる場を用意しておくことが、紹介に繋がりやすくなります。

例えば、「セミナー」や「勉強会」、もしくは、「無料個別相談会」などがあれば、

あなた、◯◯について困っているって言っていましたよね。そのことに関するセミナーが、
知り合いの専門家が行うのですが、一度、聞きに行ってみたらどうですか?

とか、

◯◯について困っているのなら、その分野に詳しい専門家が、私の知り合いにいますよ。
「あなたが、◯◯について困っているので、何かアドバイスをもらえませんか」
と尋ねたところ、
「私からの紹介なら、1回目の相談は無料にしてくれるので、遠慮無く、ご相談に来てください」
と言ってくれました。

と伝えてもらえれば、その方は、セミナーや個別相談に来てくれやすくなりますよね。
一度、体験してもらえれば、その後に繋がる確率は、とても高まります。

顧問契約につながるステップを用意しておくことで、紹介に繋がりやすくなります。

じっと待っているだけでは、人は紹介してくれません。
紹介を数多く引き寄せるためには、それなりの準備が必要なのです。

今年は、その準備をしっかりと行って、数多くの紹介をGETしてください。


 
年の初めだからこそ、気分を一新して、今までしてこなかったことに取り組むことができます。
顧客獲得のために、今までしてこなかったことは何ですか?

今までしていないことにトライすることで、今までと違った結果が生まれます。
年の初めに、新たな「強み」を身につけるための行動をしてみませんか。

そんな、「新たな強み」を身につけるためのヒントが手に入ります。

 
●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

 
(東京) 1月14日(月)、15日(火)、16日(水)、30日(木)、31日(金)、2月7日(木)
 
(大阪) 1月21日(月)、1月25日(金)、2月5日(火)、16日(土)、18日(月)
 
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください
 

関連記事

齋藤由紀夫さんインタビュー【2】 スモールM&Aアドバイザーってどんな仕事?

東京都港区で、株式会社つながりバンクを経営する齋藤由紀夫さん...

事業承継に強い士業になるために、今だからこそ、身につけておくべきノウハウ

士業にとって将来性があり、専門家の数が絶対的に少ない分野です...