本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

商工会議所が、今、求めているテーマ(2)「消費税転嫁対策」

消費税転嫁対策セミナーのキーワードは「販売促進」「人材育成」「健康経営」

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
以前のブログ「商工会議所が、今、求めているテーマ(1)」において、
「今、商工会議所が求めているテーマの一つは、「事業承継」です。」
とお伝えしました。

商工会議所に営業として通っている、セミナーエージェントの担当者に言わせると、
他にも求められているテーマは、まだまだあるとのことです。

【セミナーエージェントに聞いた、【商工会議所に何度もよばれる講師】になる方法】インタビュー動画
の書き起こしテキストの2回目です。

2回目のテーマは、「消費税転嫁対策」です。

本間:あと、今年で6年目になる、日本商工会議所が、国から事業委託で受けている、
消費税転嫁対策セミナーですね。
消費税を10%に増税するのは、31年10月に延期になりました。
この軽減税率も、私、個人的には厳しいのではないかと思っています。

東川:また消費税延期ということですか。

本間:各会議所の担当者も、私が訪問した際、
「消費税、どうなるのでしょうね?」
と、逆に質問をいただきます。
こればっかりは、私も、国の人間じゃないのでわからないのですが、予算がついているので、
今、やらなくちゃいけない事業なんです。
消費税軽減税率転嫁対策に役立つセミナーをしなさいという事業ですから、
常に一番のセミナーニーズは、「販売促進」になっています。

東川:販促セミナー。

本間:はい。販促ですね。
消費税が8%から10%に上がる予定ですから、どうしても、中小企業は、売上転嫁せざるを得ません。
しかし、値上げをすると売上が下がってしまう。
そういった状態で、どうすれば売上を確保できるかというのが、とても重要なのです。
そこで、消費税転嫁対策事業ということで、今、予算がついているのです

東川:消費税転嫁対策ね。

本間:消費税転嫁対策で求められている3本柱のテーマがあります。
一つは、今、申し上げた販売促進、二つ目は人材育成です。

東川:一つ目は販売促進ですね。二つ目が人材育成。

本間:みなさんもよくご存知だと思いますが、地方は、今、全く人が採用できていません。
私、先週、山口と広島も行ってきました。
県庁所在地にあるような大きな会議所でさえ、人が、募集しても採用できないと
いう現状なのです。

東川:会議所自体でさえ、もう、採用できないと?

本間:はい。会議所は事業会員さん抱えています。
そういった会員さんから、
いくら募集をかけても入ってこない。入ってきても、優秀な人材ははすぐ辞めてしまう。
という相談がたくさんあるそうです。

ですので、離職防止や人材育成というテーマならニーズがあります
人材育成というテーマになると、まず、「採用」。
どうすれば、いい人材を採れるか。
そして、せっかく採ったのに、すぐ辞められてしまうと元も子もないため、
次に求められているのが「離職防止」ですよね。

商工会議所の担当者も、よく事業会員さんを知っています。
結局、人材が確保できるかどうかはトップなんですよね。
経営者が、しっかりした会社作りをしていないと、いくらいい人材を採用しても、
すぐ辞めてしまうのですよね。
買い手市場、売り手市場ってありますけど、今はもう、求職者が会社を選べますよね。どこでも。

東川:超売り手市場ですからね。

本間:そうなんです。
3本柱の内の二つが、「販売促進」「人材育成」。
三つ目が、「働き方改革」なんですよ。
商工会議所を営業で回っていますと、よくお話しいただいくのが、「働き方改革」なんです。
ただ、「働き方改革」というのは、あくまでも大きいジャンルのテーマであって、
その中でも細分化されるのですね。
ダイバーシティー」と言うのも出てきますが、それを突き詰めていくと
「健康経営」というところに行き着きます

健康のための経営。
まさに今、政府は「ブラック企業をなくす」ということをやっていますよね。
かなり日本は、その分野が遅れているということで、去年、今年あたりから、
非常に力を入れています。
弊社にも日本商工会議所から担当者が来ますが、
営業に関する話をするときは、必ず健康経営という話を持っていっていただけませんか。
という要望があります。

東川:その健康経営というのは、働く人が健康に働ける職場作りの経営ということですか、
それとも?

本間:基本的には、労務になりますね。

東川:別に健康な会社、健全経営の会社を作るとか、そんなんじゃなくて?

本間:そういうかたちではないですね。

東川:働いている人が健康に働ける職場作りということですね。
健康経営、これ、キーワードですね。

本間:健康経営では漠然としますので、いろいろと今、弊社も講師の方に、
「健康経営」をテーマにお願いしています。
東川先生の講師オーディションに出場された方に、2、3件。1件は既に確定しています。
それに関連して、案件依頼が来ているのが、睡眠経営ですかね。

東川:睡眠経営?

本間:健康的に寝ましょうということを伝えるセミナーらしいのです。
すべて経営に結びつけるというのも、これもまた目先が変わってきたのではないかと思いますね。

東川:何でもありの気がしますね。食欲経営とかも出るかもしれませんね。
新しいキーワードを作ったもの勝ちですね。

本間:大手さんなんかはかなり取り入れているのではないでしょうか。

東川:健康経営、面白いですね。そのキーワード一つ入れるだけで反応が全然違いますものね。

本間:私も、今年は「健康経営」で積極的に営業をかけようと思っています

日経コンサルタントの本間さんにインタビューした動画を無料でプレゼントしています。

この動画を見ることで、
商工会議所へのアプローチ方法

セミナーエージェントから売り込んでもらえる講師になる方法
を知ることができます。
他では、絶対に手に入らない情報ですよ。
 
「この動画を見たい」と思われた方は、下記サイトにてご登録願います。
   
【2018年後半、商工会議所から何度も呼ばれる講師とは】
~セミナーエージェントへのインタビュー、全部見せます~
https://www.npc.bz/video/cci_repeat/

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る