本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

浜田透税理士インタビュー[4]
お客さんが増えるかどうかは、運ですか?

大阪市福島区の税理士・浜田透さんは、独立4年目を迎えた38歳。
資金ショート寸前の不安をひとりで抱えこむ日々から、
悩みを仲間に相談できる現在までのドラマチックな数年間、
浜田さんが考えに考え抜いた先に見つけた、体温のある知見を5回にわたってお送りします。
まだ4年目なのに、なんでそんなにお客さんが多いの?
「運ですよ」ってホントですか?
みんなが聞きたい「そこんところ」はもちろん、
「そこんところじゃないところ」を含めて楽しくお話しくださいました。
聞き手は、(株)ネクストフェイズ編集部です。

浜田透さんプロフィールはこちら

【浜田透税理士インタビュー もくじ】
第1回 当初は毎月の売上高9万円。不安を誰にも打ち明けられなかった理由。
第2回 独立前におさえておきたい、2つのステップ。
第3回 今のその経験が、かならずあなたの強みになる。
第4回 独立後だからこそ、相談&叱ってくれる存在を、いつも。
第5回 前の世代からいただいたものを、次の世代へ。


第4回 独立後だからこそ、相談&叱ってくれる存在を、いつも。

――    浜田さんは弊社クラブネクストフェイズの会員さんですよね。

浜田      はい、ほかにも士業向けの塾はあるかもしれませんが、私の場合はたまたま人を介して…。これもご縁ですね。

――      参加してみていかがですか。

浜田      クラブネクストフェイズは、士業としての本音の悩みを、安心して喋れる場です。もちろん厳しい指導になることもありますよ。でも私、思うのですが、士業やコンサルって、叱られ慣れてない。それって、とてもこわいことだと思うんです。調子にのって、ろくなことがない(笑)。たまに叱ってくれる存在がどっかにいたほうが…。

――      ああ、たまに…どっかに…(笑)。

浜田      クラブネクストフェイズは、グループコンサルティングと主催者の東川さんとの個別面談が、それぞれ月に1度ずつですからね。

――      浜田さんはどんな相談をなさっていますか?

浜田      お客さまからの悩み相談を、東川さんやメンバーのみなさんに相談して、アイデアやヒントをいただいたり。

――      たとえば?

浜田      最近だとお客さまから融資の相談が多くて…。そういうときは金融機関出身の東川さんのアドバイスがとても役に立ちますね。

――      …すみません、弊社の宣伝タイムでした。ご協力ありがとうございます。

浜田      いえいえ(笑)。あ、そうだ、この話もさせてください。

――      何でしょう。

浜田      実はうちの事務員さんに、税理士資格の取得をめざしている、頼もしい方がいるんです。

――      それは助かりますね。

浜田      ええ、ハローワークで採用した方なんです。

――      ハローワークでの採用は初めて?

浜田      はい。前回の採用は縁故でしたので、今回が初めての利用です。私、ハローワークでパート採用ができることすら知らなかったんです。

――      (私も知りませんでした…)

浜田      去年の冬でしたか、パートさんを採用したいという話をこちらで相談したところ、クラブネクストフェイズの社労士さんがお手伝いくださることになったんです。私どもの事務所について詳しくヒアリングしていただき、アドバイスを受け、また、ハローワークの求人票も書いていただいたんですよ。おかげで、ビックリするくらいドンピシャの方に来ていただけて…。理想的な採用のための求人票は、やはりプロたる社労士さんの領域だなあと思いました。こんな心強い仲間が得られるのも、クラブネクストフェイズのメリットですね。

――      ああ、お役に立ててよかったです。

浜田      僕は今、素晴らしい彼女たちのおかげで生きています(笑)。ホントにそうですよ。周りに助けてもらって、それに、今こうして多くのお客さまに恵まれていることも、本当に運がいいからなんです。運です。運しかないですよ、僕。

――      (キター!)その、運のお話、ぜひお聞きしたいです。

浜田      私は今、ベテラン税理士さんからの事業承継中なんです。将来の引退を考えておられる先生のお客さまを、少しずつ引き継いでいるところです。

――      今はとくに営業なさらず、新規のお客さまは紹介のみ、いうのは、そういうわけだったんですね。そのベテラン税理士さんとはどのようなきっかけで?

浜田      これがまた、直接の知り合いだったわけではなく、人を介して、また人を介して…という、もともとは遠いご縁です。本当に、運ですねえ(笑)。

――      でも事業承継ならではの、難しい点もおありでは?

浜田      まずは前の先生のお客さまのもとへ先生と同行するんですが、前の先生への信頼が篤いあまり、なかなか時間がかかることがほとんどです。でもゆっくり、あわてることなく、と考えています。

――      今、その先生と事務所はどのように?

浜田      先生も私も同じ事務所にいて、屋号は別という形を取っています。

4-1_加工済 4-2
●明るい光が入り、緑あふれる浜田さんの事務所(大阪市福島区)

――      事務所の将来については?

浜田      あ、そのことについて、ちょっとお話しさせてください。

――      もちろん、ぜひ!

浜田      実を言いますと、私、前に勤めていた事務所を、胸をはって円満退社したとは言えなくてですね…。

――      !(そんなこと、ここで告白しちゃっていいんですか…?)
 

第5回に続きます)

【浜田透税理士インタビュー もくじ】
第1回 当初は毎月の売上高9万円。不安を誰にも打ち明けられなかった理由。
第2回 独立前におさえておきたい、2つのステップ。
第3回 今のその経験が、かならずあなたの強みになる。
第4回 独立後だからこそ、相談&叱ってくれる存在を、いつも。
第5回 前の世代からいただいたものを、次の世代へ。
 

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る