本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

浜田透税理士インタビュー【2】お客さんが増えるかどうかは、運ですか?

大阪市福島区の税理士・浜田透さんは、独立4年目を迎えた38歳。
資金ショート寸前の不安をひとりで抱えこむ日々から、
悩みを仲間に相談できる現在までのドラマチックな数年間、
浜田さんが考えに考え抜いた先に見つけた、体温のある知見を5回にわたってお送りします。
まだ4年目なのに、なんでそんなにお客さんが多いの?
「運ですよ」ってホントですか?
みんなが聞きたい「そこんところ」はもちろん、
「そこんところじゃないところ」を含めて楽しくお話しくださいました。
聞き手は、(株)ネクストフェイズ編集部です。

浜田透さんプロフィールはこちら

【浜田透税理士インタビュー もくじ】
第1回 当初は毎月の売上高9万円。不安を誰にも打ち明けられなかった理由。
第2回 独立前におさえておきたい、2つのステップ。
第3回 今のその経験が、かならずあなたの強みになる。
第4回 独立後だからこそ、相談&叱ってくれる存在を、いつも。
第5回 前の世代からいただいたものを、次の世代へ。


第2回 独立前におさえておきたい、2つのステップ。

――       独立といえば、やはり、資金が気になります。

浜田      はい。私の場合は、計460万円で独立しました。

――       そんなに心もとない金額じゃないですよね。

浜田      でも内訳は、預金60万円+公庫からの借り入れ400万円で(笑)。

――       えっ。(借り入れ、自己資金の何倍?)

浜田      しかも事務所の家賃などの経費だけでなく、生活費込みですから(笑)。

――       生活費というと…。

浜田      まあ食事などの普段の生活費、それと実家のローンと…(笑)。

――       一気に心もとなくなりました…。

浜田      でも、大丈夫だろうと、お客さんは来てくれると。何とかなるし、何とかするという強い思いだけは、あった。いやあ、甘いですよねえ(笑)。もうちょっと世間を見てからにしろよと、昔の自分に言ってやりたいです。

――       となると、貯金が一番大切?

浜田      その通り。みなさーん、まず貯金しましょう! これが最初のポイントです。

――       税理士の方々って、普通はどれくらい用意するものなんでしょう?

浜田      どうでしょうねえ…。200~300万円ほどでしょうか…。人によりますが。

――       生活費は別として。

浜田      はい、別として。そこ大事です(笑)。

――       全額自己資金じゃなくてもいい?

浜田      1/3~1/2ほどは自前で用意しておきたいところです。そもそも私が自己資金60万円で400万円も借りられたのだって、そりゃもう無理くりで(笑)。

――       そ、そうですよね…。(でもその腕前は、さすが税理士さん…)

浜田      それに、売上が上がらないときも、手元資金に余裕があると、いろいろ手が打てるんです。

――       手が打てる?

浜田      ええ、たとえばセミナーや交流会に行って、自分を磨いたり人脈を広げたりするうちに、そこから新しい展開が期待できますよね。でも手元が心細いと、ああ、今日ここで参加費払ってしまったら、明日の食事代が、とか(笑)。

――       切実ですね。

浜田      せっかくなけなしの資金で行ったセミナーや交流会などのイベントですから、次に活かさなくちゃもったいないですよね。さあ、そこで2つめのポイント。それが、周りと関係を結ぶ力です。

――       周りと関係を結ぶ力?

浜田      はい。これは、営業力とも、コミュニケーション力とも、なかなか言い切れないんですが…。たとえば交流会なんかの場を考えてみてください、そこでガツガツしているとダメですよね。ただやみくもに「お客さんがほしい」と触れ回るだけでは、誰も紹介してもらえないんです。

――       どんな人を紹介していいか、つかめませんよね。

浜田      そうなんです。しかし、どういうお客さんが欲しいのか具体的に説明できると、結果が変わってくる。自分は相続に強いとか、製造業が得意だとか、起業家さんのお手伝いをしたいとか、あるいはむしろセカンドオピニオンを求めているベテラン経営者さんに会いたいとか、「こんな方がいらっしゃったら自分のことを思い出して」とハッキリ…ああ、あのときの自分もそう言えてたらなあ。私なんて、そんなことすら言えず、名刺交換だけやってた(笑)。

――       順序としては、一に「貯金」、二に「欲しいお客さんを説明する力」ですね。

浜田      はい。とくにふたつめを実行するために必要なのは、自分がもっとも得意とするサービスが何なのかを考え抜いて、「どういったお客さまに」「どのように」提供するのか、その根っこの部分を早く固めてしまうことだと思います。

2-1 2-2
●名刺の裏面にも浜田さんの考え方が

――       自分がもっとも得意とするサービス…。

浜田      いわゆる、強みですね。

――       ちなみに、今の浜田さんの強みは?

浜田      さあ、そこなんですよ。

――       そことおっしゃいますと?

浜田      わからない(笑)。

――       !(絶句!)

第3回に続きます)


【浜田透税理士インタビュー もくじ】
第1回 当初は毎月の売上高9万円。不安を誰にも打ち明けられなかった理由。
第2回 独立前におさえておきたい、2つのステップ。
第3回 今のその経験が、かならずあなたの強みになる。
第4回 独立後だからこそ、相談&叱ってくれる存在を、いつも。
第5回 前の世代からいただいたものを、次の世代へ。
 

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る