本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

事業復活支援金でいくら受け取れるか?

「事業復活支援金額計算用フォーマット」をプレゼントします。詳しくは文末をご参照ください。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。

2021年12月20日、令和3年度補正予算案が成立しました。

この補正予算案の注目点は、なんといっても「事業復活支援金」でしょう。

●事業復活支援金 ※2022/01/18 事務局サイトオープンしました

このサイト、またそこからリンクされている資料には、このように書かれています。

●1月24日の週 申請要領を公表、事前確認の受付開始
●1月31日の週 通常申請の受付開始

●事業復活支援金の概要について(2022年1月18日時点版)|中小企業庁長官官房総務課

原則電子申請で、申請から2週間以内に給付するとのこと。給付を急ぐ場合は事前に準備し、申請受付開始と同時に申請しましょう。

一方、「自分はどれだけの金額をもらえるのか?」がわかりにくいという声も聞かれます。そこで今日は事業復活支援金を、わかりやすく説明しましょう。

またいくらもらえるか簡単に計算できるエクセルのフォーマットをご用意したので、あわせてぜひご覧ください。
 

誰がもらえるのか?

「事業復活支援金」がもらえる対象は、以下のとおりです。

「新型コロナの影響で、2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が、2018年11月~2021年3月までの間の任意の同じ月の売上高と比較して50%以上または30%~50%減少した事業者(中堅・中小・小規模事業者、フリーランスを含む個人事業主)

経済産業省「事業復活支援金」チラシ

持続化給付金は、ひと月の売上高が50%以上減少していないと対象となりませんでした。が、事業復活支援金は減少の割合が50%未満でも、30%以上であれば支給対象となります。
 

いくらもらえるのか?

2021年11月~2022年3月の売上減少額を基準に算定した金額を5か月分支給されます。

上限額

経済産業省「事業復活支援金」チラシより

算出式

上記の上限額を超えない範囲で、「基準期間の売上高」と「対象月の売上高」に5をかけた額との差額

給付額 =(基準期間の売上高)-(対象月の売上高)×5

※基準期間:2018年11月~2019年3月、2019年11月~2020年3月、2020年11月~2021年3月のいずれかの期間のうち、売上高の比較に用いた月を含む期間。
※対象月:2021年11月~2022年3月のいずれかの月

経済産業省「事業復活支援金」チラシより

 

申請方法は?

原則、電子申請です。

また、不正受給や誤って受給してしまうことを未然に防ぐため、申請希望者に対して①事業を実施しているか、②給付対象等を正しく理解しているか等を事前に確認する「事前確認」が行われます。

これは以前支給された「一時支援金」や「月次支援金」の申請手続きと同様です。過去に「一時支援金」や「月次支援金」を交付された事業者の申請は、かなり簡素化されると思います。

「月次支援金」に関しては、ネクストフェイズの過去ブログをご覧ください。

【速報】<4月28日告知開始>毎月20万円がもらえる?【月次支援金】


 

申請にあたってどんな書類が必要か?

申請には、以下の書類が必要です。

●確定申告書(2018年・2019年・2020年)
●2021年11月~2022年3月の対象月の売上台帳
●通帳
●(法人)履歴事項全部証明書
●(個人事業者)本人確認書類
●その他中小企業庁が必要と認めた書類

 

いつから募集開始で、いつもらえるのか?

2022年1月24日の週に申請要領を公表し、1月31日の週から申請受付開始となるとのことです。※2022/01/20追記

また、この支援金の給付は、申請から2週間以内とのことです。

●事業復活支援金

冒頭にお伝えしたように令和3年度補正予算案が成立したのが2021年12月20日だったため、現在は事務局で準備を進めているところだと思われます。

近いうちに申請開始になる可能性がありますので、早目に事業復活支援金の交付を受けたい事業者を顧問先に持つ士業・コンサルタントは、「経済産業省」「中小企業庁」のホームページをこまめにチェックしておきましょう。 
 

(例1)売上が50%以上下がった個人事業主がもらえる金額

どの「月」を比較するか?(例:12月) どれを「基準期間」にするか?
2018年12月売上:50万円 2018年11月~2019年3月の売上合計:200万円
2019年12月売上:40万円 2019年11月~2020年3月の売上合計:180万円
2020年12月売上:30万円 2020年11月~2021年3月の売上合計:140万円
2021年12月売上:24万円

 
一番売上が高かったのが「2018年12月売上:50万円」ですから、基準期間は「2018年11月~2019年3月」となり、基準期間の売上高は「200万円」となります。

対象月(2021年12月)の売上が24万円だった場合、計算式は

200万円 - (24万円×5ヶ月) = 80万円

となりますが、個人の給付額の上限が50万円となるため、もらえる金額は「50万円」となります。
 

(例2)売上が30%下がった、年間売上高1億円以下の法人がもらえる金額

どの「月」を比較するか?(例:12月) どれを「基準期間」にするか?
2018年12月売上:100万円 2018年11月~2019年3月の売上合計:600万円
2019年12月売上:120万円 2019年11月~2020年3月の売上合計:450万円
2020年12月売上:80万円 2020年11月~2021年3月の売上合計:400万円
2021年12月売上:83万円

 
一番売上が高かったのが「2019年12月売上:120万円」ですから、基準期間は「2019年11月~2020年3月」となり、基準期間の売上高は「450万円」となります。

対象月(2021年12月)の売上が83万円だった場合、計算式は

450万円 - (83万円×5ヶ月) = 35万円

となります。

売上高減少率が-30%~-50%の年間売上高1億円以下の法人の上限給付額は60万円となるため、給付額は「35万円」となります。
 

「事業復活支援金額計算用フォーマット」をプレゼントします

「事業復活支援金額計算用フォーマット」を作成しました。

必要数値のみを入力すれば、自動的に給付額を計算できるエクセルファイルです。ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。

●【ネクストフェイズ コンテンツプレゼント】応募フォーム


補助金や助成金、支援金、金融機関の融資姿勢、有利な条件で借りられる融資制度等の情報を継続的に伝えていけば、既存顧客からの信頼度が高まります。また、見込み顧客が顧問先に変わることも大いにありえます。

そのためには事業者の役に立つ情報を、いち早く入手することが重要。さらに、情報提供を継続して維持できる仕組みを作ることも大事です。

そんな、「顧客の役に立つ情報を入手するコツ」や「見込み客を顧問先に変えるための情報提供の仕組みづくり」のヒントが手に入ります。

※融資に関する質問などにもその場でお答えします

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る