本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

フランク三浦って

知財の業界で最近の一番のニュースはフランク三浦の裁判事件だと思います。
ネクストフェイズ スタッフで弁理士の山本です。

フランクミュラー(本家)が敗訴ということで知財の業界が賑わっています。
本件では、フランク三浦の商標がフランクミュラーの商標と類似するかが争点となっていましたが、
裁判所の判断は、非類似ということで判決がでたようです。

商標の類否判断は、とても難しく
今回の判決が妥当であるかは専門家でも意見が分かれるところです。

ところで、この裁判、審決取り消し訴訟だと理解されていました?

審決取り消し訴訟とは、特許庁の出した審決に対して争う(行政)裁判で、
今回は、特許庁がフランク三浦の商標登録は無効とした審決を争ったわけです。
そして、フランク三浦側が勝ったということは、
フランク三浦の商標登録は有効との判決がだされたなったわけです。
これにより、フランク三浦の商標は、商標登録に基づいて使用できることになります。

ポイントは商標登録に基づいて使用できるということです。
すなわち、登録された商標には使用する権利が認められますので、
誰かが類似した商標登録を持っていたとしても、侵害といわれることはありません。
商標登録をすることで、特許庁から使用のお墨付きをもらえるということです。
(ただし、侵害訴訟になった場合に、商標登録の無効が争われる可能性はあります。)

他人との登録商標との関係で、使用してもよいか怪しい場合には、
商標登録出願をしてみることをお勧めします。
登録されれば、大手を振って商標を使用できますし、
拒絶されれば、商標を使用しなければよいわけです。

商標出願は4ヵ月~6ヵ月くらいとわりと早期に登録の結果がでて、
自分で出願すれば費用もそれほどかかりません。
(ご参考:https://www.npc.bz/feeling/20151223)

商標出願の手続きは、一度勉強して覚えれば、比較的容易に行えます。
是非挑戦してみてください。

融資のお手伝いも、一度勉強して覚えれば、比較的容易に行えます。
そんな融資の勉強のきっかけになるセミナーです。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー
https://www.npc.bz/fp-shigyou/

(東京) 4月26日(火)、5月18日(水)、19日(木)、20日(金)、23日(月)、24日(火)

(大阪) 5月9日(月)、10日(火)、12日(木)、27日(金)、28日(土)

※6月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください。

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る