タグ: ひとこと

山本弁理士が弊社を卒業します

山本は、汗をかいていた。

こんにちは、ネクストフェイズ編集(以下、編集)です。山本弁理士が、2017年3月31日で弊社を卒業します。こんな機会なので山本についてのブログを書こうと思いますが、どうしたって内輪ネタの駄文にしかならないことは明白です。年度末の最終週、しかも気合いの入る月曜、ご用とお急ぎの方はまずそちらを優先し、お手すきになったときにご再訪くださいませ。

山本は、汗をかいていた。
初めて会ったのが夏だったから、彼が汗をかいていたのは当たり前である。また、ネクストフェイズでの採用面接の場ということもあり、当然すぎる汗でもあった。しかしながら面接官の前でひとしきり玉のような、いや、詩的に言い過ぎた、実際には滝のような汗を彼は流していた。面接後に椅子を片付けたら、座面にも汗の跡がたっぷりと。入社後にその話をしたら、「絶対この会社に入るんだという思いがあふれまして」と山本は言った。しかし椅子片付け係だった編集に伝わったのは熱意ではなく、彼が汗っかきという事実だけだ。

山本は、また汗をかいていた。
なぜなら山本は出産中だったからだ。彼がこの世に送り出そうとしていたのは、一般社団法人融資コンサルタント協会。商標を取るかどうか本業の弁理士ならではの試行錯誤(結局取らなかったが)、定款、申請、設立会段取り、告知…。汗を流して連日の産みの苦しみに耐える山本。待ちに待ったサイトオープンは、ある夏の夜、12時だった。「その瞬間、どっと汗が出た」と彼は後に述懐する。まあ7月でしたしね。愛する家族が寝静まった深夜、PCと向き合い、ひとり汗まみれで自宅出産した男、それが山本。

山本は、社長の尊厳を高めた。
しかし編集が気になったのがそのときの椅子の座面であったことは、あの椅子の片付け役として当然の着目点である。餞別として座面に敷くタオルを贈ってはどうかと弊社代表のヒガシカワに進言したら、「モノより飲み会」と即却下。いいコト言ってるように聞こえるが、機会あらば飲みたいという(機会と書いてスキと読む)ヒガシカワらしい、竹を割ったような清々しい回答であった。人間このように正直に生きたいものだと社長への尊敬の念が増したのは言うまでもない。山本の功労はこんな細部にまで行き渡るのだ。

山本は、スタッフを大人にした。
要するに何が言いたいかといえば、彼が正真正銘、融資コンサルタント協会の生みの母であることだ。ちなみに父については彼に問わないでほしい。それは比喩がこんがらがるからという身も蓋もない理由ではなく、過去を問わないのが大人のプロトコルだからだ。編集も大人への階段を上ろう。正直に生きるだけでは大人にはなれないのだな。前項と言っていることが真逆だが、過去のことは問わない読者の大人の矜持に期待したい。

山本は、これからも汗をかく。
ネクストフェイズを卒業したら、(いい)汗をかく機会に、もっと、たくさん、恵まれますように。送り出すネクストフェイズのみんなに自然にそう願わせるのが、汗をかくのを惜しまない山本らしい。彼が次に、何を汗まみれで出産するのか楽しみだ。もちろんそのとき父について問わないのは大人どうしのお約束である。

注:山本は、まだ辞めてません。
今日で終わりっぽい文章になりましたが、山本は3/31まで弊社スタッフです。どうぞみなさま、最後まで彼をよろしくお願いいたします。励ましのおたよりもお待ちしております。ついでながら(ついでかよ)、ネクストフェイズでは新しいスタッフ(販促担当の正社員事務職)を絶賛募集中です。詳しくはこちらのネクストフェイズ人材募集ページをどうぞ。とにかく「楽しく」、そして「長く」仕事をしていける会社であることは、弊社代表・ヒガシカワが目から出る汗を拭きながら保証しています。社長、泣くのはまだ早いって。

税理士の顧問先滞在時間、どれくらい?

今年も3月15日が過ぎました。毎年のこととはいえ、税理士のみなさん、お疲れさまです。しかし、1年で1番2番を争うような繁忙期でも、毎月顧問先を訪問しないといけないなんて、本当に大変ですね。

こんにちは、ネクストフェイズ編集(以下、編集)です。弊社にも税理士訪問があります。今回の場合だと、確定申告時期は避けて、その前後という日程にしましたが、やはりお忙しそうでした…。ネクストフェイズの場合、いつも平均して1時間くらいお話ししています。

東川診断士(左) 「ウチもそうやけど、お客さまのところにいるのは1時間くらいってよう聞くわ」
吉竹社労士(中) 「以前、ある税理士さんと同行したときには、2時間くらい話したような」
山本弁理士(右) 「それは吉竹さんが関わっている社労士案件もあったからでは」
吉竹社労士 「そうだね。じゃ、やっぱりいつもは1時間くらいなのかな」

仄聞するところによると(あくまでも仄聞で、あくまでもだいたいですが)、税理士の顧問先滞在時間は1時間くらいなのだとか。これをお読みの税理士のみなさん、いかがですか?

東川診断士 「でも、1件の顧客訪問で2時間みている、という税理士さんもいてはるなあ」
吉竹社労士 「1時間の滞在時間じゃ物足りない、という経営者側の声も聞いたことあります」
山本弁理士 「税理士に求められているのは、税務だけじゃない、ということかも」

(2017年2月某日、社内にて)

そうなんです。編集が知っている、ある税理士さんも「顧問先1件で2時間滞在が平均的」なのだとか。「税務に加えて、お金の流れ全体のこと、採用や教育・評価といった人事面、また商品内容から顧客獲得のための施策まで、月に一度の訪問時にさまざまな相談を受けるから」だそうです。この税理士さん、どんどん顧客数が増えているらしいのですが、それ、わかる気がします。

弊社の山本が言うように、税理士に求められているのは税務などのお金の面だけではなさそうです。いま話題の「生産性」を高めるとすれば、税理士は今後どのようなビジネスモデルを作ればいいんでしょうね。

ネクストフェイズからご提案するのは、金融機関から融資を引き出すためのスキルを身につけること。サポートした融資が成功したときだけのピンポイント報酬を規定することもできるし、あるいは融資サポートという強みをサイトや名刺でアピールするだけで、営業に手間暇かけず顧客紹介を受けている事務所も多々あります。セミナーでは東川から、そんな実例も含めてたくさんお話ししましょう。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平成29年度 創業補助金チェックそろそろ

ここのところネクストフェイズのオフィスが妙に静かになっているのには、理由があります。

こんにちは、ネクストフェイズ編集(以下、編集)です。事務所の静けさに、もちろんスタッフも気づいています。

山本弁理士(右) 「社長、やたらPC見てますもんね」
吉竹社労士(左) 「いつもなら、自分からワイワイ喋り始めるのに」
山本弁理士 「そうそう」
吉竹社労士 「しかも大きい声で」

そうなんです。代表・東川が愛機レッツノートでここしばらく頻繁にチェックしているのは、経済産業省HP。2017年募集の補助金情報を、いち早く知るためです。社長、社長、黙ってないで何か喋ってくださいよ。

東川診断士 「創業補助金の募集時期について、よう聞かれるねん」
山本弁理士 「創業以外の、ほかの補助金の募集時期や、募集されるかどうかという質問も多いですね」
東川診断士 「キモになるのは、平成29年度本予算案。衆議院で2/27に通過したんで、年度内成立が決定してる。あとはいつ参議院を通過するかやけど、年度末ギリギリになると思うなあ」
吉竹社労士 「じゃ、今からのチェックは少し早すぎるのでは」
東川診断士 「でも気になるし…。もし3月末に参院通過したら、創業補助金については昨年の募集と同じか、1週間ぐらい早い募集になるんちゃうかな」

出ました。予言です。言った言わないにならないように、ブログに大きめの字で書いておきます。

創業補助金の募集時期は、
昨年と同じか、1週間ぐらい早い

…だそうです。
 ※ちなみに昨年の創業・第二創業促進補助金の募集は、平成28年4月1日(金)でした

東川診断士 「補助金の応募要項はまだ出てへんけど、今から準備することもできるんやで」
山本弁理士 「どういうことですか」
東川診断士 「補助金申請のフォーマットは、毎年そんなに大きな変更がないねん。昨年のフォーマットを見ながら書くべき内容を考えておいて、今年の応募要項が発表されたあとに微調整すればOK。僕ら、もう長いことやってるし、そのへん慣れたモンやわ」
吉竹社労士 「お客さまから喜ばれるのは、補助金・助成金の情報ですから」

(2017年2月某日、社内にて)

お客さまに、補助金のアドバイスをしませんか


補助金や助成金について継続的に情報を発信していれば、既存のお客さまから喜んでもらえるうえ、その周りにいる見込み客からの新しい相談にもつながります。相談件数は、契約数や顧客数としっかり比例するもの。相談が増えるにつれ、顧客も増えていきます。みなさんもぜひ、積極的に補助金や助成金についての情報提供を続けてください。ネクストフェイズからも、このブログの場でどんどん発信していきます。また、こちらのセミナーでは、補助金や助成金についてのお話もしていますよ。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

質問「メインバンクを変更したことが、元・メインバンクにバレそうです」

ネクストフェイズが運営する融資コンサルタント協会では、会員さんからのメールや電話などによる個別相談を受け付けたり、ご報告をいただいたりしています。先日、ある士業さんから、メインバンク変更についてご質問をいただきました。

質問者 「私の顧客が、メインバンクのA銀行さんから600万円の融資を受けることになりました」
東 川 「よかったですね。サポートした側としてもうれしいでしょう」
質問者 「しかし、さらに設備融資をお願いしましたところ、そちらは断られまして
東 川 「よくあることですよ。ではそのA銀行さんからは、運転資金の600万円のみだったんですね」
質問者 「はい。でもその後…」
東 川 「その後?」

こんにちは、ネクストフェイズ編集(以下、編集)です。いい報告にもかかわらず表情を曇らせる質問者さんに、東川は話を促します。

質問者 「別のB信金さんから、なんと2,000万円の設備資金の融資が受けられることになったんですよ」
東 川 「おお、さすが融資コンサルタントですね」
質問者 「でも、もうすぐそのお客さん、決算なんです。A銀行さんに決算報告に行ったら、B信金さんがメインになったことがバレますよね…
東 川 「そりゃまあ…、バレますよね」

B信金さんからのこの大きな融資で、「元・メインバンク」になってしまったA銀行さんの機嫌を損ねてしまうのではないかと、質問者さんは心配しています。しかしどうにも対応しようがないことなので、せめて次の決算報告にA銀行を尋ねるときの心構えを尋ねてこられたのでした。

東 川 「心配いりませんよ。決算書を見て知られる前に、先手を打って、挨拶に行けばいいんです」
質問者 「挨拶? どう言えば?」
東 川 「先日御行にお願いしました設備投資の件、おかげさまでB信金さんが融資をしてくださり、2,000万円調達することができました。しかし運転資金については今後も御行に追加融資をお願いすることがあると思います。その際はまたご協力いただければ幸いです…といった感じです」
質問者 「それ、いただきます!」
東 川 「ただし、ひとつだけ注意してください」

メモする質問者に、東川から重要なアドバイス。

東 川 「その挨拶・報告する相手は、担当者ではなく、貸付担当役席または支店長にしましょう。担当者に報告すると、自分に都合の良い内容に変更されかねませんので」

そういうことがあるんですね。聞いている編集も勉強になりました。

東 川 「今回の設備投資はB信金さんにお願いしましたが、弊社が今後とも頼りにしたいと考えているのはA銀行さんですよと伝える…それが大切です」
質問者 「つまり、設備資金については『たまたま』B信金さんになったけれど、A銀行さんとは、運転資金をはじめ『長く』つきあっていきたい…と」

(2017年2月某日、個別相談にて)

銀行とつきあうときは、正直に何でも話すのが鉄則。しかし同じ内容でも、「どう伝えるか」で、これからの関係性がずいぶん変わります。そんな「上手な銀行とのつきあい方」、あなたの大事なお客さまのために、しっかり学びませんか。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

報告「金融機関と仲よくなった行政書士として…」

ネクストフェイズが運営する融資コンサルタント協会では、会員さんからのメールや電話などによる個別相談を受け付けたり、ご報告をいただいたりしています。先日、ある行政書士さんから、とてもうれしい報告がありました。

行政書士 「先日、ある信金さんから顧客を紹介してもらえまして」
東  川 「おめでとうございます!」
行政書士 「最初は金融機関と行政書士って…と思ってたんですが」
東  川 「が?」

この行政書士さんいわく、金融機関に訪問して初めて、彼らが税理士や行政書士といった士業など専門家を求めているという現場の実感が伝わってきたのだそう。そもそもお互いに知り合う機会がないので、お互いを求めているとは気づきません。Aさんは自分から近づいていって、相手も自分を求めていたのだと確信できたのです。「求められている」「歓迎されている」とわかれば、今よりずっと気楽に金融機関に顔を出せますよね。

東  川 「金融機関と仲よくなっているとお得でしょ?」
行政書士 「本当にそうですね。士業さんとガッチリ提携している金融機関は、まだまだ少ないです。本当に、まだまだです。早い者勝ちの部分も大きいので、僕もがんばって開拓していきます。だって自分の事務所の周りに、どれだけの金融機関、どれだけの支店があることか」

(2017年2月某日、個別相談にて)

士業のあなたがアプローチすべき先は、見込み顧客ではありません。見込み顧客をたくさん知っている、金融機関なのです。詳しくは、こちらの無料動画セミナーで。3回に分けているので視聴しやすく、内容も頭に入ってきやすいと好評です。

●銀行から顧客を紹介してもらうための3ステップ(無料動画です)
video_3step

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「いい人」募集中。でも「いい人」ってどんな?

ネクストフェイズは、正社員を募集しています。

こんにちは、ネクストフェイズ編集(以下、編集)です。ネクストフェイズが正社員を募集するのは、約1年ぶりです。

東川診断士(右) 「いい人が来てくれたらうれしいけれど、いい人ってどんな人やろ?」
吉竹社労士(中) 「長く働いてくれる人、自分の頭で考えてあれこれ提案してくれる人、それから…」
山本弁理士(左) 「自分の成長に喜びを感じてくれる人、かな」

募集側の希望、いろいろありますね。じゃ、その人に対してネクストフェイズは、何を提供できるのでしょうか。

東川診断士 「会社の成長に貢献できる実感、かなあ」
吉竹社労士 「あ、その実感あります。以前より忙しくなって、会社が成長しているなって思います」
山本弁理士 「そうですね、自分が役に立てる、居場所みたいに感じてもらえるんじゃないでしょうか」

(2017年1月某日、社内にて)

なるほど、「居場所」。ネクストフェイズは、会社の成長に自分も貢献しているんだと思ってもらえる居場所になりたいし、いま働いているスタッフは実際にそう感じているようです(この会話のあと、代表の東川は安堵しまくり、でした)。

そんなこんなの正社員募集、お仕事は販促を主とした事務職です。販促だから、いわゆる「営業」じゃない。けれど、仕事の実感は手に取るようにわかります。士業資格の有無はまったく問いません。気になる方は、こちらのハローワークのページで募集要項をご覧ください。まだ見つかっていない居場所、ご提供します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
金融融機関出身の東川が、金融機関から顧客を紹介してもらうための無料動画を作りました。3回に分けているので視聴しやすく、それだけに内容が頭に入ってきやすいと好評ですよ。

●銀行から顧客を紹介してもらうための3ステップ(無料動画です)
video_3stepーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

質問「どの制度資金を利用するかは公庫が決めると言われたんですが…」

ネクストフェイズが運営する融資コンサルタント協会では、会員さんからのメールや電話などによる個別相談を受け付けたり、ご報告をいただいたりしています。先日、ある士業さんから、日本政策金融公庫の融資制度についてご質問をいただきました。

質問者 「顧客の融資を日本政策金融公庫に申し込むにあたって、この順番で行こうと思っています。
  1/まず「経営革新計画」「経営力向上計画」の認定をとる
  2/次に「経営力強化資金」として申し込む
  3/ほかに申請できる補助金を検討する」

東 川 「計画的でいいですね。それに、経営力強化資金はおすすめですよ。代表取締役の保証が要りませんし」

質問者 「しかし公庫さんから、こんなことを言われたんですよ。
  1/経営革新計画の認定を受けると、経営力強化資金ではなく、新事業活動促進資金が紐付いている
  2/どの制度資金を利用するかは公庫が決めるので、それは気にしなくても良い
ということで私としては、どの制度資金を適用されるかあまり気にせず、粛々と準備を進めればいいのかなと思っているんですが、それでいいでしょうか」

東 川「ちょっと注意してほしい点がありますよ」

質問者 「注意?」

こんにちは、ネクストフェイズ編集(以下、編集)です。日本政策金融公庫の制度融資にはいろんな種類があって、自分が「これに申し込もう」と思っても、条件によってはそうはいかないケースがあるんですね。

東 川 「新事業活動促進資金融資において、代表取締役の保証がどうなるかどうか確認したほうがいいと思います」
質問者 「代取の保証…」
東 川 「そうです。経営力強化資金と比べれば、新事業活動促進資金の金利は安いでしょう。でも、もし新事業活動促進資金に代取保証が必要でしたら、代取保証の要らない経営力強化資金で進めていくべきでしょうね」

(2017年2月某日、個別相談にて)

※ちなみに……:
●新事業活動促進資金、基本的には代取保証は必要です。
●経営革新計画の認定を受けたうえで、それに紐付いている新事業活動促進資金ではなく、経営力強化資金に申し込むことは可能です。ネクストフェイズはそれで借り入れた経験があります。

…さて、このご質問のあと、日本政策金融公庫のサイトを見に行ったら…ものすごい数の融資制度で編集はびっくり!

●日本政策金融公庫 融資制度一覧
jfc_seido

こんななかから「お客さまの会社の状況にぴったりなのは…」「なるべく金利は安く…」「でも代取保証はできれば避けたいし…」「今が旬のおすすめは」…なんて、ひとつひとつ内容を精査していくのは大変。でも、もしあなたが融資に強くなれば、お客さまにスムーズにアドバイスできるようになりますよ。

●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

質問「事業主が個人負担している債務超過分は、自己資金だと認められますか?」

ネクストフェイズが運営する融資コンサルタント協会では、会員さんからのメールや電話などによる個別相談を受け付けたり、ご報告をいただいたりしています。先日、ある士業さんから、顧客の融資のための、自己資金に関するご質問をいただきました。

質問者 「顧客からの融資相談です。債務超過企業ですが、借入のほとんどは事業主からのものです。これって金融機関から見て、自己資金だと認められますか?」
東 川 「金融検査マニュアル上では認められていますが、口頭説明では難しいですね。資料を添付して説明することが必要になると思います」
質問者 「資料?

東川いわく、「口頭での説明だけだと、金融機関のなかで稟議書を回していくとき、上司に納得してもらえない可能性がある」のだそうです。金融機関だって、多くの人が集まった組織。多くの人を納得させるには、後に残る資料が必要です。

質問者 「どんな資料が必要でしょうか?」
東 川 「借入金の内訳説明書とか、その借入金が自己資本に算入できる理由の説明書とかですね。また、借入金を自己資金に算入した場合の貸借対照表なんかをつければ説得力が高いと思います」

(2017年1月某日、個別相談にて)

債務超過でも事業主が負担していて、それを添付資料で説明できれば、自己資金として認められやすくなります。自己資金として認められれば、たとえ債務超過でも融資がおりやすくなったり、また融資額を増やせる可能性も高まります。

融資に関する知識があれば、「ギリギリかな?」と思われる壁も自信を持って超えていけます。もし融資について詳しく勉強したくなったら、金融機関出身の東川が講師を務める↓このセミナー↓にぜひお越しください。資金繰りや融資で悩むお客さんは、かならず喜んでくれます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー●「融資に強い士業・FPになる方法」セミナー
yuushi ※東京・大阪ともに複数の日程をご用意しています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「税理士は安定した職業ではなくなった」…のだとしたら

安定を目指して税理士資格を取った、という人も多いでしょう。しかし資格があるだけでは安心できない時代になったことは、もう何年も前から言われています。税理士だけでなく、行政書士や社労士、弁理士、弁護士、司法書士、FP…など、ほかの資格についても同じですよね。

こんにちは、ネクストフェイズ編集(以下、編集)です。資格が安定を約束してくれないことはわかった。でも不安定なままで職業人生を続けるのもなかなかシンドイ。

東川診断士 「もう安定なんて、どこにもない時代やからね」
吉竹社労士 「でも何だかんだ言って、数字がなんとなく毎年安定している士業さんはいるんですよ」
山本弁理士 「いますー! しかも思ったより多いんです」

なぜ? どうやって? 安定させることができるんでしょうか。

東川診断士 「たしかに安定している士業はけっこういるんやけど、それって『結果的に安定』やん?」
吉竹社労士 「ああそうですね、一年終わってみて、いろいろあったけれど、あれ、数字は安定していたなー、みたいな感じです」
山本弁理士 「つまり、数字の中身の問題?」
東川診断士 「そのとおり。実際には、一年のうちに顧客が入れ替わったりしてるねん」

(2017年1月某日、社内にて)

長く仕事をしていれば、ときには顧問先が離れることもあるでしょう。でも次に新しいお客さんと出会えたら、数字としては安定しますよね。

金融機関出身の東川が強くすすめるのは、銀行からお客さんを紹介してもらう方法です。銀行と仲よくなれば、あなたの代わりに銀行員が、安定的に、あなたの営業活動をしてくれるようになります。それってどういうこと? 銀行員って何を考えているの? と興味をお持ちになったら、↓こちらの動画↓をどうぞ。

●銀行から顧客を紹介してもらうための3ステップ(無料動画です)
video_3step

金融機関出身の東川が、金融機関から顧客を紹介してもらうための無料動画を作りました。3回に分けているので視聴しやすく、それだけに内容が頭に入ってきやすいと好評ですよ。

質問「小規模事業者持続化補助金、新規性がない補助事業の申請を頼まれたら?」

ネクストフェイズが運営する融資コンサルタント協会では、会員さんからのメールや電話などによる個別相談を受け付けたり、ご報告をいただいたりしています。先日、ある士業さんから、ちょうどいま募集中の「小規模事業者持続化補助金」についてご質問をいただきました。

質問者 「複数の企業から、小規模事業者持続化補助金の申請についてご依頼やご相談を受けています」
東 川 「使い勝手のよい補助金ですから、その申請をサポートできるとアピールすれば、多くの中小企業から頼りにされますよね」
質問者 「ところが、ある企業さん、補助事業に新規性・独自性が見当たらないんです…」

こんにちは、ネクストフェイズ編集(以下、編集)です。申請する補助事業に新規性・独自性がないと、なかなか採択に至らないんですよね。この質問者さんのお困り、わかります。

質問者 「そこで採択されるためには、補助事業によってどれぐらい売上をあげることができるか、いかに顧客ニーズに合っているかといったことを、客観的な資料に基づいて示していくしかないのかと…」
東 川 「うーん、売上アップや顧客ニーズとの合致も大切ですが、小規模事業者持続化補助金の審査で有利なのは、やっぱり新規性や独自性なんですよね…」

さて、そこで東川が出した具体策とは?

東 川 「もう少し粘って時間をかけ、そのビジネスモデルの新規性や独自性を見つけ出してあげましょうよ。締切は2017年1月27日、まだその時間的余裕は持てます」
質問者 「でもどうやって…」
東 川 「まずは、お客さんへのさらなるヒアリングです。でもそれだけではありません。お客さんが自分の事業の意義をしっかり把握できているとは限らないからです。たとえばお客さんの地域事情や同業他社の動きなど、『周辺』を見渡してみてください。そこから、その事業の新しい点が見えてくることもあります」
質問者 「それでも、それでも、新規性・独自性が見つからなかったら…?」

質問者さんの不安が伝わってきます。

東 川 「おっしゃるように、次善の策として、売上アップやニーズ合致などについて言及しましょう。でもね、そのときに大切なことは…」
質問者 「はい?」
東川 「新規性・独自性がない場合は採択されるのは難しいですよと、最初からしっかり伝えておくことです。誠実にお客さんと向きあえば、たとえ今回は採択されなくても、自分のために力を尽くしてくれたあなたへの信頼は揺るぎませんよ」

(2017年1月某日、個別相談にて)

小規模事業者持続化補助金の申請サポートを行っているみなさん、今の経験は採択・不採択にかかわらず、けっして無駄にはなりません。締切は、2017年1月27日(金)。まだ粘れます、まだお客さんのために考えをめぐらせる時間は取れます。

審査に採択される確率を上げるためのツール、2点ご用意しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
① 小規模事業者持続化補助金“最強”チェックシート 【2016年【秋】版】 プレゼント
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTzIRnMjnq

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
② 動画で学ぶ 2016年(秋)版【小規模事業者持続化補助金】をもらえる確率を高める方法
http://www.npc.bz/syoukibo2016aut
main2016aut
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー