本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

質問「専門家の知識・ノウハウを、経営者向けにサブスク形式で提供するときの注意点は?」

提供するサービス内容を「あえて」制限することも、ひとつのコツです。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。

ネクストフェイズが運営する一般社団法人融資コンサルタント協会では、会員からのメールや電話、ご来訪などによる個別相談にのったり、活動報告をいただいたりしています。

先日ある税理士の会員から、融資の知識をオンラインのサブスク形式で提供する方法について質問をいただきました。

※一般社団法人融資コンサルタント協会サイトはこちら

 

サブスク形式のスクールを企画開発中だが…

税理士
融資に関する知識・ノウハウを

オンラインのサブスク形式
提供できないか考えているのですが

サービス内容をどう設定しようか
悩んでおります

なにか注意点などはありますか?

ヒガシカワ
最初の設定は頭を悩ませますよね

現在はどのようにお考えですか?

税理士
知識提供がメインになると思うので

オンラインスクールをイメージしています

そこで
融資や、銀行交渉についての知識
学んでいただくサービスとして考えています

ヒガシカワ
なるほど
税理士
また

学んだ内容や、それ以外でも
多くの疑問が出てくると思うので

メールや電話で回答するサポート
サブスクに含む予定です

ヒガシカワ
できるだけ多くの疑問に応えたいというお気持ち
とてもよくわかります

しかし…


 

サブスクにサービスを盛り込みすぎると手が回らなくなる危険

ヒガシカワ
しかし

メールや電話でのサポートなど
あまりいろんなサービスを入れる

サブスクではなく
顧問契約のような状態に
なってしまうので

その点は注意すべきです

税理士
たしかに…

そうなると
サービスを分ける意味
薄れてしまいますね

ヒガシカワ
そうですね

サブスクがそもそも

「工数が少ないからこそ
安価で多くの人々に提供できる」

仕組みなので

顧問契約と同じくらい手数がかかる内容では
早晩、手一杯になるでしょう

税理士
おっしゃるとおりですね

承知しました!

自分の現在の業務量を考慮しつつ
改めて内容を練り直してみようと思います


昨今、様々な形式でコンサルティングサービスを展開し、活動の幅を広げる専門家は少なくありません。サブスク(サブスクリプション)型サービスもそのひとつです。

しかし今のような情報過多の状態で、もしサービスの内容が散漫(あれもこれも詰め込んだもの)だったり、抽象的(サービス内容や範囲がはっきりしないもの)だと、けっして事業者から選ばれないでしょう。

なぜなら事業者は「資金繰り」「融資」などまず具体的な困りごと・悩みごとがあって、それをキーワードに専門家を探しはじめるからです。

だからこそ、サービス内容の明確な設定が重要。事業者はあなたを見つけやすく、また「資金繰り改善を手伝ってほしい」「融資を受けられる銀行づきあいをサポートしてほしい」などと具体的に依頼しやすくなります。また専門家も、設定した内容を軸に事業者への提案がしやすくなります。

サービス開発時こそ設定に頭を悩ませるかもしれませんが、いったん規定してしまえば、新たなコンテンツとして、事業者と関わるきっかけが増えることでしょう。

そんな、事業者と関わるきっかけについてのヒントが手に入るセミナーです。

※融資に関する質問などにもその場でお答えします

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る