本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

実例:公庫と初めての取引でも、リスケ中でも、「新型コロナウイルス感染症特別貸付」

公庫との取引経験がなくても、たとえリスケ中でも、気後れせず挑戦しましょう。

こんにちは、株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
弊社が運営している一般社団法人融資コンサルタント協会の会員から、
日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」への申し込み事例が
複数報告されましたのでお知らせします。

みなさまのご参考になれば、報告者も、そして私も、とてもうれしいです。

※業種は実際の報告から変更しており、また支店名も伏せています

公庫と初めての取引/特別貸付3000万円

業歴数十年の町工場で、2期連続の赤字企業です。

今期の計画上はトントンになる見込みですが、
新型コロナウイルスの影響で、
4月以降の売上が7割や6割になるとした場合のシミュレーションを行い、
なぜその資金が必要かをしっかり明示できる資料を準備して、
社長と同行訪問しました。

結果として3000万円の満額回答を頂いたのですが、
据置期間は1年、返済期間も、初めての取引なので7年という提示でした。

今回は資金確保を最重要課題にしておりましたので、
社長も上記2点については了承しています。

日本政策金融公庫の某地方支店で、
通常の5倍以上の申し込み状況のようです。

   

公庫と初めての取引/据置期間は長め

業歴10年以上の工事業。赤字と黒字の繰り返しで、自己資本は少しプラスの企業です。

前期はしっかり利益を出したこともあると思いますが、
面談を飛ばして電話での状況聞き取りとなりました。

日本政策金融公庫の比較的大きな支店でしたが、やはりパンク状態のようで、
電話での聞き取りも増やしておられるようです。

据置期間1年で出したのですが、
担当者から「もっと長くてもいいですよ」との回答で、3年で申し込みました。
正式回答はこれからですが、手応えあり、です。

 

公庫の過去の融資と一本化/返済期間15年に

個人事業として小売店を経営しているケースです。

開業時に日本政策金融公庫で1000万円の借入を行い営業を始めましたが、
単月で黒字になった月がない状態です。

2019年8月に公庫に条件変更を申し込み、元本返済0円として猶予を受けていました。

月額固定費も大きくないので、
200万円の追加融資と既存借入金との一本化をお願いして、昨日追加融資が決まりました。

また、返済期間も15年にしていただくことができました。

こちらも日本政策金融公庫の某地方支店です。

 

公庫に申し込みが殺到/窓口に行かずに申し込もう

上記の事例報告にもあるように、日本政策金融公庫の支店には申し込みが殺到し、
通常は面談であるヒアリングを電話対応にするなどして対応しているようです。

また、審査をスムーズにするには、やはり「なぜこの金額が必要か」を説明する書類が有効です。

据置期間も、当初より長く設定される事例を、
上記の報告以外でも私もよく耳にするようになりました。

窓口に行かず申し込みを完了し、また審査をスムーズにする添付書類については、
こちらのページに詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

●今から公庫に行かずに【コロナウイルス感染症特別貸付】に申し込む方法

なお新型コロナウイルス影響下の資金繰り支援策の最新情報はこちらからご覧ください。


 

もし頼りになる融資の専門家が必要なら

いつもはこのネクストフェイズのブログ記事は、
税理士や行政書士などの士業や各種コンサルタントの方々が多く読んでおられます。

しかし、もしあなたが中小企業の経営者で、
新型コロナウイルス影響下の支援策に申し込む際に、頼りになる専門家が必要でしたら、
ぜひこちらのページから一般社団法人融資コンサルタント協会の会員を検索し、
お近くの融資コンサルタントに直接連絡を取ってご相談ください。

  ※ネクストフェイズおよび融資コンサルタント協会は
  会員の紹介個別の取り次ぎを一切行っておりませんのでご注意ください

融資の専門研修を受講し、中小企業のお役に立ちたいと願う、
税理士をはじめ士業・コンサルタントなど勉強熱心な会員が、全国に約600名います。
上記の事例報告も、「もしみなさんのお役に立てたら」と願う会員から寄せられたものです。


※ネクストフェイズのメールマガジン

株式会社ネクストフェイズは、週に2回メールマガジンを発行しています。今回お伝えした、

新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で資金繰りに悩む中小企業経営者が知りたい情報

をはじめ、

融資を引き出すノウハウ
補助金、助成金といった中小企業支援施策の最新情報

などを積極的にお送りしています。

士業やコンサルタントの方は、顧問先など中小企業経営者へのアドバイスにぜひお役立てください。下記ページから登録できます。

【「依頼を確実に引き寄せる繁盛士業への道」メールマガジン登録】
 

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る