本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

創業融資がNGになる人(1)

間違った知識で借り入れを申し込むと、後で大変なことになります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
最近、創業融資に関する相談が増えてきました。
多くの人が相談に来るのですが、その中には、
この人は借りられないだろう
という方も結構な人数いらっしゃいます。

こちらに相談に来られた場合は、
こういうところに問題があるので、今のままでは、借り入れをすることはできませんよ
とアドバイスすることができるのですが、多くの創業希望者は、誰にも相談せずに、
そのまま融資を申し込んで、断られています。

そんな融資を断られるような人にならないためにも、
こんな人は借りられない
ということについて、お伝え致します。

1.自己資金が少ない人
自己資金が少ないと、金融機関は「準備不足」とみなします。
創業するためには、資金が必要なのはあらかじめわかっていることですから、自己資金額が少ないと、
思いつきで創業しているのではないか?
と思われてしまい、どうしても審査が厳しくなります。
自己資金の多さは、その人の「創業に対する熱意」と思われるので、
用意している資金が多ければ多いほど、「本気度合い」が伝わり、審査によい影響を与えます。

では、どれだけの自己資金を準備しておくべきか?

創業される方の多くが利用する、日本政策金融公庫の「新創業融資」では、
創業資金総額の10分の1以上の自己資金が必要
となっています。
100万円の自己資金があれば、900万円の融資申し込みができますよ
という意味です。

ただし、これは、単に「申込みができる」ということであって、
「貸してくれる」ということではありません。

実際に100万円の自己資金で、「900万円貸してください」と申し込んだ、
飲食店開業しようと考えていた、ある創業希望者の方は、日本政策金融公庫の担当者に、
自己資金が少ないので、融資できません。
と断られました。
「申請上の自己資金必要額と、審査上の自己資金必要額は違う」
ということは、知っておく必要があります。

創業融資を借りるために必要とされる自己資金はというと、
3割程度は準備しておいたほうが良いでしょう。

私には、日本政策金融公庫の担当者の知り合いがたくさんいますが、その方たちに対して、
創業融資を借りる場合、どれくらいの自己資金を準備しておいたほうがいいですか?
と聞くと、ほぼ全員
3割ぐらいは準備しておいて欲しいですね
と言われます。

融資の審査をする際に見るのは、自己資金だけではないので、それ以外の部分で
カバーできると判断された場合は、3割より少なくても借りられることはありますが、
融資してもらえる確率を高めたいのであれば、3割の自己資金は準備したいものです。

また、自己資金が多いと、借りられる金額も増えますので、自己資金がまだ貯まっていない場合は、
急がずに、貯めてから独立するぞという気持ちでいた方が、創業を成功させることにもなります


自分の夢を叶えたい人に対する「創業資金調達のサポート」は、とてもやり甲斐のある仕事です。
創業資金調達のサポートは、そんなに難しいことではありません
セオリーを知っていれば、結構、簡単にお手伝いすることはできます。

そのために必要なのは、
創業希望者の目利き」。
これが出来れば、ほぼ100%、創業資金調達サポートを成功させることはできます。

そんな「創業希望者を目利きするノウハウ」を身につけるためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

(東京) 1月22日(月)、2月1日(木)、2日(金)、5日(月)、15日(木)
  
(大阪) 1月24日(水)、25日(木)、26日(金)、2月7日(水)、8日(木)
 
※2月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る