本社/大阪府吹田市豊津町40-6 EBIC吹田 311
東京/東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

個人と法人、どちらがお金を借りやすい?

最初に創業融資の申込方を間違えると、致命傷になります。

こんにちは。株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。
創業融資の際の相談で、結構多いのが、
個人で借りるのと、法人で借りるのとでは、どちらが借りやすいですか?
という質問があります。

確かに、初めて借り入れるときは、できるだけ確実に借りたいと思うものですから、
個人と法人のどちらが有利かわかれば、その通りしますよね。

個人で借りるのと、法人で借りるのとでは、どちらが借りやすいかと言うと、
個人でも法人でも借りやすさは変わらない
ということです。

今回は、『日本政策金融公庫ガイド』から、
『個人事業主と法人ってどっちがお金を借りやすい?』
についての記事を紹介させていただきます。


『個人事業主と法人ってどっちがお金を借りやすい?』

これから創業しようと考えている方は、個人事業主としてスタートするか、
法人としてスタートするか迷っているかたもいらっしゃるでしょう。
個人事業主で創業した場合と、法人で創業した場合では、どちらがお金を借りやすいのでしょうか?

今回の記事では、どちらが、お金を借りやすいのかをご紹介していきます。

1.個人でも法人でも借りやすさは変わらない

もしあなたが個人事業主で融資を受けようとしても、法人を設立し、融資を受けようとしたとしても、
同じ人が融資を申し込むのであれば、個人でも法人でも借りられる確率は全く同じです。

2.法人のほうが借りやすい!というのは都市伝説

法人のほうがお金を借りやすいんでしょ?と聞かれることがありますが、
個人でも法人でも違いはありません。
完全に都市伝説でしょう。
確かに、営業する上で、社会的信用を得やすかったり、従業員を雇用しやすいのは法人かもしれませんが、
融資だけで考えると、法人、個人で有利不利はないといえます。

3.融資で大切なのは、個人・法人ではなく、その方がやるビジネスの中身!

融資で最も大切なことは、そのビジネスが成功するかどうかです。
ビジネスの中身が悪ければ、個人でも法人でも融資を受けられませんし、
ビジネスの中身が素晴らしいものであれば、お金を借りることができるでしょう。

まとめ

法人にした方がお金を借りやすいから法人を設立しよう!と考えている方がもしいらっしゃれば、
その判断の仕方で法人にはしないほうがよいでしょう。
融資だけの視点で考えると、個人でも、法人でもお金の借りやすさは同じですよ!


『日本政策金融公庫ガイド』には、創業者融資に関する記事が豊富に掲載されています。
もっと多くの記事を読みたいと希望される方は、

『日本政策金融公庫ガイド』サイト

をご覧ください。


創業融資をサポートすることができれば、その方を「顧問先」にすることは難しくありません。

税理士なら「記帳や税務のお手伝いをさせていただきます」と言って、顧問先にすることは、
簡単にできます。
しかし、それ以外の士業になると、なかなか「顧問化」しづらいと思っている方が少なくありません。

行政書士や中小企業診断士のような、税理士以外の士業でも、あるサービスを提供することで、
創業融資をサポートした人を顧問先にすることは可能になります。

そんな「創業融資をサポートした人を顧問先」にするためのヒントが手に入ります。

●「融資に強いFP・士業になる方法」セミナー

(東京) 9月12日(火)、13日(水) 、19日(火)、20日(水)、22日(金)
  
(大阪) 8月28日(月)、29日(火)、9月14日(木)、15日(金)、26日(火)
 
※10月以降も日程あり。詳しくはサイトをご参照ください

関連記事

住所
大阪本社

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町40-6
EBIC 吹田 311

TEL 06-6380-1259

FAX 06-6318-6175

東京事務所

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10
東新橋ビル 2F katana汐留オフィス

 アクセス方法
ページ上部へ戻る